DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

リスキリング
のサービス比較と企業一覧

一括資料請求なら、導入の比較検討が
スムーズに行えます!

利用料金・初期費用・無料プラン・トライアルの有無などを、一覧で比較・確認できるページです。サービスを比較・検討後、希望条件に合うものが見つかりましたら、下記のボタンよりご請求いただけます。

最終更新日: 2023/12/26

リスキリングとは?

リスキリングとは新しい職業に就くために、もしくは現在の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために「必要なスキルを獲得する、させること」です。近年では、特にDX化と同時に誕生する新しい職業など、仕事の進め方が大幅に変わるであろう職業につくためのスキル習得や再開発を指して「リスキリング」と呼ばれます。

リスキリングという言葉は、経済産業省がDX時代の人材の再教育や再開発を示す概念として提唱したことから、注目されるようになりました。

リスキリングが必要な理由は、デジタル技術によって「新しい職業が誕生する(今の職業が衰退する)」「業務のやり方が大きく変わる」という課題に対応するためです。

DXを推進するということは事業戦略が変わることですので、必然的に上の課題は発生します。そのため、DXとリスキリングはセットで実施しなければ、笛吹けど踊らずの状態になってしまうでしょう。

すでに日本企業の一部は、全社員にDX基礎教育を実施、文系社員を対象にAI研修を実施などの施策を実施しています。リスキリングによって、デジタル技術の力を使いながら価値を創造するスキルやマインドが再開発されます。

デジタルリテラシー協議会のプロジェクト「Di-Lite」では、「デジタルを使う人材」の全員が持つべきスキルを提案しています。こちらは「ITパスポート試験」「G 検定」「データサイエンティスト検定(DS検定)」の取得を推奨するなど、かなり具体的な内容になっています。スキル開発、再教育の施策を検討する際に役立てられるでしょう。
もっと見る

リスキリングサービス・企業一覧

NEW
株式会社 E9Technologiesロゴ

生成 AI 研究開発コンサルティング・アドバイザリー 株式会社E9Technologies

株式会社E9Technologiesが提供する「生成AIの研究開発支援」は、アカデミックレベルの深い知見をもとにした支援サービスです。産学連携や論文・特許などの知財戦略も得意としています。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
NEW
株式会社Fixstars Amplifyロゴ

Fixstars Amplify 株式会社Fixstars Amplify

株式会社Fixstars Amplifyが提供する「Fixstars Amplify」は、生産計画・人員シフト・材料探索など、複雑な条件を考慮して目的に合う最適解を自動で瞬時に求めるサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
評価・検証用:無料
商用利用:月額10万円~
無料~ あり あり
ホリエモンAI学校ロゴ

ホリエモンAI学校 ホリエモンAI学校株式会社

ホリエモンAI学校は、 AI・ChatGPTに関する講義が月額定額制で「選び放題」「受講し放題」のハイコストパフォーマンスの法人向けオンラインスクールです。自社のビジネスパーソンは24時間好きなタイミングにスマホからでも動画を視聴してAIを学ぶことができます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
44万円/年×人数
最大75%(44万円-30万円)の助成金がありますので、まずはご相談ください。
なし なし あり

LeanDataX リスキリング 株式会社WorkX

株式会社WorkXが提供する「LeanX」は、オーケストラ型コンサルティングサービスです。 弊社高度専門人材のコミット力×フリーランスの専門性でLeanに課題解決・企業改変をご支援します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社QuackShiftロゴ

伴走型AI/ LLMソリューション 株式会社QuackShift

Quackshiftは、テキスト情報や画像情報などのデータを活用し、AI導入を通じて現場の業務プロセス改善や新規価値創出を実現するスタートアップ企業です。AIサービス構築や社内サービス等に迅速にAI技術を組み込むことができます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
70万円/月〜 なし なし あり
Advancy株式会社ロゴ

AI革新を実現する『ChatGPT経営戦略ワークショップ』 Advancy株式会社

AIの力で経営革新をリード『ChatGPT経営戦略Lab』は、生成AIの力を活用し、経営判断の精度を高め、ビジネスモデルを革新するための研修プログラムです

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社Kieiimg0ロゴ

Kieiの生成AI活用支援研修 株式会社Kiei

株式会社Kieiが提供する「Kieiの生成AI活用支援研修」生成AIのコンサルティング・開発を行っている企業だからこそできる「超実践型AI研修」です。一方的なコミュニケーションではなく、ディスカッションを重視しております。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
PromptCampロゴ

PromptCamp 株式会社スニフアウト

ChatGPTをはじめとする生成AIの普及をリードするプロ人材へ 様々な生成AIの活用やプロンプトエンジニアリングについて基礎から応用まで幅広く学習可能!

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額19,800円 - あり あり
SEC-AIロゴ

SEC-AI DXHR株式会社

SEC-AI(セカイ)は、「研修後すぐに業務に活かせる実践力が身に付く」AIとセキュリティのトレーニングセンターです。中でも生成AI研修は、幅広い業種・職種で業務改善や生産性向上につながる、とてもニーズが高い研修です。当サービスではChatGPT等の生成AI活用に向けた研修を、1000以上のカリキュラムを組み合わせ、業種・職種・レベルに合わせて提供しています。国の人材開発支援助成金や東京都のDXリスキリング助成金を活用し、企業の負担を75~50%軽減して受講することが可能です。昨年2023年下半期で3000名超の受講生を輩出し、満足度は94.7%(自社アンケート調べ)でした。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
生成AI研修・eラーニングサービスロゴ01

生成AI研修・eラーニングサービス 株式会社AIイノベーションズ

eラーニングや研修・ワークショップ等によって、企業によるAI活用・DXのための人材育成を徹底サポートします。その後の実際の活用フェーズにおいてもコンサルティングサービスも提供します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
eラーニング:1000円/名
研修:1万円/名

※最低価格がございます。また人数によってボリュームディスカウントとして割引をご案内しております。
なし(要見積り) なし あり
株式会社AVILENロゴ

AIビジネス研修 株式会社AVILEN

株式会社AVILENが提供する「AIビジネス研修」はAIの知識がゼロからでも始められ、AIリテラシー向上~AI導入の企画・推進までマスターできる研修です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
・企画コース:33,000円(税込)/人
・推進コース:44,000円(税込)/人
・企画/推進セット:71,500円(税込)/人
※各コース最低10名~受講可能
利用料金に含む なし あり
株式会社AVILENロゴ

ChatGPT活用1day研修 株式会社AVILEN

「ChatGPT活用1day研修」は、ChatGPTの基礎知識から実践までを短時間で学べるオンライン講座。ライブ講座形式で実施し、個社向けのプロンプト例など導入効果を最大限に引き出すヒントを提供します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
講座準備・実施・テキストの3費用構成となっており、実施回数・参加人数に応じて最終的な金額をお見積致します。
・講座準備費用:20万円〜/社(プロンプト例の作成などカスタマイズ費用。ご希望される難易度に応じて別途お見積)
・講座実施費用:40万円/回(1回あたりの最大参加人数は20名様まで。ご希望に応じた回数をご提供致します)
・テキスト費用: 1万円/人(講座で使用する資料は事前配布致します)

その他、別途ご要望がございます際も柔軟にご対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
利用料金に含む なし なし
株式会社AVILENロゴ

ChatGPTビジネス研修 株式会社AVILEN

株式会社AVILENが提供する「ChatGPTビジネス研修」はChatGPTの活用を「学ぶ〜試す〜思考」まで実務に結びつけながら1日で学習できるサービスです。日本e-Learning大賞2023にて「生成AI特別部門賞」を受賞しました。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
1名あたり11,000円(税込)/最低50名以上から受講可能。
その他、カスタマイズによるオフライン講義など柔軟にご対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
利用料金に含む なし なし
1日で身に付く 生成AI研修ロゴ

1日でわかる生成AI研修 株式会社Algoage

当サービスは、さまざまな業界へ生成AIサービスを提供してきた当社ならではの強みを生かし、業界・企業に応じたカスタマイズが可能です。生成AIに触れたことがない方でも、研修終了後、すぐに業務活用いただけます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
生成AI理解コース
1名
20,000円

生成AI活用コース
1名
25,000円

生成AIカスタマイズコース
1名
30,000円
50,000円 なし なし
AI Growth Program

AI Growth Program AI inside 株式会社

実務につながらなければ意味が無い。「ビジネス現場がAIドリブンなDXを推進できる」 これが、実践型のDX人材輩出プログラム

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社ABEJAロゴ

DX人材育成支援 株式会社ABEJA

株式会社ABEJAが提供する「DX人材育成支援」は、DXのプランニングとプロジェクト推進を担う「DX企画人材」を育成します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり
一般財団法人高度人材育成機構ロゴ

データサイエンス学科 一般財団法人高度人材育成機構

Tokyo iXは見習いではなく、独り立ちしたデータの専門家を目指す 社会人向けのスクールです。同じ高い志を持った仲間と 最高の空間で学び、働きながら短期間で、高度な学術的知識と 実践能力を身につける最高の機会がここにあります。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
PredictionOnerogo

Prediction One ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する「Prediction One」は、専門家でなくても簡単に操作でき、 データから予測を算出するソフトウエアです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
デスクトップ版 / クラウド版
それぞれプランをご用意しております。
お問合せください お問合せください Prediction Oneクラウド版の体験版を14日ご利用いただけます。

HEROZロゴ

AI/DX顧問サービス HEROZ株式会社

HEROZ株式会社が提供する「AI/DX顧問サービス」は、プロ棋士を凌駕するAIを開発し、世界を驚かせた経験豊富な経営層を中心に、ビジネス視点の発想力、最先端の技術力であらゆる企業と組織のDXをAIの力でサポートします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額 500,000円 お問合せください なし なし
Techscorerロゴ

企業向けDXスキル診断ツール「Techscore」 マインドテック株式会社

「Techscore」の診断データは、iCDに準拠した実務ベースのデータとなっており、各職域におけるスコアとクラス、各スキルのランクを個々に算出することが可能です。またメンバーのスキル状態を確認することで必要な学習の選定やPJメンバーの選定にもご活用いただけます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
12
簡単1クリック資料請求 簡単1クリック資料請求

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

リスキリング機能比較表

製品名

Prediction One

AI Growth Program

DX人材育成支援

AI/DX顧問サービス

機能

専門家でなくても簡単に操作でき、 データから予測を算出するソフトウエア

「ビジネス現場がAIドリブンなDXを推進できる」 実践型のDX人材輩出プログラム

DXのプランニングとプロジェクト推進を担う「DX企画人材」を育成

AIを軸としてあらゆる企業と組織のDXを サポートするHEROZの『AI/DX顧問サービス』

利用料金 デスクトップ版 / クラウド版
それぞれプランをご用意しております。
お問合せください お問合せください 月額 500,000円
初期費用 お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
無料プラン お問合わせください お問合わせください
無料
トライアル
お問合わせください お問合わせください
製品リンク 「Prediction One」の
詳細はこちら
「AI Growth Program」の
詳細はこちら
「DX人材育成支援」の
詳細はこちら
「AI/DX顧問サービス」の
詳細はこちら

リスキリングの機能・用語解説

AI・DX用語集
機能名・用語 解説
データサイエンティスト データ分析を用いてビジネスの意思決定をサポートしてくれる人材の総称です。ビッグデータなどから必要な情報を収集し、抽出、提案することができるプロフェッショナルとして注目をされています。
データスペシャリスト試験 企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースの構築、データ分析基盤を提供するデータベース管理者が目指す試験です。
統計検定3級 統計リテラシー、統計的推論、統計的思考の3つを問われる統計学の試験です。統計検定は1級から4級までありますが、3級は2番目に簡単な試験です。
E資格 ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する資格試験です。受験資格は、JDLA認定プログラムのいずれかを試験日の過去2年以内に修了していることです。
G検定 ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)の輩出を目的とした検定で、社会人・学生を問わず誰でも受験することができます。
ITパスポート IT業界におけるさまざまな基礎知識の習得を目的とした国家試験です。独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」が定義している「共通的知識に位置するレベル」の国家試験です。
簡単1クリック 簡単1クリック

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

リスキリングとリカレント教育・アンラーニング

リスキリングと混同されやすいものとして、「リカレント教育」というものが存在します。リカレント教育とは、それぞれの必要なタイミングで教育を受け、仕事に戻るという取り組みを繰り返す仕組みです。

