DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

2024最新!AI開発会社30選|活用メリットやデメリットも解説

最終更新日:2024/03/28

2023年、AI技術はビジネスの中核を担う存在となりました。その背景には、多くのAI開発会社が技術の進化とともにその実績を積み上げてきたことが挙げられます。しかし、多岐にわたる開発会社の中から、自社のニーズに合った会社を選ぶのは容易ではありません。

そこで、この記事では以下の内容について解説します。

  • AI技術を活用する際の開発会社選定の要点
  • 2023年おすすめのAI開発会社30選
  • AI技術の導入がビジネスにもたらすメリット7選
  • AI技術の導入がビジネスにもたらすデメリット6選
  • ビジネスシーンにおける企業のAI活用例

AIについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください
参照:AI・人工知能とは?定義・歴史・種類・仕組みから事例まで徹底解説

AI技術を活用する際の開発会社選定の要点

働く人間と働くAI

近年、AI技術の導入を検討する企業が増加しています。その背景には、業務効率化や新しいビジネスチャンスの創出など、AI技術の持つ無限の可能性があります。しかし、その可能性を最大限に引き出すためには、適切な開発会社の選定が不可欠です。

選定を誤ると、導入後の運用が困難になるだけでなく、投資した費用が無駄になるリスクもあります。
反対に、正確な選定を行うことで、ビジネスの競争力を高め、持続的な成長を実現することができます。

ここでは以下の内容に沿って、どのようなポイントを考慮すれば、適切な開発会社を選定することができるのかを解説します。

  • 企業の目的や課題を明確に理解する
  • AI導入の全工程を通じた費用感をデータベースと比較する
  • 企業向けの特定領域での開発実績や独自のノウハウの確認
  • AI技術の運用後のビジネス展開のイメージを持つ

企業の目的や課題を明確に理解する

AI技術の導入や活用を考える際、最も重要なのは「目的や課題を明確にする」ことです。AI技術は多岐にわたる機能や応用が可能です。それらの中から最も適切なものを選ぶためには、自社のニーズや目的を正確に把握する必要があります。

例えば、業務効率化を目的とする場合、どの業務プロセスに時間がかかっているのか、またはミスが多発しているのかを特定することが重要です。

目的や課題を明確にすることで、AI技術の導入によって得られる具体的なメリットやROIを明確にできます。したがって、適切な技術選定や導入計画の策定が可能となります。

AI導入の全工程を通じた費用感をデータベースと比較する

AI技術の導入は、企業の競争力を高めるための鍵となる要素の一つです。

しかし、その導入には多くの工程が含まれ、それぞれの工程における費用感の把握が必要不可欠です。特に、初めてAIを導入する企業にとっては、どれほどの予算を計上すべきか、またその投資がどれほどのリターンをもたらすのかを知ることは非常に重要です。

データベースと比較をすることで、各工程の平均的な費用や期間を知ることができます。これにより、AI導入の全工程における費用や期間の見積もりが、実際のビジネスの現場でのデータとどれほど合致しているのかを確認することができます。

この比較を行うことで、企業はAI導入の際のリスクを最小限に抑え、より効果的な投資計画を立てることができるでしょう。

AI技術の導入費用について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
AI・人工知能の導入費用相場は?実装から運用の流れとコスト

企業向けの特定領域での開発実績や独自のノウハウの確認

AI技術の導入を検討する企業にとって、選定するAI開発会社の「特定領域での開発実績」や「独自のノウハウ」は、非常に大切な情報となります。

特定領域での実績は、開発会社がその領域における具体的な課題を理解し、それに対する解決策を持っていることを示します。また、独自のノウハウは、他の競合と差別化された価値やアプローチを持っていることを意味します。

これらの情報を知ることで、自社のビジネスニーズや課題に最も適したAIソリューションを選択できます。

AI技術の運用後のビジネス展開のイメージを持つ

AI技術の導入と運用は、企業のビジネス戦略において重要な要素となっています。

しかし、AI技術を導入するだけでは十分な効果を得ることは難しいです。そのため、AI技術の運用後のビジネス展開のイメージをしっかりと持つことが必要です。

AI技術の運用後のビジネス展開のイメージを持つことで、企業はより効果的な戦略を立てることができます。適切な技術の選定と運用方法を考えることで、企業の成長と発展を実現することができると考えられます。

2023年おすすめのAI開発会社30選

AI開発会社

AI技術の進化とともに、多くの企業がAIの導入を検討しています。その中で、信頼性や実績を持つAI開発会社の選定は非常に重要です。

ここでは、2023年におすすめのAI開発会社を厳選して30社を紹介します。

株式会社AVILEN

株式会社AVILENは、AIを熟知したサービスを提供しています。

具体的なサービスは以下の通りです。

  • AI人材育成
  • AI受託開発
  • AI資格対策講座

株式会社AVILEN

引用:株式会社AVILEN

株式会社AVILENの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2018年8月
会社所在地 東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 秋葉原ファーストスクエア9階
電話番号 03-5823-4694
実績 https://avilen.co.jp/cases/

 

また、株式会社AVILENは、独自のAIエンジンを持つことが特徴です。

具体的には、以下の通りです。

  • 画像処理エンジン「HAWK」
  • 自然言語処理エンジン「PARROT」
  • 最適化エンジン「FALCON」など

これらのエンジンを活用して、外観検査や最適化、需要予測などのAI開発を行っています。

独自のAIエンジンや人材育成サービスを活用して、お客様の課題解決をサポートしています。そのため満足できるサービスを受けることができるでしょう。

Vareal株式会社

Vareal株式会社は、ソフトウェアエンジニアリングと制作の両部門を持ち、デザインから開発までの一貫したサービスを提供しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • DX支援サービス
  • ソフトウェア開発サービス
  • AI関連サービス
  • クリエイティブサービス事業

また、コラボレーションツールである「Vareal Work」も提供しています。

Vareal株式会社

引用:Vareal株式会社

Vareal株式会社の会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2006年5月
会社所在地 <本店>

・福岡県福岡市中央区天神1丁目4-1西日本新聞会館 16階

<福岡オフィス>

・福岡県福岡市博多区千代1丁目20-31

・福岡県千代合同庁舎 7階 オフィス10

<東京オフィス>

・東京都港区三田4丁目1−9三田ヒルサイドビル 6F

電話番号 092-419-2498※福岡・東京ともに本店で問合受付
実績 https://www.vareal.co.jp/works/

 

Vareal株式会社のDX支援サービスは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、人々の生活をより良いものに変革するための強力なサポートを提供します。

Vareal株式会社は、これらのサービスを通じて、ビジネスの成長とイノベーションを実現する強力なパートナーになるでしょう。

株式会社LaboroAI

株式会社Laboro.AIは、ビジネスのニーズに合わせてカスタマイズされたAIソリューションを提供しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • ビジネス潜在ニーズ探索ソリューション
  • L-Vision
  • 組合せ最適化 ソリューション
  • 物体カウントソリューション
  • 不良・異常検出ソリューション
  • 類似画像検索ソリューション

株式会社LaboroAI

引用:株式会社LaboroAI

株式会社LaboroAIの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2016年4月
会社所在地 東京都中央区銀座8丁目11-1
電話番号
実績 https://laboro.ai/case/

 

これらのソリューションは、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズ可能です。株式会社Laboro.AIは、これらのソリューションをはじめとする多岐にわたるAI技術を駆使して、お客様のビジネスの成長をサポートします。

その実績と技術力は、多くの企業から高い評価を受けています。AI技術の導入を検討している企業は、株式会社Laboro.AIのソリューションをぜひ検討してみてください。

株式会社ブレインパッド

株式会社ブレインパッドは、データ活用のフルサービスを提供しており、そのサービスは大きく2つのカテゴリに分かれます。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • プロフェッショナル・サービス
  • プロダクト・サービス

株式会社ブレインパッド

引用:株式会社ブレインパッド

株式会社LaboroAIの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2004年3月
会社所在地 東京都港区六本木三丁目1番1号 六本木ティーキューブ
電話番号 03-6721-7001
実績 https://www.brainpad.co.jp/case/

 

「プロフェッショナル・サービス」では、データ活用の様々なプロフェッショナルが多様な視点からアナリティクスとエンジニアリングのスキルを活かし、各企業に最適なデータ活用の方法を実装します。

一方、「プロダクト・サービス」では、日々の業務におけるデータ活用をサポートするための実用的なSaaSプロダクトを提供しています。これにより、可視化や効率化、データに基づく意思決定を日常業務に取り入れることが容易となります。誰もが使いこなせるプロダクト群を通じて、データ活用の日常化をサポートしています。

株式会社ブレインパッドは、データ分析プロジェクトや分析基盤構築、人材育成、プロダクトの利活用など、データ活用やDX推進に関する幅広い提案が可能です。

株式会社ブレインパッドのサービスを利用することで、ビジネスを成長させることができるでしょう。

エルピクセル株式会社

エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像データのオーバーフロー問題を、先進的な画像解析技術で解決することを目指しています。

提供している主なサービスは以下の通りで、画像診断や解析をAIで行うことができます。

  • EIRL
  • IMACEL
  • LP-Series

エルピクセル株式会社

引用:エルピクセル株式会社

エルピクセル株式会社の会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2014年3月4日
会社所在地 東京都千代田区大手町 1-6-1 大手町ビル 6F
電話番号 03-6259-1713
実績

 

エルピクセル株式会社は、これらの高度な技術とソリューションを持って、医療や創薬の現場での課題解決を積極的に推進しています。

その実績と信頼性は、多くの業界関係者から高く評価されています。

株式会社アプリズム

株式会社アプリズムは、AIカメラを使用した検知技術を強みとしています。そして、その強みを活かしたサービスを提供しています。

サービス内容は以下の通りです。

  • ツミキ
  • ミマリズム
  • アプフリ

株式会社アプリズム

引用:株式会社アプリズム

株式会社アプリズムの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2011年11月
会社所在地 大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ 27階 WeWork
電話番号 電話番号0647088959
実績 https://apprhythm.co.jp/apprhythmhp/

 

ツミキでは、店舗や会議室、イベント会場、喫煙所などの混雑状況をリアルタイムで可視化するためのAIカメラを搭載できます。また、ミマモリズムでは、介護現場で介護士の援助が必要な行動を検知して通知することができます。

株式会社アプリズムのサービスを通じて、より安全な環境を保つことができるでしょう。

株式会社お多福lab

株式会社お多福labは、国内外の優秀なエンジニア集団とともに、最新技術を駆使して様々なサービスを提供しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • システムコンサルテーション
  • データ蓄積と分析、機械学習(AI)の活用
  • システム基盤構築
  • アプリケーションの開発

株式会社お多福lab

引用:株式会社お多福lab

株式会社お多福labの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2009年10月
会社所在地 大阪府大阪市西区京町堀1-8-33 京町堀スクエア 9F
電話番号 06-6484-7827
実績 https://otafuku-lab.co/production/

 

株式会社お多福labは、自社のサービスを用いて、お客様のビジネスの成長をサポートします。

最新技術と現場志向の提案力を活かし、お客様の課題解決に寄り添ったサービスを提供しています。

AIMENEXT株式会社

株式会社AIMENEXTは、ビジネス上の様々な課題をAIカスタム開発を通して解決する企業です。

サービス内容は以下の通りです。

  • AIME-BOT(AIチャットボット)
  • AIME-OCR(文字認識)
  • AIME-SOUND(音声認識)
  • AIME-MATCHING(マッチング)
  • AIME-Search (Coming Soon)
  • AIME-Precom (Coming Soon)

AIMENEXT株式会社

引用:AIMENEXT株式会社

AIMENEXT株式会社の会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2018年10月
会社所在地 <東京>

東京都千代田区神田三崎町3丁目5−9 JP 101-0061 水道橋ビル 506 天翔

<ハノイ(開発拠点)>

7th Floor, FLC Twin Tower, 265 Cau Giay Str, Dich Vong, Cau Giay Dist, Hanoi City, Vietnam

電話番号 <日本>

03 – 6380 – 9007

<ハノイ>

(+84) 981598894

実績 https://www.aimenext.com/nlp

 

AIMENEXTは多岐にわたるAI技術を駆使して、お客様のビジネスをサポートしています。

その実績と信頼性は、ベンチャー企業から大手企業まで250以上の案件に対応してきたことからも伺えます。AIMENEXTを選ぶことで、ビジネスのさらなる成長と革新を実現することができるでしょう。

AIMENEXT JAPAN 株式会社について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
【インタビュー】AIMENEXT JAPAN トゥイー社長~経験とノウハウで費用対効果の高いAI開発~

 

株式会社エイブリッジ

株式会社エイブリッジは、日本とアジアをつなぐ架け橋として、IT事業と農業事業の展開を行っています。

主要な拠点として東京、大阪、沖縄、北海道、そしてアジア各地に存在し、そのミッションは、各事業が日本とアジアの間の連携を強化することです。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • IT研究開発
  • 農業人材ソリューション

株式会社エイブリッジ

引用:株式会社エイブリッジ

株式会社エイブリッジの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2012年7月
会社所在地 <東京>

東京都港区南青山1-21-11

<大阪>

大阪市中央区久太郎町3-1-6 伊藤佑ビル大阪本町6階D-4

<沖縄>

沖縄県那覇市おもろまち4-6-6 前原ビル2F

※オフィスによって「IT研究開発」なのか「農業人材ソリューション」なのかが変わります。

電話番号 <東京>

03-6271-5585

<大阪>

06-6147-9272

<沖縄>

098-943-6596

実績

 

株式会社エイブリッジは、IoTやウェアラブル技術、スマートフォンとの連携技術など、最先端の技術を活用したプロジェクトにも参加しています。

特に「Device WebAPI Consortium」や「大阪イノベーションハブ(OIH)」、「i-Construction」などの先進的なプロジェクトに関与しており、その実績は非常に高い評価を受けています。

株式会社エイブリッジは、独自の深い経験と幅広いサービスを駆使して、お客様の要望を的確に捉え、最適なソリューションを実現します。他の企業では得られないアプローチで、ビジネスやプロジェクトを次のレベルへと導いてくれるでしょう。

株式会社シナモン

株式会社シナモンは、AI時代の戦略デザインを中心に、企業の目的を実現するためのAI開発を提供しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • 機能別AI
    • 画像認識
    • 音声認識
    • 自然言語処理
  • 業界別開発ソリューション
    • 製造業
    • 物流業
    • 食品製造
    • 銀行・証券
    • 損害保険
    • 生命保険など

株式会社シナモン

引用:株式会社シナモン

株式会社シナモンの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2016年10月
会社所在地 東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階
電話番号 03-6807-4091
実績

 

株式会社シナモンは、AI開発の全工程をサポートし、業界知識を持つ専門家がお客様の課題に対応します。また、ベトナムのラボでトップのAI人材とともに、カスタマイズされたソリューションを提供しています。

株式会社シナモンのサービスと特徴は、AI技術を取り入れたい企業にとって、頼りになる会社になるでしょう。

株式会社Fusic

株式会社Fusicの強みは、新しい技術を活用した課題解決能力にあります。

具体的なサービス内容は下記項目の課題解決です。

  • Webシステム
  • スマートフォンアプリ
  • AI・機械学習
  • IoTシステム
  • クラウドインフラ(AWS)
  • コンサルティング

株式会社Fusic

引用:株式会社Fusic

株式会社Fusicの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2003年10月
会社所在地 福岡県福岡市中央区天神4-1-7 第3明星ビル6F
電話番号 092-737-2616
実績 https://fusic.co.jp/works

 

株式会社Fusicの特色として、プロジェクト初期からの専門知識を持ったエンジニアとの直接コミュニケーションが挙げられます。これにより、クライアントの実現したいビジョンを正確に理解し、それを形にすることが可能です。

株式会社Fusicは、高い技術力と柔軟な対応で企業の課題解決に尽力してくれるでしょう。

エクスウェア株式会社

エクスウェア株式会社は、創業から一貫してシステム開発領域での事業を展開しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • 顔認証
  • SI事業
  • AI事業
  • IoT事業
  • ロボティクス
  • モバイル事業
  • Food Tech

エクスウェア株式会社

引用:エクスウェア株式会社

エクスウェア株式会社の会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 1995年3月
会社所在地 <東京>東京都品川区東品川4-10-27 住友不動産品川ビル13階

<島根>

島根県松江市朝日町498番地 松江センタービル7F

電話番号 03-3474-0760
実績 https://www.xware.co.jp/works/index.html

 

エクスウェア株式会社は、顔認証技術を駆使した多様なソリューションを展開しています。

特に、飲食店や施設での情報管理や、システムの問題点改善に注力しています。専用装置不要で、オンプレミス環境でも利用可能な顔認証は、テレワーク支援や勤怠管理、商業施設の入場パスなど、幅広い用途で導入が進められています。

信頼性と柔軟性を兼ね備えたエクスウェアのサービスは、多くの企業から高い評価を受けています。

株式会社マクニカ

エクスウェア株式会社は、幅広い製品を取り扱っており、多岐にわたる分野でお客様の価値向上に貢献しています。

具体的なサービス内容が多岐に渡るため、サービス提供できる業界について箇条書きでお伝えします。

  • 半導体
  • ネットワーク
  • セキュリティー
  • スマートマニュファクチャリング
  • スマートシティ/モビリティ
  • AI
  • DX
  • サービスロボット
  • サーキュラーエコノミー
  • ヘルスケア
  • CPSセキュリティ
  • コネクティビティ
  • コンサルティング
  • フード・アグリテック

株式会社マクニカ

引用:株式会社マクニカ

株式会社マクニカの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 1972年10月
会社所在地 神川県横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
電話番号 045-470-9870
実績 https://www.macnica.co.jp/

 

エクスウェアの強みは、AIの導入に関する多くの企業の課題に対応できる人材、技術、製品を持っており、仮説検証からデータ取得、AIの実装、運用までのトータルソリューションを提供していることです。

これらのサービスと特徴を持つエクスウェア株式会社は、多岐にわたるサービスから適切なサービスを提案してくれるでしょう。

株式会社ナナメウエ

株式会社ナナメウエは、モバイルアプリやWEBサービスの開発を手掛けています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • Original AI solutions
  • Contents moderation

株式会社ナナメウエ

引用:株式会社ナナメウエ

株式会社ナナメウエの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2013年5月
会社所在地 <本社>

東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー 20階

<支社>

1778 Summer Hub Office, 6th Floor, Sukhumvit Road, Phra Khanong, Khlong Toei, Bangkok 10110 THAILAND

電話番号 <本社>

03-6721-1076

<支社>

実績

 

Original AI solutionsは、AIと人のハイブリッドなサービス開発を特徴としています。これにより、AIの機能を試験段階(PoC)で終わらせることなく、実際のビジネスにおいて確実な実装を実現しています。

また、Contents moderation は、AIと人力を組み合わせたコンテンツモデレーションAPIプラットフォームです。特にコミュニティアプリにおいて、不適切なコンテンツのスクリーニングを行うためのハイブリッドシステムを採用しています。

これらのサービスを通じて、株式会社ナナメウエは、AI技術を活用した新しい価値を創出し、多くの企業やユーザーに貢献しています。

株式会社オプティム

株式会社オプティムは、「ネットを空気に変える」というビジョンのもと、ITリテラシーが必要な農業や教育業界を中心にサービスを提供しています。

具体的なサービス内容が多岐に渡るため、サービス提供できるジャンルについて箇条書きでお伝えします。

  • Mobile Securitu
  • DX
  • 産業別(農業、医療、建設・土木DX)
  • その他

株式会社オプティム

引用:株式会社オプティム

株式会社オプティムの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2000年6月
会社所在地 <東京本社>

東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 18F

<佐賀本店>

佐賀県佐賀市本庄町1 オプティム・ヘッドクォータービル

電話番号 03‐6435‐8570
実績

 

オプティムは20年以上の実績と経験を持ち、幅広い業界でのソリューション提供能力があります。

株式会社オプティムは、AI技術を活用して、企業が抱える様々な課題を解決するための手助けをしてくれるでしょう。

株式会社ロボケン

株式会社ロボケンは、「AI、ITの力で人類を労働から開放する」という経営理念のもと、ITリテラシーに関するサービスを提供しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • SES事業
  • WEB事業
  • SaaS事業/アプリケーション事業
  • デジタルマーケティング事業

株式会社ロボケン

引用:株式会社ロボケン

株式会社ロボケンの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2014年1月
会社所在地 東京都豊島区東池袋3-10-6加藤三修第六ビル 4階
電話番号 03-5904-8285
実績 https://robo-ken.jp/works/

 

株式会社ロボケンは、最先端の技術と深い経験を持つエンジニアチームを持ち、多岐にわたるサービスを提供しています。彼らのサービスは、企業の成長と社会の発展に大きく貢献しています。

ロボケンとの協力を通じて、事業を新しいステージへと進化させることができると考えられています。

株式会社KICONIA WORKS

株式会社KICONIA WORKSは、 顧客の課題に真摯に向き合い、AIをはじめとする多様な技術から最適なものを選択し、課題の解決をサポートしています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • AIなど最新技術導入コンサルティング
  • アルゴリズム・モデル開発
  • システム開発・運用サポート

また、株式会社KICONIA WORKSは、下記内容を一貫してサポートしています。

株式会社KICONIA WORKS

引用:株式会社KICONIA WORKS

株式会社KICONIA WORKSの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2018年5月
会社所在地 東京都渋谷区渋谷3-10-1 渋谷MJビル3F
電話番号 03-6450-6769

※取引やサービスについてのお問い合わせは可能な限りメールでお願いしている

実績 https://kiconiaworks.com/cases/

 

株式会社KICONIA WORKSは、少数精鋭のチームで効率的にプロジェクトを推進し、短期間での結果出力を実現します。

さらに、協力を依頼することで、広告宣伝費や運営コストを削減することができます。そのため、高品質なサービスを低コストで提供することが可能になります。

これらの特徴により、KICONIA WORKSは多くの企業から高い評価を受けています。

株式会社プライムスタイル

株式会社プライムスタイルは、クライアント企業のDXプロジェクトを一過性のイベントとして終わらせることなく、持続的な成果に繋げることを目指しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • ソフトウェア開発
  • HRサービス

株式会社プライムスタイル

引用:株式会社プライムスタイル

株式会社プライムスタイルの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2004年7月
会社所在地 <東京>

東京都新宿区早稲田鶴巻町5131早稲田大学研究開発センター(121号館)602-A

<ホーチミン>

Vincom Center Tower.

17F, 72 Le Thanh Ton Street, Ben Nghe Ward, Dist 1, HCMC, Vietnam

電話番号 03-6384-7595

※取引やサービスについてのお問い合わせは可能な限りメールでお願いしている

実績 https://primestyle.co.jp/project/aidev-accompany/

 

株式会社プライムスタイルは、企業が蓄積したデータを顧客価値の創造に活用し、その過程で得られた新しいデータをさらなる価値創造に繋げる自律的な仕組みの構築を指します。

プライムスタイルは、経営企画部門と実務部門の双方の課題を深く理解し、コンサルティングからデータレイク構築、システム・アプリの開発・実装までを一貫してサポートしてくれます。

富士通フロンテック株式会社

富士通フロンテック株式会社は、大手IT企業と大手IT企業としての実績を活かし、AI技術を組み込んだ製品やサービスを提供しています。特に、業務効率化やデータ分析を中心としたソリューションが多数あり、多くの企業からの信頼を得ています。

具体的なサービス内容が多岐に渡るため、製品やサービスの大枠について箇条書きでお伝えします。

  • ソリューション
  • サービス
  • 製品

富士通フロンテック株式会社

引用:富士通フロンテック株式会社

富士通フロンテック株式会社の会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 1940年11月
会社所在地 <本社・東京工場>

東京都稲城市矢野口1776番地

<新潟>

新潟県燕市吉田東栄町17-8

<大宮>

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-11-20 大宮JPビルディング

<熊谷>

埼玉県熊谷市中奈良1224

電話番号 042-377-5111
実績 https://www.fujitsu.com/jp/group/frontech/about/resources/case-studies/index.html

 

富士通フロンテック株式会社の製品は、業界の要求に応じて設計されており、富士通フロンテックの技術力と経験を反映しています。特に、サービスの1つである手のひら静脈認証技術は、セキュリティの強化に大きく貢献しています。

これらの製品を通じて、富士通フロンテックはお客様のビジネスを強化し、より良いサービスを提供することを目指しています。

株式会社Preferred Networks

株式会社Preferred Networksは、機械学習や深層学習(ディープラーニング)の最先端技術を実用化し、多岐にわたる分野でイノベーションを実現しています。

具体的なサービス内容が多岐に渡るため、業界や分野について箇条書きでお伝えします。

  • Manufakuturing(工作機械・産業用ロボットの高度化、工場やプラントなどの自動化に関する技術開発)
  • Transportation(自動運転やコネクテッドカーに関する技術開発)
  • Life Sciences(深層学習を用いたオミックス解析・医用画像解析・化合物解析)
  • Materials Informatics(新材料や触媒などの開発を効率化・高速化する技術)
  • Personal Robot(人間の生活空間で仕事をするロボット)
  • Visual inspection(高い精度と柔軟性を低コストで実現する外観検査ソフトウェア)
  • Education(あらゆる世代に質の高いコンピュータサイエンスの学習機会を提供)
  • Entertainment(イラスト、マンガ、アニメーションへの深層学習応用)
  • Deep Learning Frameworks(深層学習の研究開発を支えるソフトウェアライブラリ)
  • CuPy(GPU向け汎用配列計算ライブラリ)
  • Optuna(ハイパーパラメータ自動最適化フレームワーク)
  • MN-Core(ディープラーニング専用プロセッサー)
  • Supercomputers(深層学習による問題解決能力を支える計算基盤)

株式会社Preferred Networks

引用:株式会社Preferred Networks

株式会社Preferred Networksの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2014年3月
会社所在地 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル(受付3階)
電話番号
実績

 

株式会社Preferred Networksは、AI技術の最前線で活躍する企業として、多岐にわたる分野でのイノベーションを推進しています。その高度な技術力と実績は、あらゆる業界での課題解決に貢献しており、今後のさらなる発展が期待されています。

株式会社Preferred Networksにサポートしてもらうことで、ビジネスの新しい可能性を広げることができます。

株式会社GIB JAPAN

株式会社GIB JAPANは、ビジネス現場での実際のニーズに応じて、最適なソリューションを提供します。特に、AIシステム開発では、最新の技術を駆使して、ビジネスの変革をサポートすることが可能です。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • 受託/ラボ型開発
  • WEBシステム開発
  • AIシステム開発

株式会社GIB JAPAN

引用:株式会社GIB JAPAN

株式会社GIB JAPANの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2003年4月
会社所在地 東京都新宿区大久保1-15-18みゆきビル203
電話番号 03-6380-3269
実績

 

株式会社GIB JAPANは、お客様の要望をしっかりと捉え、高品質なシステムを迅速に提供しています。また、長年の経験と専門知識を持つプロのチームが、お客様のビジネスを成功に導くためのサポートを行います。

これらの強みを活かし、お客様のビジネスを次のレベルへと引き上げるお手伝いをしてくれるでしょう。

株式会社ディー・エヌ・エー

株式会社ディー・エヌ・エーのAI開発に関する強みは、創業時からの膨大なデータと、一貫したAI開発のサポートが挙げられます。

具体的なAIに関するサービス内容は以下の通りです。

  • 画像認識
  • 自然言語処理
  • マルチモーダル
  • Mobage
  • アバター
  • アセット
  • データサイエンス

株式会社ディー・エヌ・エー

引用:株式会社ディー・エヌ・エー

株式会社ディー・エヌ・エーの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 1999年3月
会社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
電話番号 03-6758-7200
実績

 

株式会社ディー・エヌ・エーには、開発エンジニアやデータアナリスト、デザイナーなど、インターネットサービスのプロが集結しています。また、独自の研究開発チームが高品質なAIソリューションを実現しています。

株式会社ディー・エヌ・エーは、その実績と技術力で、企業の課題を解決するために尽力します。

株式会社ヘッドウォータース

株式会社ヘッドウォータースは、AIとDX(デジタルトランスフォーメーション)の領域で卓越したサービスを提供しています。

具体的なサービス内容が多岐に渡るため、サービス提供できるジャンルについて箇条書きでお伝えします。

  • AIソリューション
  • プロダクト/サブスクリプション
  • DXサービス
  • OPSサービス

株式会社ヘッドウォータース

引用:株式会社ヘッドウォータース

株式会社ヘッドウォータースの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2005 年11 月
会社所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4階
電話番号 03-6258-0525
実績

 

特に、AIソリューションでは、顧客のビジネスを深く理解し、AIエンジンの周りに付帯するシステムごとのソリューションを提供しています。DXサービスにおいては、先進的なデジタル化を推進し、企業のビジネス変革をより価値あるものにすることを目指しています。

また、GPT言語モデルやAzure OpenAI Service統合開発なども行っているため、最先端の技術を駆使したサービス提供も可能です。

東海ソフト株式会社

東海ソフト株式会社は、企業のビジネスニーズに合わせてカスタマイズされ、最適なソリューションを提供することを目指しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • 産業システム開発
  • 業務システム開発
  • 車載ソフトウェア開発

東海ソフト株式会社

引用:東海ソフト株式会社

東海ソフト株式会社の会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 1970年5月
会社所在地 <本社>

名古屋市中村区則武二丁目16番1号

<東京>

東京都港区浜松町二丁目2番12号 JEI浜松町ビル6F

<大阪>

大阪府大阪市中央区本町1-6-16 いちご堺筋本町ビル3F

<三重>

三重県四日市市富士町1番27号

<静岡>

静岡県三島市一番町18-22 アーサーファーストビル 5F

電話番号 <本社>

052-300-8330(代表)

052-300-8331(営業)

<東京>

03-5425-1911(代表)

<大阪>

050-3734-4838(代表)

<三重>

059-334-7525(代表)

<静岡>

050-3734-6430(代表)

実績

 

東海ソフト株式会社は、独立系ソフトハウスとして新技術の積極的な取り込みと事業展開を続けてきました。

その結果、システムをトータルに構築する技術、ネットワーク・ソリューションの技術や安定した運用を提供するサポート技術を併せ持つ「エンジニアリング企業」として、幅広い事業展開を実現しています。

株式会社アラヤ

株式会社アラヤは、ビジネスの多岐にわたる領域で最先端のAI技術を駆使し、新しい価値を創出しています。加えて、研究と社会をつなぐことで、実際の業務における課題解決を実現しています。

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • AIソリューション
    • 外観検査(Inspect AI)
    • 流体解析(Neumatic AI)
    • 建設機械自動化
    • 空調最適化
    • リサーチDX

株式会社アラヤ

引用:株式会社アラヤ

株式会社アラヤの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2013年12月
会社所在地 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル6F
電話番号 03-6426-5144
実績 https://www.araya.org/business/

 

株式会社アラヤは、日々進化するAIの世界で、研究開発を通じて最先端の技術を追求しています。株式会社アラヤのサービスは、業界別のソリューションや具体的な導入事例を通じて、その実績と信頼性を証明しています。

具体的には下記のような業界での実績があります。

  • 製造業
  • 建設業
  • 物流業
  • 商業施設・不動産・小売業
  • プラント業
  • インフラ業
  • 運輸業
  • ヘルスケア・介護・医療業
  • 農業・漁業・畜産業

株式会社エクサウィザーズ

株式会社エクサウィザーズは、AI技術を活用した多岐にわたるソリューションを提供する企業として知られています。

サービス内容が多岐に渡るため、AIに関するサービス内容の大枠を以下に記載します。

  • 予測・分析
  • 最適化
  • 画像解析
  • 音声解析
  • 文章解析
  • ロボティクスなど

株式会社エクサウィザーズ

引用:株式会社エクサウィザーズ

株式会社エクサウィザーズの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2016年2月
会社所在地 東京都港区東新橋1丁目9-2汐留住友ビル 21階
電話番号 03-6453-0510
実績 https://exawizards.com/works/

 

株式会社エクサウィザーズは、単なるツールとしてのAIではなく、人々の生活をより良くするための手段として開発されています。

「AIを用いた社会課題解決を通じて幸せな社会を実現する」という経営理念の基、親身になって向き合ってくれるでしょう。

株式会社ウサギィ

株式会社ウサギィ最大の特徴は、お客様の現状と理想をしっかりとヒアリングし、最適なソリューションを提供することです。そのアプローチは、特定の手法に固執せず、幅広い技術や最新の研究をもとに、最良の問題解決を追求しています。

具体的なサービスは以下の通りです。

  • 技術顧問
  • AIエンジンのライセンス貸与
  • システム開発

株式会社ウサギィ

引用:株式会社ウサギィ

株式会社ウサギィの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2006年7月
会社所在地 東京都 港区 芝浦3-12-6 クロス芝浦ビル6階
電話番号 03-3453-1314
実績

 

株式会社ウサギィの技術は、自然言語処理や画像認識、データ分析、アルゴリズムの開発など、多岐にわたります。

特に、日常の言葉や画像、センサーデータなどを分析・解析し、新しいサービスや問題解決のためのアルゴリズムを開発することに特化しています。

株式会社モルフォ

株式会社モルフォは、先進的なデジタル画像処理技術と最新の人工知能(AI)やディープラーニングを組み合わせた「イメージングAI」を提供しています。

サービス内容が多岐に渡るため、サービス内容のジャンルを以下に記載します。

  • 画像処理
  • AI

ジャンルは2項目しかありませんが、各ジャンルにいくつものサービスがあります。

株式会社モルフォ

引用:株式会社モルフォ

株式会社モルフォの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2004年5月
会社所在地 東京都千代田区神田錦町 2-2-1 KANDA SQUARE11階 WeWork内
電話番号 03-5638-6701
実績 https://www.morphoinc.com/case/smartdevice

 

株式会社モルフォは、イメージングAIの分野におけるシェアを維持し続けています。その技術力と専門家たちの情熱は、多くの産業やビジネスに新しい価値をもたらしています。

株式会社モルフォとともに、次世代のイメージング技術を創り上げることに興味がある方は、ぜひ公式サイトを訪れて詳細を確認してみてください。

株式会社トライエッティング

株式会社トライエッティングは、AI技術を活用したシステム開発を専門とする企業です。特に人工知能を用いた業務効率化のシステム開発において高い評価を受けています。

具体的なサービスは以下の通りです。

  • UMWELT(ノーコード予測AI)
    • 需要予測機能
    • 機械学習
    • 安全在庫計算
    • 専門家が伴走
    • BIツール連携
    • API連携
  • HRBEST(シフト作成AI)
    • 再計算機能
    • 休暇設定
    • 不足人員の推定
    • 希望シフトの考慮
    • 責任者の配置
    • 6連勤ルール
    • 所定時間ルール
    • 時短勤務スタッフ登録
    • キャパ制約条件

株式会社トライエッティング

引用:株式会社トライエッティング

株式会社トライエッティングの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2016年6月
会社所在地 愛知県名古屋市中区葵1-20-22 セントラル名古屋葵ビル 4階
電話番号 052-979-2110
実績 https://www.tryeting.jp/case/

 

また、株式会社トライエッティングのサービスはいくもの業界で利用されています。

具体的には以下の通りです。

  • 飲食業
  • 建設業
  • 物流業
  • 化粧品
  • 旅行業
  • 製造業
  • 小売業

株式会社トライエッティングからのサポートを受けることで、日々の業務を効率化させることができるでしょう。

株式会社Archaic

株式会社Archaicは、お客様のビジネスに合わせて何もない状態から、オーダーメイドのAIシステムを構築します。そのため、サービスのパッケージプラットフォームがなく、必要なシステム開発をサポートすることが可能です。

株式会社Archaicがサポートできる内容は以下の通りです。

  • AI開発(自然言語処置、画像識別)
  • システム開発など

株式会社Archaic

引用:株式会社Archaic

株式会社Archaicの会社情報は以下の通りです。

<会社情報>

項目 詳細
設立年 2017年11月
会社所在地 東京都渋谷区神宮前1-22-1 オークラビル5階
電話番号
実績 https://archaic.co.jp/use_case/automation/

 

株式会社Archaicは何もない状態から、オーダーメイドのAIシステムを構築するので、要望に対して柔軟に対応することができます。そのため、多種多様なニーズに対応することができます。

株式会社Archaicは、お客様のニーズに合わせたシステムを構築し、必ず課題を解決してくれるでしょう。

AI技術の導入がビジネスにもたらすメリット7選

人間とAI

AI技術を導入することで様々なメリットが生まれます。

下記内容に従って、AI技術を導入するメリットについて解説します。

  • 業務効率化で労働力不足を解消
  • 生産性の向上
  • ミスや事故の減少と安全性の向上
  • 人件費などコストの削減
  • 市場ニーズを把握し、顧客満足度を向上
  • 高精度なデータ分析・予測
  • 遠隔コミュニケーションが可能

業務効率化で労働力不足を解消

ビジネスの現場で人工知能を導入すると、人間がこれまで担当していたタスクをAIに委ねることが可能になります。そのため、労働力不足の課題を緩和することが期待されています。全ての業務をAIに移行するわけではありませんが、適切な業務をAIに任せることで、企業の生産性を向上させることが可能です。

特に「3K」すなわち「きつい」「汚い」「危険」とされる過酷な労働環境の業務において、AIの活用は人間のリスクを大幅に軽減します。これにより、安全性が向上し、より多くの業務を効率的に遂行することができます。

生産性の向上

人間の業務には、以下のような変数が影響します。

  • 経験
  • スキルの違い
  • 体調
  • モチベーションの変動など

これにより、業務の質や効率にばらつきが生じることが少なくありません。しかし、人工知能の導入により、これらの変数の影響を受けることなく、一貫して質の高い業務を実現することができます。

AIは、体調や感情の変動を気にすることなく、高い正確性で業務を遂行することが可能です。

その結果、ミスによるタイムロスや再作業の必要が大幅に減少し、生産性が飛躍的に向上します。さらに、AIの効率的な業務遂行により、人間の作業負担が軽減され、新しい事業やプロジェクトへの取り組みが容易になるでしょう。

ミスや事故の減少と安全性の向上

人工知能(AI)を導入することで、危険を伴う作業や人の立ち入りが難しい場所でのタスクを、より安全に実施できるようになります。例えば、AIは機械の異常や故障を事前に検知し、それによる事故や損傷を未然に防ぐ能力を持っています。

さらに、近年注目されているAIによる自動運転技術も、安全性の向上に大きく寄与しています。
この技術が一般的に普及すれば、アクセルやブレーキの操作ミスなど、人為的なミスによる交通事故を劇的に減少させることができるでしょう。

総じて、AI技術の進化と導入は、私たちの生活をより安全にし、多くのミスや事故を防ぐ強力なツールとしての役割を果たしています。

人件費などコストの削減

近年、AIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が進む中、多くの企業が業務の自動化を実現し、人件費の大幅な削減を果たしています。具体的には、これまで人手で行われていた作業をAIに代行させることで、労働時間の短縮や人件費の軽減が実現されています。

