DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

中京大学、「Graffer AI Studio」導入で職員の業務改善。GPT-4 Visionにも対応

最終更新日:2024/06/26

中京大学は、グラファーが提供する生成AIプロダクト「Graffer AI Studio」を導入しました。学生サービスの向上と職員の生産性向上を目的としています。

このニュースのポイント

  • 中京大学が「Graffer AI Studio」を導入。生成AIで業務効率化を推進
  • 文書作成業務、予算集計業務など、学校職員の業務時間削減
  • 「GPT-4 Vision」の活用を通じて、遺失物の写真から特徴を抽出し、遺失物の有無を素早く識別

中京大学は、株式会社グラファーが提供する生成AIの業務活用を推進するプロダクト、「Graffer AI Studio」を導入しました。職員の業務効率化と質の高い学生サービスの提供のためには、生成AI導入が不可欠であると判断されたためです。

「Graffer AI Studio」の採用は、活用業務の策定など包括的な支援を受けられ、多くの職員が直感的に使いやすいことが決め手となっています。また、業務改善の実現に向けた試験導入を実施し、既存業務における業務改善が確認できたため、本導入に至りました。

さらに、チャット画面にアップロードした画像に対して指示を行うことができる「GPT-4 Vision」の活用を通じて、遺失物の登録業務の改善における検証も開始しました。これらの取り組みにより、さらなる学生サービスの向上と職員の生産性の向上を目指しています。


具体的な活用事例として、学生の就職活動支援における「面接の質問・深掘り質問のリストアップ」や大学運営業務における「文書作成」、予算集計業務の改善や、GPT-4 Visionを活用した、遺失物の管理業務の改善などが挙がります。

中京大学のDX推進プロジェクト担当者は「今後は、さらに社内データのみを基にした高精度なAI情報検索ができるナレッジベースや、Assistants APIに紐づくFile Search機能を用いて、学内情報をもとにした生成AIの活用検証をしていきます」とコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

メルマガに登録する

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら