DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

画像認識・画像解析
のサービス比較と企業一覧

一括資料請求なら、導入の比較検討が
スムーズに行えます!

利用料金・初期費用・無料プラン・トライアルの有無などを、一覧で比較・確認できるページです。サービスを比較・検討後、希望条件に合うものが見つかりましたら、下記のボタンよりご請求いただけます。

最終更新日: 2024/03/29

画像認識・画像解析とは?

自動車の自動走行システムや監視カメラの異常検知、製造現場の検品作業など、画像認識の技術は多くの企業で導入・検証が進んでおり、AI・人工知能が私たちの代わりとなって働く未来がすぐそこまで来ています。

最近のAI・人工知能の技術革新の中でも、画像認識AIの技術の向上はディープラーニングによって飛躍的な発展を遂げています。その画像認識の精度は、すでに正答率や認識率においてAIが人間を超えるほどの高精度を実現しています。

「人手のかかる食品工場の検品作業を省人化したい」
「医療用に撮影した写真をパターン解析して病気の早期発見をしたい」
「領収書から必要な情報だけを会計システムに自動入力したい」
「ECサイトに利用する商品画像を自動で分類したい」
「監視カメラの映像から不審者を発見する防犯システムをつくりたい」

このように画像認識AIはさまざまな目的に活用されています。
もっと見る

機能・用語解説

画像認識・画像解析サービス・企業一覧

NEW
ソーバル株式会社ロゴ

生成AI活用エンジニアリングサービス ソーバル株式会社

ソーバル株式会社が提供する「生成AI活用エンジニアリングサービス」は、お客様の課題を聞かせて頂き、生成AIを活用したシステム開発によって、課題解決を支援させて頂くサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり
NEW
株式会社DIVERTロゴ

ウクライナの高品質低価格なAI受託開発 株式会社DIVERT

ウクライナ発のAI/IT企業が皆様のエンジニアリングをお手伝いしますソフトウェア開発、システム開発、オフショア開発、受託開発、 アプリ開発、AIプラットフォーム構築、AI、機械学習 ​ センサー輸入、スマートフォン輸入、業務用タブレット輸入 スマホアクセサリー輸入、アクションカメラ輸入 広報活動支援、中小企業コンサル、AI活用コンサル、DX支援、DXコンサル

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
NEW
東日本電信電話株式会社ロゴ

AI Security asilla 東日本電信電話株式会社

AIが違和感行動や人の手が必要な状態を検知!AIと既設防犯カメラで作る安心安全な施設運営をサポート!

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
トランシンク株式会社ロゴ

音声・画像・動画データセット販売・収集 トランシンク株式会社

トランシンクが提供する音声・画像・動画データセットは、既存パッケージから必要なだけ購入することができます。ゼロからプロジェクトを立ち上げることなく、必要なだけ購入し、AIモデルの開発ができます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
音声コーパス:15,000円 / 時間
人物写真画像収集:300円 / 画像
なし なし あり
Retail Careロゴ

個人情報保護型Retail Careサービス 株式会社aix

-リテールAIテックで新たな顧客体験と価値を創造-「Retail Care」は顧客と運営データをリアルタイムで分析し、効率的な店舗管理を実現する。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし 有り、ケースによってはPoC可能
ナウトロゴ

法人向けAIドライブレコーダー「ナウト」 Nauto Japan合同会社

-国内700社以上が導入済み-Nauto Japan合同会社が提供する「ナウト」は、AI+ドライブレコーダー+クラウドの組み合わせで交通事故を未然に防止。さらには運転の傾向を「見える化」し、ドライバーの安全意識向上や安全運転指導の効率化も実現。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし 応談
CC-Dash AIロゴ

CC-Dash AI 株式会社 クロスキャット

〜AI活用の最初の一歩に是非ご活用ください〜クロスキャットが提供する「CC-Dash AI」は、AI技術を活用した コンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。 お客様のビジネス課題を解決するために、 専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
CC Dash AI(コンサルティングサービス)  500,000円
CC Dash AI(PoCサービス) 2,000,000円
なし なし なし
アースアイズ株式会社ロゴ

AI防災、危険予知システム アースアイズ株式会社

「発見>通知」の、アースアイズAIソリューション

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
アースアイズ株式会社ロゴ

AI万引き抑止システム アースアイズ株式会社

万引きが対策が、売上UPになる

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
AI画像認識システムロゴ

AI画像認識システム フォルシア株式会社

-画像認識技術を活用した業務効率化を実現-フォルシア株式会社が提供する「AI画像認識システム」はAI×画像認識の設計・開発から運用までワンストップでのご支援が可能です。個別課題に即した最適なソリューションをお求めの企業様をサポートいたします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし 内容により無料デモ可
Daedalus株式会社ロゴ

Daedalus(ダイダロス) の画像認識エンジン開発サービス Daedalus株式会社

Daedalus(ダイダロス) の画像認識エンジン開発サービスは、御社の課題に合わせた画像認識・解析AI技術を提案します。コンサルティング~開発案件まで一気通貫してソリューションを提供可能です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
ご要件に応じて要御見積もり - - -
株式会社QuackShiftロゴ

伴走型AI/ LLMソリューション 株式会社QuackShift

Quackshiftは、テキスト情報や画像情報などのデータを活用し、AI導入を通じて現場の業務プロセス改善や新規価値創出を実現するスタートアップ企業です。AIサービス構築や社内サービス等に迅速にAI技術を組み込むことができます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
70万円/月〜 なし なし あり
Fiby株式会社ロゴ

先端技術を最短経路で実装 AI 受託開発・導入支援 Fiby株式会社

Fiby株式会社が提供する「AI受託開発・導入支援」サービスは、お客様の課題を解決するための最適な提案を、豊富な実績と高い技術力で実現します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社リベルクラフトロゴ

AI・データ活用コンサルティング・受託開発支援 株式会社リベルクラフト

AI開発・導入からビジネスコンサルティング、書籍出版まで幅広い領域での実績があるデータサイエンティストが、AI・データ活用に関して川上から川下までフルラインナップでご支援いたします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
エーエヌラボロゴ

物流チェッカー 株式会社エーエヌラボ

株式会社エーエヌラボが提供する「物流チェッカー」は、出入りするトラックや荷物を監視カメラ映像から、荷物の種類と量、移動の軌跡、空きブロック位置をAIが自動判定・記録するサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
利用プラットフォームやカメラ台数、必要なチューニングの量によって別途見積となります。 利用プラットフォームやカメラ台数、必要なチューニングの量によって別途見積となります。 なし あり
Fastlabelロゴ

動画・画像解析AIモデル開発・コンサルティング FastLabel株式会社

FastLabel株式会社が提供するAIモデル開発・コンサルティングは、要件定義からモデル開発までを一気通貫でサポートし、精度改善KPI設定、課題洗い出しから実行までお客様のモデル精度改善にフルコミットします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社アイメソフト・ジャパンロゴ

AI 受託開発・導入支援 株式会社アイメソフト・ジャパン

株式会社アイメソフト・ジャパンが提供する「AI受託開発・導入支援」サービスは、お客様の課題を解決するための最適な提案を、豊富な実績と高い技術力で実現します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
TERASロゴ

TERAS AIカメラソリューション 株式会社オンザウェイ

〜短期間のレンタルも可能!手軽で身近なAIツールです!〜株式会社オンザウェイが提供する「TERAS」はカメラの映像をAIが分析し通過・滞留した人数を自動でカウントします。また、予め設定した閾値に基づきスマホやPCのアプリへ通知することも可能です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
単日利用:80,000円~
週間利用:100,000円~
月間利用:200,000円~
年間利用:150,000円~(月額)
※利用料金は、期間や台数に加えタイアップ契約の有無などにより大幅に変化します
なし なし あり
株式会社Eastgate Software Japan

生成AI開発 自然言語処理 画像/映像解析 株式会社Eastgate Software Japan

株式会社Eastgate Software Japanが提供する「生成AI開発 自然言語処理 画像/映像解析」はドイツ大手電機メーカー(シーメンス社)をはじめ、世界15カ国、製造や物流、金融など50社以上の企業様へ開発した実績があり、特に生成AIや自然言語処理 、画像/映像解析等の開発を得意としております。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり
株式会社GAUSSロゴ

AIカメラ「GAUDi EYE」 株式会社GAUSS

工事不要で誰でも簡単設置! 高精度のAI検知!

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
簡単1クリック資料請求 簡単1クリック資料請求

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

画像認識・画像解析機能比較表

製品名

画像認識AIソリューション

低コスト・短納期のAI受託開発

BlurOn

GROW-V

【現場に特化したAI】映像解析・画像解析総合ソリューション

機能

人検出・追跡、物体認識、3次元認識技術などの画像認識AIソリューションを用いて、幅広い業種、分野の課題解決を行っています。

15年間のAI資産を活かした低コスト・短納期のAI受託開発

映像編集のAI自動
モザイクソフトウェア
・検出精度99.7%
・テレビ番組や自動車業界などで採用
・作業時間を最大90%削減

AIによるカメラシステムでプラスチック成形中の異常を検知し成形機を制御し、金型破損と不良品流出を防ぎます。

Deep Learningを用いた、人にフォーカスする画像解析AI・自然言語処理AIとそれらを使った現場で動くIoTシステムです。

利用料金 お問合せください 処理枚数に応じた従量課金(クラウドソリューション)、オンプレミス対応、エンジンの一括提供など、ご要望に応じて柔軟に対応します。データ処理のみ希望する場合は、目安として写真一枚あたり数円程度とお考えください。 お問合せください お問合せください エッジマシン1台あたりライセンス利用料5万円/月(エッジマシンレンタル料含む)
初期費用 お問合せください 要相談(エンジン提供の場合のみ) お問合せください お問合せください 100万円~
無料プラン お問合わせください お問合わせください
無料
トライアル
お問合わせください
製品リンク 「画像認識AIソリューション」の
詳細はこちら
「低コスト・短納期のAI受託開発」の
詳細はこちら
「BlurOn」の
詳細はこちら
「GROW-V」の
詳細はこちら
「【現場に特化したAI】映像解析・画像解析総合ソリューション」の
詳細はこちら

画像認識・画像解析の機能・用語解説

AI・DX用語集
機能名・用語 解説
顔認識 人間の顔画像から目立つ特徴を抽出していく技術です。この技術を利用することによって、顔の識別を行ったり、似た顔の検索を行ったり、顔のグループ化を行ったりすることができるようになります。
画像キャプション生成 入力した画像内に何が映っていて、映るものがどのような状況かを判別し説明文を出力するものです。CNNと自然言語処理(RNN)を組み合わたものです。
画像処理 製造業などの外観検査では、適切な情報を抽出できるよう、画像データをフィルター処理します。代表的なものに「ノイズ除去」「明るさ調整」「エッジ強調」「コントラスト調整」などがあります。
画像認識 「その画像に何が写っているのか」を認識する技術のことです。パターン認識の一種で、近年は深層学習(ディープラーニング)という手法によってさらに精度が向上し、多様な分野での導入が進んでいます。
車両種別 AIを活用し、防犯カメラに写っている自動車の画像から車種を割り出していきます。各メーカーの車の画像データをAIに学習させることで、より高い精度での判別が可能になります。
セグメンテーション 画像のピクセル(画素)ごとに「どの物体クラスに属するか」という基準で分類していくタスクを指します。画像全体を対象にするセマンティックセグメンテーションなどがあります。
テンプレートマッチング 画像に映っている物体の位置を検出する「画像検出」のひとつです。検出したい物体の画像そのものをテンプレートとして、対象画像の一部分との類似性を、その領域をスライドしながら比較していきます。
バーコード 最も古い画像認識は、1940年代に活用され始めた「バーコード」です。バーとスペースの組み合わせによって、数字や文字を機械が読み取れるように表現したものを指します。
物体検出 画像内に含まれる対象の物体の位置を検出するための技術です。物体認識とは実行方法が異なりますが、対象となる物体の特徴を抽出する際に、その物体の「位置」も重要です。
物体認識 対象の物体と同一の物体が画像内に存在するかどうかを検証する技術のことです。画像に映っている物体のカテゴリを特定するなど、画像に含まれている物体の情報を抽出することができます。
簡単1クリック 簡単1クリック

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

画像認識・画像解析サービスの仕組み

画像認識は、コンピューターが画像から特徴量を抽出し、その特徴量をもとに「画像に映っているもの」の判断を行っていくという仕組みです。ただし、そのコンピューターの判断というのは、人間が行うものとは異なります。画像を表す「ピクセルデータ」というものに対して何かしらの演算を行い、特徴量を算出していくという数学的な方法なのです。

・ディープラーニングを利用した画像認識

画像認識では、CNN(畳み込みニューラルネットワーク)というネットワークモデルが頻繁に使用されます。このニューラルネットワークは、人間の脳内の神経回路網を表したニューラルネットワークの発展版であり、画像のピクセルデータを人間が抽象ベクトルに変換することなく、画像データのままの状態で特徴を抽出させるという特徴があります。

そんな畳み込みニューラルネットワークでは、初めに画像データの一部分にフィルターをかけて演算し、その領域のスライドを繰り返していく「畳み込み」を行って特徴マップの生成を行います。この処理を行うことで、画像が持っている局所的な特徴の抽出が可能になるのです。

そして、コンピューターは画像の特徴を繰り返し抽出して対象物の推測を行い、同時に正解データで答え合わせをしながら学習を重ねることで、画像認識の制度が向上されていくわけです。このような多層化されたニューラルネットワークの学習の仕組みを「ディープラーニング」と呼んでいます。

・Pythonを使った画像認識

近年、画像認識などをはじめとするAIのプログラミング言語は、Pythonが主流になってきています。Pythonとは、少ないコードで簡潔にプログラムを書くことができるという特徴があり、専門的なライブラリが豊富にあることも魅力のひとつです。そんなPythonは、コードを書きやすく、かつ読みやすくするために生まれたプログラミング言語でもあるため、誰が書いても同じようなコードになります。つまり、汎用性のあるプログラミング言語であるということです。

また、PythonはWeb上にも数多くのライブラリが存在しています。既存のライブラリを活用することによって、より効率的に自分が作りたいプログラムを作成できるのは大きなメリットといえるでしょう。ちなみに、Pythonによって開発されたアプリケーションの代表例としては、YouTube、Instagram、DropBox、Evernoteなどが挙げられます。

画像認識・画像解析サービス導入のメリット・デメリット

画像認識・画像解析サービスを導入すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。また、どのようなデメリットが生じる可能性があるのでしょうか。メリット・デメリットをそれぞれ詳しくみていきましょう。

画像認識・画像解析サービス導入のメリット

・人的リソース不足の解消

大きなメリットの一つとして挙げられるのが、「人的リソース不足を解消できる」という点です。画像認識・画像解析サービスを導入すれば、手作業で行っていたものを自動化できるようになるため、より「手作業でなければならない業務」に力を注げるようになります。

少子高齢化に伴う人手不足が深刻化している昨今において、業務効率化・生産性向上を実現できる点は、大きなメリットといえるでしょう。

・コストの抑制

画像認識・画像解析サービスは、コストの抑制に繋げられる点もメリットの一つです。適切な戦略のもと画像認識・画像解析を導入・活用すれば、導入費用とランニングコストの総額が人件費を下回るため、業務効率化とコスト抑制の両立を実現できます。

・セキュリティ面の強化

画像認識・画像解析サービスを活用すれば、データを一箇所に集約できるようになるため、情報漏洩のリスクも抑えられるようになります。手作業でデータを活用していくとなると、どうしても書類の紛失というリスクが付き纏いますが、画像認識・画像解析サービスはセキュリティ面も強化されているため、情報漏洩のリスクを抑えられるのです。

画像認識・画像解析サービス導入のデメリット

・認識精度を完璧にすることはできない

画像認識・画像解析サービスを導入したとしても、認識精度を完璧にすることはできません。そのため、「できる限り高い精度を実現するための作業」が必要不可欠となります。AIは、蓄積されたデータの質・量によって精度が変化するため、より多くの良質なデータを蓄積していくことが大切です。

その「データ収集作業」が必要になるという点は、あらかじめ把握しておく必要があるでしょう。最近では、データの収集作業まで任せられるサービスも多くなってきています。

・導入コストがかかる

画像認識・画像解析サービスを導入するには、さまざまなコストがかかります。特に、導入にかかるイニシャルコストが大きくなる点は、一つのデメリットといえるでしょう。ただし、適切な戦略のもと運用を行えば、導入コスト以上の成果に繋げられる可能性も十分にあるため、一概にデメリットと考える必要はありません。