ユーザーや社内からの質問にAIチャットボットが自動で対応することで、労働時間を短縮し、残業代や休日手当といった人件費を大幅に抑えることができるのです。

このように、AI技術の導入は、業務の効率化だけでなく、経費の削減という大きなメリットをもたらすでしょう。

RPAについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
RPAとは?おすすめの6つのツールと自動化できる5つの業務

市場ニーズを把握し、顧客満足度を向上

人工知能は、膨大なデータの分析と予測に長けており、市場の動向や顧客のニーズを迅速かつ正確に捉えることができます。

このような深い洞察は、企業が提供するサービスや商品の質を向上させる手助けとなり、結果的に顧客満足度を向上させることに繋がります。

さらに、市場のニーズを的確に理解し、それに基づいて事業戦略を練ることで、企業のブランド価値を高めることができるでしょう。

高精度なデータ分析・予測

AIは、人間が行う分析作業よりも、高速かつ高精度に業務を遂行することが可能です。

この高精度な分析力を活用することで、企業は経営戦略やマーケティング活動の方向性をより明確に定めることができるようになりました。

具体的な成功例として、日本コカコーラや三重県の「株式会社ゑびや」は、AIのデータ分析能力を駆使して売上向上を実現しています。このように、AIの高精度なデータ分析・予測能力は、企業の競争力を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。

遠隔コミュニケーションが可能

現代のIoT技術とAIの進化により、コミュニケーションの形が大きく変化しました。物理的な距離の制約を超えて、人々はリモート接客やオンライン会議を通じて繋がることができています。

特に注目されるのが、ビジネスチャットツール「Microsoft Teams」です。このツールはオンライン通話機能を持ち、AI技術を活用して背景のぼかし効果を実現しました。

これにより、自宅やカフェからでも背景を気にすることなく、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。さらに、東急ハンズでは、産休中やリモート勤務の社員がアバターを通じて店舗のお客様と接客する取り組みが行われています。このようなアバターを活用したコミュニケーションは、新しい顧客体験を提供し、多くの人々に気軽なコミュニケーションの場を提供しています。

loTについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
IoTとは?活用シーンや関連技術、普及にともなう課題について

AI技術の導入がビジネスにもたらすデメリット6選

AI ロボット

AI技術を導入することで様々なメリットが生まれますが、デメリットもいくつか存在します。

下記内容に従って、AI技術を導入するデメリットについて解説します。

  • 雇用の減少
  • 情報漏洩のリスク
  • リスクマネジメントが困難
  • 責任の所在が不明確
  • 思考プロセスがブラックボックス化
  • 支出の増加

雇用の減少

AI技術の進化は多くの業界で労働力不足の解消をもたらしていますが、一方で「人間の仕事が奪われる」という懸念も浮上しています。

特に、ドライバーや工事関連の技術職のような分野では、AIの導入により人間の役割が減少する可能性が考えられます。

しかし、全ての業界や職種がAIに置き換わるわけではありません。クリエイティブな分野では、人間の持つ独自の創造力や感性が必要とされるため、AIよりも人間が優れていると言えます。そのため、このような分野では、今後も雇用の機会が増えると予想されます。

情報漏洩のリスク

AI技術の導入によるデメリットの1つに挙げられるのが、情報漏洩のリスクが増加することです。特に、顧客情報や企業の機密情報をネットワーク上で取り扱う際には、外部のハッキングや不正アクセスに気を付ける必要があります。

近年では、AIの学習能力を悪用した高度なサイバー攻撃も増加しており、これに対抗するためにはAIを活用したセキュリティ対策が不可欠となっています。

しかし、外部からの攻撃だけでなく、企業内部からの情報漏洩の危険性も考慮する必要があります。社員のセキュリティ意識の低さや不注意が原因となることも少なくありません。

そのため、AI技術の導入に伴い、徹底したセキュリティ教育やルールの確立が求められます。AIやセキュリティの専門家をチームに加え、常時の監視と対策を行うことで、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

リスクマネジメントが困難

AI技術の導入は企業の業務効率を大きく向上させる一方で、リスク管理の課題も増大します。AIシステムに不具合や問題が発生した際、その影響は業務全体に及び、企業に大きな損害をもたらす可能性があるのです。このようなリスクを未然に防ぐためには、導入前から様々なトラブルの原因や影響範囲、そして対処法をしっかりと理解しておく必要があります。

しかし、AIに関する専門的な知識を持つ人材が不足している状態だと、トラブル発生時の迅速な対応は難しいです。

そのため、初めてのAI導入時には部分的な取り入れから始めることを推奨します。また、外部の専門家やAIリスク管理サービスの活用も考慮すると良いと考えられます。

責任の所在が不明確

AIを搭載した製品が事故を引き起こした際の責任所在は、非常に曖昧となりがちです。例えば、AI搭載車やドローンが事故を起こした場合、その責任は所有者にあるのか、製造者にあるのか、明確には定まっていません。所有者は「不法行為責任」を負う可能性が高まります。

以下の3つの条件が満たされると不法行為責任を負うことになります。

  • 侵害行為に故意または過失があること
  • 損害が発生していること
  • 侵害行為と損害との間に因果関係があること

一方、製造者は「製造物責任」を持つことになるかもしれません。以下の3つの条件が満たされると製造物責任を負うことになります。

  • 製造物に欠陥があること
  • 他人に損害が発生したこと
  • 製造物の欠陥と損害の間に因果関係があること

このような不確実性を考慮し、AI技術を導入する際には、事前にリスクを十分に理解し、適切な対策を講じることが求められるでしょう。

思考プロセスがブラックボックス化

人間が業務やアイディアの創出を行う際、その背後にある思考のプロセスは透明です。

しかし、AIの場合、その思考プロセスは不透明です。これを「AIのブラックボックス化」と呼ばれており、人間には理解しづらいものとなっています。

AIは膨大な情報を瞬時に処理する能力を持っていますが、その過程やロジックがどのように形成されたのかを確認することは難しいのです。

2016年の囲碁の試合で、AIがプロの棋士に勝利した事件はその典型例です。その際、AIが勝利を収めた戦略の思考プロセスは、不明のままとなっています。このようにAIの判断や結論が本当に適切であるのかを判断するのは困難です。さらに、何らかの問題が発生した際、その原因を特定するのも一筋縄ではいきません。

最近では、この問題に対する解決策として、AIの思考プロセスを可視化する技術の開発が進められている企業も存在します。

支出の増加

AIの導入は初期投資や維持費用がかかるため、支出が増加してしまいます。特に、AIシステムの開発や更新、専門家の採用など、初期段階での出費は予想以上に増えることがあります。

さらに、AIの性能向上のためには、ビッグデータの収集は欠かせません。しかし、データの「量」だけでなく「質」も非常に重要です。

質の低いデータを大量に収集しても、AIの分析や予測の精度は向上しません。そのため、質の高いデータを確保するための時間やコストが必要となり、更なる支出の原因になる可能性があります。