リカレント(recurrent)は、「循環する」「繰り返す」といった意味を持ちます。通常業務と並行しながら学ぶリスキリングとは異なり、一度仕事から離れて大学などの教育機関で学び直し、再度仕事に復帰するという仕組みのことを指します。

これらを踏まえると、リスキリングとリカレント教育には違いがあることがお分かりいただけるかと思いますが、「新たなスキルを身につけていく」という工程が含まれているという点では同じであるため、そこまで大きな違いではないといえるでしょう。

また、「アンラーニング」という言葉も、リスキリングと似た概念として捉えられるケースが多いです。アンラーニングは「学習棄却」とも呼ばれ、既存の仕事のルーティンを一度棄却して新たなスタイルを取り入れることを指します。棄却(捨てる)ことに重きを置くのがアンラーニングであるのに対し、新たな知識・スキルの蓄積に重きを置いているのがリスキリングと考えると、違いが分かりやすいでしょう。

リスキリングのメリット・デメリット

では、企業や組織がリスキリングを取り入れた場合、どのようなメリットが得られるのでしょうか。また、どのようなデメリットが生じる可能性があるのでしょうか。ここからは、リスキリングのメリット・デメリットについて詳しくみていきましょう。

リスキリングのメリット

・新たなアイデアや事業創出

リスキリングを行うことで、従業員は新しいスキル・知識を習得することができます。そのスキル・知識の習得によって、社内に新しいアイデアが生まれやすくなることは大きなメリットといえるでしょう。

リスキリングを上手く活用できれば、時代の移り変わりによって経営が悪化してしまうリスクを抑えることが可能になります。また、社内に新しい風を吹き込むことができるというメリットもあるため、時代に合わせて進化していくことが求められる企業ほど、リスキリングを行うメリットは大きいといえるでしょう。

・業務効率化

業務効率化を実現できるという点も、リスキリングによって得られるメリットの一つです。リスキリングによって従業員が獲得したスキル・知識をDXに活かしていくことで、よりスムーズに業務を遂行できるようになります。

・採用コストの抑制

リスキリングには、採用コストを抑制できるというメリットもあります。たとえば、DX人材の場合、専門性が高いためどうしても採用コストが大きくなってしまう傾向にあります。また、前職で高い専門性を発揮していた人材であっても、新しい会社でその専門性を同じように発揮できるとは限りません。

その点、リスキリングによって既存の従業員が新たな技術・知識を身につければ、社内異動で充足させることができます。そのため、採用コストを大幅に削減できるようになるのです。

リスキリングのデメリット

・作業時間の損失

リスキリングは就業時間に実施していくことになるため、通常業務の作業時間が減少してしまうというデメリットがあります。これは一見大きなデメリットに感じられるかもしれませんが、長期的な目線で考えると必ずしもデメリットとも言い切れません。

リスキリングの実施によって従業員が新たにスキル・知識を身につければ、より高いレベルで効率的に業務を遂行できるようになる可能性もあるからです。

・導入コスト

リスキリングを実施する場合、必要なスキルを見極めたり、習得したスキルを管理したりするためのコストが必要になります。その導入コストがかかってしまう点は、一つのデメリットといえるでしょう。

また、高度なスキルを身につけさせるためには、それ相応の教育コストがかかってしまうことも注意しなければならないポイントの一つです。とはいえ、その導入コスト以上の成果につながる可能性を秘めていることも事実ですので、しっかりと戦略を立てて導入することが大切になるでしょう。

リスキリングの種類

リスキリングには、多くの種類が存在しています。ここからは、代表的なリスキリングの試験・検定をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ITパスポート・統計検定3級

ITパスポートとは、産業構造審議会のワーキンググループで行われた議論をもとに創設された資格のことです。

統計検定とは、統計に関する知識・活用力について評価する資格のことです。レベルに応じて、体系的な統計活用能力が認定されます。

G検定・データサイエンティスト検定

G検定とは、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が実施している、AI・ディープラーニングの活⽤リテラシー習得を目的とした検定試験です。AIに関連するさまざまな技術的⼿法、そしてビジネス活⽤に必要な基礎知識を有しているかを確認できます。

データサイエンティスト検定は、データサイエンティストとして必要なスキルを養うことを目的とした検定です。企業の課題を抽出し、アルゴリズムやシステムなどの活用によってデータ分析・分類を行い、課題解決を図っていく必要があるデータサイエンティストに求められるスキルを習得できます。

G検定について詳しくはこちら

E資格・基本情報技術者試験

E資格とは、ディープラーニングの理論を理解した上で、適切な手法によって実装する能力・知識を有しているかを認定する資格のことです。

基本情報技術者試験とは、ITを活用したサービス・製品・システム・ソフトウェアなどを作る人材に必要となる基本的な知識と技能を備え、実践的な活用能力を身に付けているかどうかを確認する試験のことです。ITエンジニアの登竜門とも呼ばれています。

E検定について詳しくはこちら

統計検定2級

統計検定とは、統計に関するさまざまな知識、活用力を評価する全国統一試験です。その中でも「統計検定2級」は、大学基礎科目レベルの統計学の知識の習得度、そして活用のための理解度を問うために実施されています。

応用情報技術者試験・Python3・AWS・GCP・Azure

・応用情報技術者試験

応用情報技術者試験とは、ITを活用したサービス・製品・システム・ソフトウェアなどを作る人材に必要とされる応用的知識と技能を備え、高度IT人材としての方向性を確立しているかどうかを確認する試験です。

・Python3

Python3の学習チェックを行えるPython試験では、基礎試験や実践試験、データ分析試験など、いくつかの試験が設けられています。

・AWS

AWS認定とは、AWSに関連する専門知識の習得度合いを確認する資格試験の総称です。

・GCP

GCPとは、Google Cloud認定資格のことです。Google Cloud のツール・機能・メリット・利用事例といった幅広い知識を実証するCloud Digital Leaderをはじめ、さまざまな認定資格が存在します。

・Azure

Microsoft Azure認定資格は、マイクロソフトの認定資格であるMCP(Microsoft Certification Program)の一つであり、Azureに関する知識やスキルを認定する資格です。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、プロジェクトの目的の実現に向けて責任感を持ってプロジェクトマネジメント業務を単独もしくはチームの一員として担っていく人材を対象とした試験です。高度IT人材として確立した専門分野を持ち、組織の戦略の実現に寄与することを目的としています。

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリスト試験は、独立行政法人 情報処理推進機構)が実施しているIT系の国家資格の一つです。資格を取得することで、データベースに関する専門的な技術力が証明できます。

リスキリングでDXを推進する企業の事例

近年は、リスキリングによってDXを推進する企業も多くなってきました。以下の記事では、実際にリスキリングでDXを推進している企業の事例をご紹介していますので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

リスキリングの事例を見る

リスキリングの選び方

では、実際にリスキリングを行う場合、どのような試験・検定を選べば良いのでしょうか。ここからは、リスキリングの選び方についてご紹介していきます。

目的の明確化

まずは、目的を明確化することが大切です。現在はさまざまな種類の試験・検定が存在しているため、目的ごとに最適といえる試験・検定は大きく変化します。ゴールまでのプロセスを明確にするためにも、まずは何を目的にリスキリングするのか、深掘りしていくと良いでしょう。

各人材の役割を定義

リスキリングは、あくまで手段の一つに過ぎません。リスキリング自体を目的にしてしまうのではなく、目的を達成するための手段としてリスキリングが重要になるのです。その上で、経営戦略に連動した人材戦略を固めながら、各人材の役割を定義していくことが大切になります。

会社にとって必要なスキルごとのカリキュラムを作る

企業ごとに、求められるスキルは大きく異なります。そのため、自社にとって必要なスキルごとのカリキュラムを作ることで、よりスムーズに従業員がリスキリングを進められるようになるでしょう。

リスキリングのカオスマップ

アイスマイリーでは、オンラインAI学習サービス「Aidemy」を提供する株式会社アイデミーとの共同制作『リスキリングに役立つ資格・研修サービスカオスマップ』を公開しております。計112サービスの料金や特徴などを確認しながら比較検討できますので、ぜひお気軽にご活用ください。

リスキリングカオスマップはこちら

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

無料
全サービス資料請求

資料請求エリアを閉じる

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

簡単1クリック資料請求
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。
実際のメールマガジン内容はこちらをご覧ください。