・AIバイアスの問題

AIは、アルゴリズムによるバイアス(偏り)が原因となり、人種差別や性差別につながってしまうというトラブルも発生しています。人間社会のバイアスがAIに反映されてしまうケースもある点は、一つの注意点といえるでしょう。

こういったトラブルを未然に防ぐためにも、AIが適切な情報を学習できているか定期的にチェックすることが重要になります。

画像認識・画像解析サービス導入までの注意点

近年、ディープラーニング技術が飛躍的に進歩した事によりAI(人工知能)を活用した画像認識や画像解析のサービスが増えています。「AIによる画像認識・画像解析を導入し業務を効率化したい」「精度を高めたい」と考えられている方も多いですが、画像認識・画像解析技術にはまだ課題が残されており、過度に期待されている側面があることも事実です。そのため、導入前の注意点として下記を確認しておくことをおすすめします。

画像認識・画像解析AIの導入にあたり業務に必要な精度を考慮する

AIによる画像認識・画像解析は確かに急速な進展を遂げていますが、その精度が100%であると考えることは危険です。精度を高めるためには、時間と工数をかけて学習をさせる必要があります。そのため、導入を検討している業務にはどの程度の精度が必要なのか、誤認識があった場合はどう対応するのかを事前に考えておくことが必要になります。

AIを使う必要性を検討する

AIは適切に使用することで大幅に業務効率化を推し進めることができます。但し、導入にともない従来では必要のなかった業務や設備が求められる為、下記のようなコストやリソースがかかります。

  • 大量の学習データの準備
  • AI稼働に必要なマシン
  • AIを運用するための人材確保
  • オペレーションの見直し

そのため、事前に導入のコストと得られる効果を比較し、AIを使う必要性について検討しておくことが重要です。

画像認識・画像解析AIサービスの選び方

画像認識・画像解析サービスの導入を検討する際、どのようなポイントに着目して選べば良いのでしょうか。ここからは、画像認識・画像解析サービスの選び方について詳しくみていきましょう。

目的や課題の明確化

画像認識・画像解析サービスを導入する際は、はじめに「どのような課題を解決したいのか」という目的を明確化することが大切です。目的が明確化されていれば、目的解決に必要となる機能も明確になるため、サービス選びがスムーズに進みます。

本来必要な機能が搭載されていないサービスを選んでしまうと、導入自体が失敗に終わってしまうリスクも高まるため、しっかりと目的・課題を明確化した上でサービスを検討していきましょう。

適切な画像認識・画像解析サービスを選択

現在は、さまざまな種類の画像認識・画像解析サービスが存在しており、それぞれ搭載している機能も異なります。そのため、自社にとって適切な機能を搭載した画像認識・画像解析サービスを選択することが極めて重要です。

サービスごとに料金も異なるため、「予算が少ないからとりあえず安いサービスを導入しよう」といった考えで導入してしまうと、導入自体が失敗に終わる可能性もあります。そのような事態を避けるためにも、「適切な機能が搭載されているかどうか」という点に目を向けるようにしましょう。

画像認識・画像解析AI検討時のポイント

画像認識・画像解析AIを検討する際には、導入する業務を絞り、それに合った機械学習のタイプを選定するようにしましょう。

 

導入する業務を選定する

画像認識・画像解析AIには得意分野と不得意分野がありますので、AIが得意とする分野に絞って導入することをおすすめします。

AIは以下の作業が得意です。

  • 膨大な量の定型作業
  • 学習データから共通した細かい特徴を抽出し分類する作業

反対に以下の作業は不得意な分野です。

  • 数値化が難しい感情の処理
  • まだ学習データが少ない業務

これらが当てはまる場合は、AIの導入はまだ難しいでしょう。

 

機械学習のタイプを選定する

画像認識・画像解析AIの精度は、「機械学習」という技術によって高められます。機械学習は「教師あり学習」「教師なし学習」の2タイプに分類でき、何を認識したいのかによって学習タイプを使い分ける必要があります。

教師あり学習

学習データに 、正解にあたる「教師データ」を与えて学習させる手法です。例えば、不良品か否かが分かっているクラス分けがされた大量の製品画像から不良品の特徴とクラスの関係を学習させると、クラス分けされていない製品画像を与えられても不良品を検出できるようになります。不良品を検出したいという明確な目的がある場合は、「教師あり学習」を用います。

教師あり学習

教師なし学習

学習データに正解(教師データ)を与えずに学習させる手法です。例えば、大量の製品画像を教師なし学習で学習すると、製品の特徴から似ている製品を導きグループ分けできるようになります。教師あり学習のように、不良品か否か等のクラス分けの情報は与えられていないため、分類したグループがなにを示すのかを判別している訳ではありません。大量の画像をAIに分類させたい場合は、教師なし学習を用います。

教師なし学習

画像認識・画像解析AI比較表

アイスマイリーでは、画像認識・画像解析AI選びの際に役立つ「画像認識・画像解析AI製品の料金や機能比較表」を無料で配布しております。この資料は、画像認識・画像解析AIの比較や検討がしやすいよう、製品別に特徴なども一覧化しています。導入を検討の際には、是非こちらの画像認識・画像解析AI比較表をご活用ください。

画像認識・画像解析AI比較表

画像認識AI比較表資料を無料でダウンロードする

画像認識・画像解析AIのカオスマップ

数ある画像認識・画像解析AIの中から、自社の課題や導入の目的にあった画像認識・画像解析AIを選び出すのは容易ではありません。そんな時に役立つのが、業種別にセグメントされた画像認識・画像解析AIカオスマップです。

画像認識・画像解析AIのセグメント別製品一覧
上記をご覧いただくと分かるように、画像認識・画像解析AIは大きく分けて14つにセグメントできます。この便利なカオスマップは、以下の「画像認識AIカオスマップを無料でダウンロードする」ボタンより無料でダウンロードできます。

画像認識AIカオスマップを無料でダウンロードする

画像認識・画像解析サービス導入開始時のポイント

画像認識・画像解析サービスの導入開始に伴い注意すべきポイントは、どのような点なのでしょうか。サービス導入開始時のポイントを詳しくみていきましょう。

特徴を抽出しやすい画像を大量に用意し学習させる

先述したように、画像認識・画像解析の精度を高めるためには学習させることが不可欠です。学習データとなる画像は、抽出したい特徴以外の要素(光の当たり方や画像の品質等)にばらつきがでないようにし、分類対象をはっきりと映し、それ以外の余計な情報が入らないようにすると特徴を抽出しやすくなります。このような画像を大量に学習させ精度を上げましょう。

社会性・倫理性の問題をクリアする仕組みづくり

AIは人間が用意した学習データをもとに学習し作業をしますが、社会性・倫理性においては人間と同じように思考したり判断したりすることができません。そのため、ときに意図せずAIが間違った判断をしてしまい、差別につながる恐れがあります。

このような差別の多くは学習データにバイアスがかかることにより生じると言われており、バイアスを防ぐためには公平なデータを揃える必要があります。しかし、現実には大量のデータを集めることが難しい場合もあるため、画像認識・画像解析のガイドラインにプライバシーの保護や倫理チェックを反映させる等、社会性・倫理性の判断を人間が行えるような仕組みを作ることが求められるでしょう。

画像認識・画像解析サービス導入後のポイント・運用のコツ

目的を明確化して適切なサービスを選択し、上記の導入開始時のポイントに注意しながら運用を行えば、画像認識・画像解析サービスの活用が一気に成功に近づきます。ただし、サービス導入後にも気をつけるべきポイントは存在するため、注意しましょう。

AIの運用を始めてしばらくすると、AIの認識精度が落ちてしまうことがあるため注意しなければなりません。精度が落ちてしまう原因として、学習させた時点と比べて周囲の環境(明るさやカメラの位置)が変化してしまうことで、学習した特徴からの類推が難しくなることなどがあります。

そのため、安定した運用のためには学習データを定期的にアップデートしたり、環境に変化が出ないよう整備したりすることが大切です。

また、画像認識・画像解析AIの技術は進歩の速度が非常に早いため、導入時にはできないとされていたタスクが運用を始めた後にできるようになっている可能性も高い分野です。そのため常に最新技術を把握し、運用に活用していくとよいでしょう。

ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にしながら、画像認識・画像解析サービスを導入・活用してみてはいかがでしょうか。

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

無料
全サービス資料請求

資料請求エリアを閉じる

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

簡単1クリック資料請求
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。
実際のメールマガジン内容はこちらをご覧ください。