高精度なAIを目指す場合、データの質と量のバランスを取りながら、適切な投資を行うことが求められます。AIの導入を検討する際は、そのコストと効果をしっかりと比較・検討しましょう。

参照:AI・人工知能の導入によって生まれるメリット・デメリットや問題点

ビジネスシーンにおける企業のAI活用例

AI活用

ここからはAI技術を導入した事例を4つ解説します。

5GとAIを連携した「セコムドローン」

近年、ドローンの利用が多岐にわたって拡大しています。特にセキュリティ分野での活用が注目されており、その先駆けとして「セコムドローン」が挙げられます。このドローンは、セコムが開発した世界初の小型飛行監視ロボットであり、革命的なセキュリティ手段として注目を集めています。

従来、広範囲の敷地を監視する際、防犯カメラの設置が主流でしたが、防犯カメラの限界も明らかになりつつありました。例えば、防犯カメラの課題は、遠方の不審者や侵入者の特徴を正確に捉えるのが難しいことです。この課題を解決するために、セコムはドローンの導入を決定しました。異常が検知された際、ドローンが迅速に現場へと向かい、状況を確認することが可能となりました。

さらに、セコムドローンの特徴として、敷地内の3次元マップを保有している点が挙げられます。このマップには「飛行可能エリア」と「障害物エリア」が明確に設定されており、ドローンはこれを基に最適な飛行経路を自動計算します。結果として、完全な自律飛行が可能となっており、人の操作は不要です。

さらに、セコムは技術の進化を追求し続けています。5Gの導入により、映像伝送のスピードが大幅に向上し、よりリアルタイムな監視が可能となりました。今後もセキュリティの領域での技術革新が進むことが期待される中、セコムの取り組みは業界の指標となります。

参照:世界初の民間防犯用ドローン – セコムIS研究所

ヤマト運輸の集荷受付もAIで自動化

ヤマト運輸株式会社は、AI技術を駆使した「AIオペレータ」を導入し、集荷依頼の電話対応を自動化しました。この取り組みは、顧客の待ち時間の削減とサービスの効率化を目的としています。

2020年11月には、法人顧客を対象にこのサービスを開始しています。その後、個人顧客からの反響も大きく、サービスの範囲を拡大することとなりました。このAIオペレータは、LINE CLOVAの「CLOVA Speech」や「CLOVA Voice」などの先進技術を活用し、自然な対話応答を実現しています。

具体的な利用方法は、以下の通りです。

  1. 電話をかける
  2. 自動音声ガイダンスに従う
  3. 集荷依頼のオプションを選択する
  4. AIオペレータが応答を待つ

また、サービスの受付時間は8:00から21:00までで年中無休で利用可能となります。

ヤマト運輸は、今後も顧客のニーズに応じてAIオペレータの機能を拡充する予定です。集荷依頼以外の用件でも対応できるよう、システムの向上を進める計画です。

このように、ヤマト運輸の取り組みは、AI技術の実用化と顧客サービスの向上を目指しており、その成果が期待されています。

参照:LINE、ヤマト運輸のAIオペレータに「LINE AiCall」を提供集荷依頼の電話対応の待ち時間を大幅に削減し、お客さまのストレスを軽減

ソフトバンクの新卒面接官はAI

ソフトバンクは、2017年にIBMの「Watson」を採用し、新卒のエントリーシート選考時間を75%短縮しました。この成功例を受け、多くの大手企業がAI技術の導入を進め、2017年は「AI就活元年」とも称されるようになりました。

2018年には、さらに多くの企業が採用選考にAIを取り入れる動きが見られ、AI技術を活用した選考が徐々に主流となりつつあります。具体的な利用シーンとしては、エントリーシート選考の他、適正診断や一次面接などが挙げられます。

適正診断において、AIの導入は大きな変革をもたらしています。従来、マークシートの解答のみが評価の基準でしたが、AIの力で解答時間を計測し、迷いや考え方を分析することが可能となりました。この技術により、候補者の「性格」や「成長の見込み」、「企業との適合性」など、より深い部分を評価することができるようになりました。

また、一次面接に関しても、AIの導入によるメリットは大きいです。スマートフォンを通じてAIの質問に答える形式の面接が増えており、企業は選考の効率化を実現しています。学生にとっても、自宅で好きな時間に面接を受けることができるため、非常に便利です。

参照:新卒採用選考におけるIBM Watsonの活用について

明治安田生命の社内トレーニングに感情認識AI活用

「確かな安心を、いつまでも」という経営理念を掲げる明治安田生命は、顧客の満足度を一層高めるため、AI技術を駆使したトレーニングアプリ「心sensor for Training」を採用しました。このアプリは、顧客サービスのスキルを磨くためのもので、多彩な機能が搭載されています。

主な機能として「表情練習モード」、「表情採点モード」、「スピーチ採点モード」があり、これらを利用して、スマートフォンを通じて表情のトレーニングが行えます。

さらに、採点結果を見ることで、自分の表情やスピーチの良し悪しを知り、改善のヒントを得ることも可能です。

参照:CAC、AI を活用したトレーニングアプリを明治安田生命の営業職員向けスマートフォンに提供

参照:AI・人工知能の利用例を解説!機械学習を活用した身の回りの実用例

まとめ

AI 人間 

近年、AI技術の進化と実用化が進んでいます。AIを活用することで、従来の方法では考えられなかった新しいアプローチや解決策が生まれてきました。

実際に多くの企業や組織はこの技術を取り入れ、サービスの質を高めたり、業務を効率化したりしています。この技術の進化は、私たちの生活やビジネスの多くの側面に影響を及ぼしており、さらに実用化の範囲が広がると考えられています。

AI企業一覧を見る

よくある質問

AI技術を活用する際の開発会社選定の要点は何ですか?

「企業の目的や課題を明確に理解する」「AI導入の全工程を通じた費用感をデータベースと比較する」「企業向けの特定領域での開発実績や独自のノウハウの確認」「AI技術の運用後のビジネス展開のイメージを持つ」

AI技術の導入がビジネスにもたらすメリットは何ですか?

「業務効率化で労働力不足を解消」「生産性の向上」「ミスや事故の減少と安全性の向上」「人件費などコストの削減」「市場ニーズを把握し、顧客満足度を向上」「高精度なデータ分析・予測」「遠隔コミュニケーションが可能」

AI技術の導入がビジネスにもたらすデメリットは何ですか?

「雇用の減少」「情報漏洩のリスク」「リスクマネジメントが困難」「責任の所在が不明確」「思考プロセスがブラックボックス化」「支出の増加」

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
おすすめAI企業
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら