DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

教師データ作成
のサービス比較と企業一覧

一括資料請求なら、導入の比較検討が
スムーズに行えます!

利用料金・初期費用・無料プラン・トライアルの有無などを、一覧で比較・確認できるページです。サービスを比較・検討後、希望条件に合うものが見つかりましたら、下記のボタンよりご請求いただけます。

最終更新日: 2024/01/09

教師データ作成とは?

教師データ作成は、教師あり学習に必要な正解のデータを作成することです。社内に蓄積されたデータや、動画内の画像データなど、AIの用途によって異なる方法で正解のデータを作成して、教師あり学習を進めるために必要な情報を集めていきます。

教師あり学習は、「学習」「認識・予測」という2つのプロセスによって成り立っています。1つ目のプロセスである「学習」では、正解のデータを用いてルールやパターンの学習を行っていきます。そして2つ目のプロセスである「認識・予測」では、新しくインプットされた「まだ正解がわからないデータ」に対して、これまでに学習したデータを用いて認識・予測を行っていきます。

最近では、教師データの作成を代行してくれるサービスなども増えています。教師あり学習を成功させるためには、十分なデータ量と質の両方が必要なため、データの収集は簡単ではありません。代行サービスを使うことで、より効率的にAIを構築していくことができます。
もっと見る

教師データ作成サービス・企業一覧

NEW
富士ソフト株式会社ロゴ

AI開発効率化ソリューション「自動アノテーションサービス」 富士ソフト株式会社

-AIモデル開発の問題を AIで解決します-富士ソフトが提供する「自動アノテーションサービス」は、高品質なアノテーションデータを自動で作成し、かつ学習効果に応じてデータをレベル分けする機能「学習寄与度」によりAIモデル開発の効率化に貢献します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
個別見積り なし なし なし
ピクスタ株式会社 ロゴ

画像・動画データ作成アノテーション ピクスタ株式会社

ピクスタの機械学習用画像・動画データ提供サービスは、データ収集とアノテーション代行をワンストップで提供。国内最大級の素材サイト『PIXTA』の強みを活かし、商用利用可能なデータでAI開発を支援します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
「日本人人物データセット」は、1,000点 90,000円(税抜)〜
オーダーメイドの場合はご要件に基づき、個別見積
なし あり(データセットのサンプルを一部無料提供) あり(データセットのサンプルを一部無料提供)

TASUKIアノテーションツール ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社が提供する「TASUKIアノテーションツール」は、アノテーション作業の課題を解決し、効率的で確実な作業を実現するためのツールです。豊富な自動アノテーション機能やWeb同期作業、安心のセキュリティという特徴を備えており、アノテーションを内製で実施したいお客様の幅広いニーズに対応しています。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください あり
株式会社World Standardロゴ

高品質アノテーションラボサービスAnnotators 株式会社World Standard

オフショア環境による圧倒的なコストパフォーマンス(2円~/Bbox)と 数々のBPO業務から培ったプロジェクト体制による高品質なデータ作成を特徴としたアノテーションサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
1Bbox2円~( 案件の詳細をお伺いしお見積りいたします ) お問合せください なし なし
Audio コーパス データセットロゴ

audioコーパス データセット audioコーパス株式会社

audioコーパス株式会社が提供する「audioコーパス データセット」は、発話音声および書き起こしテキストに、タグなどを付与したデータセットのパッケージ商品となります。 お好きな発話カテゴリよりお買い求めいただけます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
1分当たり350円(※データセット内容:wav/txt/eaf) 0円 サンプルデータをご提供します あり
アッペンジャパン株式会社rogo

AIモデル作成のためのトレーニングデータの生成・データアノテーション アッペンジャパン株式会社

音声データでは170カ国、235以上の言語や方言への対応実績があり、音声データの収録、文字起こしなどを行います。画像・動画についても人物や建物、故障や異常検知のための対象物の収録、各種パラメーターのアノテーションやラベルの付加を行います。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
別途お見積りによる
(日本語の音声収録の場合、目安は1時間の音声収録あたり、スクリプトの提供なしで約1.5万円が目安。画像データ収録は対象物、収録場所により異なりますが、1イメージあたり1,000円がひとつの目安)
特に制限なし なし なし
TASUKI Annotationロゴ

TASUKI Annotation ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社が提供する「TASUKI Annotation」は社内データの構造化の代行により、RAGの検索精度向上の支援を行います。特に、ChatGPT等のLLMが解釈を苦手としている図表などの情報も回答させることが可能になります。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
案件詳細を伺ってお見積りいたします。 なし なし なし
Fastlabelロゴ

生成AI向け「LLM開発用日本語データセット作成代行サービス」 FastLabel株式会社

FastLabel株式会社が提供する「LLM開発用データセット作成代行サービス」はLLMに特化したプロフェッショナル人材を登用しており、日本語のQ&Aなどのデータをゼロから作成することで権利リスクがない高品質なデータセットをご提供いたします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社ライトカフェロゴ

画像・文章アノテーションサービス 株式会社ライトカフェ

AI構築に必要なアノテーション作業を精緻かつ単価を抑えた形でご提供いたします。またシルバー人材を活用しておりますので社会/地域に貢献しており、発注企業様のSDGsへの貢献にも寄与します。高品質かつ低価格の画像・文章のアノテーションサービスです。忍耐強く高い教養を持つシルバー人材(日本人)が、現役エンジニア監督のもと、精緻かつ単価を抑えた形でアノテーションサービスを提供します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
株式会社キャリアマムロゴ

データ収集・アノテーションサービス 株式会社キャリア・マム

株式会社キャリア・マムが提供する「データ収集・アノテーションサービス」は、20年以上のBPO経験が活きたサービスです。11万人の会員の中から迅速に専門チームを編成し、トリプルチェック体制により高品質なデータを提供します!

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください 30,000円 なし お問合せください
DAI Labs株式会社ロゴ

DAI Labsの研究開発サービス DAI Labs株式会社

DAI Labsが提供するAI研究開発サービスは、業務効率を向上させ、新規価値を創出するためのAI構築を迅速に実現させます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
Nextremerロゴ

Nextremerアノテーションサービス 株式会社Nextremer

株式会社Nextremerが提供する「Nextremerアノテーションサービス」は、最高品質のデータアノテーションでAIアルゴリズムの真の価値を引き出すします

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
データ量、納期に基づく価格設定 なし なし なし
YAZAKIロゴ

YAZAKIの画像アノテーションサービス 矢崎総業株式会社

80年を超える品質管理の実績が約束する、信頼性の高いアノテーションを提供します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
分類:¥5~
短形:¥10~
キーポイント: ¥7~
※料金は要件によって異なるため、お見積もりください
初期費用無し なし あり

TASUKI アノテーション ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社が提供する「TASUKIアノテーション」は、AI開発に使用する教師データの収集・加工サービスです。画像/自然言語/音声等/様々なアノテーションに対応しています。ソフトバンクのAIエンジニアの豊富な開発経験をもとに、さくっと頼めて、高品質な成果を生み出すアノテーション代行システムを構築しています。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
60円/件~(案件詳細を伺ってお見積りいたします。) なし なし あり
株式会社APTOロゴ

harBest for Data 株式会社APTO

課題設定からプロジェクトの全体設計まで、 AI実装をサポート。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
通常ユーザ/Proユーザ
収集: 5円~/ 7円~
分類: 2円~/ 3円~
短形: 5円~/ 6円~
多角形: 10円~ / 15円~
塗潰し: 20円~ / 30円~
AI開発に関わるデータ作業は多岐にわたる為、個別見積りとなります。
0円(フリープランお申込で1,000point付与のキャンペーン実施) あり あり
FastLabel

FastLabel FastLabel株式会社

FastLabel株式会社が提供する「FastLabel」は、データ品質99.7%を実現する高品質な教師データ作成サービスです。データ収集やデータ生成も可能で、AI開発の課題となっている教師データ不足を解決します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
データ量に基づく明確な価格設定。オフショアも可能でコストを最適化できます。 なし あり あり

Datatang AIアノテーションサービス Datatang株式会社

Datatang株式会社は、世界トップクラスのAIデータサービスプロバイダーです。AI(人工知能)の学習用データ整備に特化しております。画像、音声、テキスト、動画など2.5PB以上のアノテーション済みデータを保持、またカスタマイズデータの収集と自動化技術を利用したアノテーションサービスを提供しております。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
少量でもOK、ご要件に基づき、個別見積 なし AI学習用データサンプル無償提供 AI学習用データサンプル無償提供
簡単1クリック資料請求 簡単1クリック資料請求

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

教師データ作成機能比較表

製品名

FastLabel

生成AI向け「LLM開発用日本語データセット作成代行サービス」

harBest for Data

機能

データ品質99.7%を実現する高品質な教師データ作成サービス

LLMに特化したプロフェッショナル人材を登用しており、日本語のQ&Aなどのデータをゼロから作成することで権利リスクがない高品質なデータセットをご提供いたします。

特許出願済の品質自動評価機能を用い、画像・動画・文章・音声などデータ作成をWebで簡単に発注出来るアノテーションサービス。

利用料金 データ量に基づく明確な価格設定。オフショアも可能でコストを最適化できます。 お問合せください 通常ユーザ/Proユーザ
収集: 5円~/ 7円~
分類: 2円~/ 3円~
短形: 5円~/ 6円~
多角形: 10円~ / 15円~
塗潰し: 20円~ / 30円~
初期費用 なし お問合せください 0円(フリープランお申込で1,000point付与のキャンペーン実施)
無料プラン お問合わせください
無料
トライアル
お問合わせください
製品リンク 「FastLabel」の
詳細はこちら
「生成AI向け「LLM開発用日本語データセット作成代行サービス」」の
詳細はこちら
「harBest for Data」の
詳細はこちら

教師データ作成サービス導入前の注意点

教師データ作成サービスを円滑に導入するためには、データ収集とアノテーションの作業が必要です。教師データ作成では、まず素材となるデータを収集します。収集する対象のデータは、画像・動画・音声・テキストなど多岐に渡ります。質の高いデータを大量に用意するようにしましょう。

次に、そのデータに適切な情報を付加する作業が必要です。この作業はアノテーションと呼ばれ、AIの精度を左右する重要な作業です。

アノテーションの要件を明確にするためには、アノテーションの種類・対象物・作業のルールを検討しなければなりません。ここからは、アノテーションの種類や教師データの種類などをご紹介していきます。

画像アノテーションの種類

画像アノテーションの種類としては、主に以下の5つが挙げられます。

・物体検出(バウンディングボックス)

画像・動画の中に映っているものを検出し、言葉に意味を付けていくという手法です。

・領域抽出(セグメンテーション)

特定の領域を選択して、タグ付けを行っていく作業のことです。

・多角形での領域指定(ポリゴンセグメンテーション)

画像・映像に映った物体の領域を多角形で囲っていくアノテーション手法のことです。

・目印の検出(ランドマークアノテーション)

顔認識において多く利用されるアノテーション手法です。顔の表情から感情を読み取るAIなどで多く用いられます。

・画像分類

1枚の画像にタグ付けを行っていくシンプルな手法です。

教師データの種類

AIには、機械学習という要素技術が存在します。その機械学習は、データの種類や状況などに応じて「教師あり学習」「教師なし学習」「強化学習」という3つに分けることができ、教師データは「教師あり学習」において必要となるデータとなるわけです。

教師あり学習とは、その名の通り、教師となるデータをもとに学習していくものであり、不明なデータを持ち寄った場合には正解を教えてくれるというイメージで問題ありません。そのため、正解となるデータを大量に学習していくことで、新しいデータにも対応することができるようになるのです。

そんな教師あり学習は、「学習」「認識・予測」という2つのプロセスによって成り立っています。1つ目のプロセスである「学習」では、正解のデータを用いてルールやパターンの学習を行っていくわけです。そして2つ目のプロセスである「認識・予測」では、新しくインプットされた「まだ正解がわからないデータ」に対して、これまでに学習したデータを用いて認識・予測を行っていきます。

教師データ作成サービスの選び方

では、教師データ作成サービスを導入する場合、どのような点に着目して選んでいけば良いのでしょうか。ここからは、教師データ作成サービスの選び方についてご紹介していきます。

作業ルールを統一する

教師データの品質を保つために「作業ルール」は統一しましょう。作業ルールがアノテーターごと異なっていると、データの品質にばらつきがでてしまいます。作業ルールの統一化を図る方法には、ガイドラインの作成があります。

ガイドラインには、作業ルールや作業時の注意点を取り纏めるようにしましょう。また、作成したガイドラインは、チーム全員で共有しておくことも重要です。

作業ルールの統一

ガイドラインを自社で作成しサービス提供会社に支給するのか、ガイドラインの作成も含めて依頼するのか、自社の知見や予算に合わせて判断すると良いでしょう。

データの収集方法を検討する

まずは、データをどのような方法で収集するか検討していきます。代表的な方法としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

・社内に蓄積されたデータを活用する

社内には顧客データや売り上げデータ、文書データ、機械のセンサデータなど、さまざまなデータが蓄積されています。それらを活用してAIに学習させることで、より業務効率化を推進することができるでしょう。

・動画から画像データを収集する

画像データを必要とするAIを構築する場合には、動画から画像データを集める方法が有効です。そもそも動画は、画像データをパラパラ漫画のように連続で表示させてアニメーションにしたものであるため、フレームレートが30fpsの30分の動画からは約5万4,000枚の画像データが収集できます。

・データセットやコーパスを購入する

専門知識を持つ担当者が存在しない場合には、社内で教師データを作成していくのが難しいケースもあるでしょう。教師データ作成は、AI開発における最大の関門と言っても過言ではないほどハードルが高く、多くの時間を費やさなくてはなりません。無理に教師データ作成を自社で進めようとしてしまうと、大幅な時間ロスが生じてしまう可能性もあるのです。

そのため、できるだけ効率的に教師データ作成を進めていくために、データセットやコーパスを購入するというのも一つの手段です。

データの収集量を定める

AIの精度を向上させる上で、教師データの収集は欠かせません。AIが分析・予測を行うためには、正解となるデータが必要になるからです。そのため、教師データが多くなるほど、AIの精度も向上していくと考えられています。

しかし、データの量だけが多ければ良いというわけでもありません。教師データをもとに学習を行っていく以上、正解となるデータの質が悪ければ学習精度も低下してしまうからです。AIの学習には多くの時間を要するため、質の低いデータを用いてしまうと、その学習時間がすべて無駄になってしまう可能性も否めません。

そこで必要となるのが、訓練データとテストデータの2つです。手持ちのデータをすべて学習用データとして使用すると、過度に適合したモデルが出来上がってしまい、逆に精度が低下してしまうことも少なくありません。こういった「過学習」と呼ばれる減少を避けるためにも、訓練データとテストデータに分けることが重要です。

サービス導入の費用感を知る

サービスを検討する際に気になるのが費用です。一般的に、教師データ作成サービス費用の内訳は「業務委託費」「品質管理費」「プロジェクト管理」に分けられます。ここでは、それぞれの内訳について説明します。

・業務委託費

業務委託費の大半を占めるのが、教師データ作成にかかる人件費です。業務委託費は、対象データの種類やアノテーションの要件によって変動します。また会社によって料金設定も異なるため、複数の会社を比較・検討し相場を把握することをおすすめします。

また依頼する量が多い場合は「ボリュームディスカウント」が適用される会社もありますので、併せて確認すると良いでしょう。

・品質管理費

教師データの作成には膨大な量のアノテーションが必要になるため、アノテーション業務の品質を一定水準に保てるよう品質管理を行うことが重要です。品質管理の方法は、主に以下の3つに分けられます。

品質管理の方法

予算との兼ね合いも大切ですが、教師データの品質が一定水準に満たないとAIの精度が上がらないことも考慮しなければいけません。価格の安さのみに注目せず、品質も考慮した上で自社に合った管理方法を選択すると良いでしょう。

・プロジェクト管理費

プロジェクト管理費には、プロジェクトの進捗管理や人材管理が含まれます。プロジェクト管理を自社で行える場合は、内製化することで予算を抑えることができます。自社内にプロジェクトを管理するノウハウやリソースがない場合は、外部に任せることも検討しましょう。

プロジェクトの管理では、自社内のリソース状況に応じて依頼範囲を見極めることが重要です。

以上のように、教師データ作成サービス費用は「何を依頼するのか」「どこまでの範囲を依頼するのか」などの条件により変動します。自社で担当する範囲と依頼する範囲を検討し、複数の会社を比較することが大切です。

セキュリティ対策の確認

教師データの作成のために使用するデータは、個人情報が含まれることも多いためセキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

セキュリティ対策イメージ

教師データ作成サービスの中には、クラウドワーカーやオフショアを利用している会社も少なくありません。クラウドワーカーやオフショアを利用しているサービスの場合は、「どのようなセキュリティ対策をしているのか」「情報漏えいへの対策がきちんと施されているか」など、提携している個人や委託先からを確認しておくと良いでしょう。

クラウドワーカーとは業務の発注者と受注者を仲介するサービス「クラウドソーシング」を用いて働く人のこと
※オフショアとは…海外の提携先に業務を委託すること

著作権の確認

教師データの作成を行うためには、大量の生データや生データをもとに生成した学習用データセットが必要です。その際に、文章や画像、動画といった著作物(生データ)を利用することもあるでしょう。

著作権法上、著作権者の許可なく無断で著作物を利用(ダウンロードや改変等)することはできません。ただし、現在の著作権法には第三十条の四が存在するため、AIの開発を目的とした場合であれば、一定限度で著作権者の許諾なく著作物を利用することができます。著作権法における「第三十条の四」の条文は、以下の通りです。

(参考)著作権法 第三十条の四
第三十条の四 著作物は、次に掲げる場合その他の当該著作物に表現された思想又は感情を自ら享受し又は他人に享受させることを目的としない場合には、その必要と認められる限度において、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該利用の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りではない。

また、教師データを集める上では、プライバシーへの配慮も必要です。特に、画像データや動画データを扱う際には、本人が気付かぬうちにパーソナルデータを収集してしまうというプライバシー侵害のリスクもあるため、注意する必要があります。

より大量の教師データを収集したほうが高精度のAIを構築できるわけですが、ただ大量に教師データを集めれば良いというわけではありません。場合によっては、プライバシー侵害に該当してしまうケースもあるため、注意しながら進めていく必要があるでしょう。

条件に合うサービスを選定する

ここまでにご紹介した条件を照らし合わせながらサービスを選定すると、教師データ作成サービスの導入に失敗するリスクを抑えることが可能になります。なお、アイスマイリーでは、教師データ作成サービスの選定に役立つDX雑誌やサービス比較表なども無料でお配りしていますので、ぜひこちらも併せて参考にしてみてください。

DX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」

アイスマイリーでは、AIを開発する際に必要不可欠なアノテーションの事例やユースケースを紹介したDX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」を無料で配布しています。

本資料では、実績のあるAI企業5社が画像データのアノテーションをメインにアノテーション作業のコツを踏まえながら事例やユースケースを紹介していきます。

AIデータ作成を検討される際には、ぜひこちらのDX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」をご活用ください。

DX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」DX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」をダウンロードされたい方は[DX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」を無料でダウンロードする]ボタンより無料でダウンロードできます。

お問い合わせ内容欄に「AI教師データ作成のキーポイント」と記載の上、送信してください。

DX雑誌「AI教師データ作成のキーポイント」を無料でダウンロードする

教師データ作成サービスの比較表と掲載サービス7選

数ある「教師データ作成サービス」の中から、自社の課題や導入の目的にあった「教師データ作成サービス」を選び出すのは容易ではありません。そんな時に役立つのが、サービスの種類別にセグメントされた教師データ作成サービスAIカオスマップです。

教師データ作成サービス比較表と掲載サービス7選を無料でダウンロードする

この便利なカオスマップを含む教師データ作成サービス比較表と掲載サービス7選は、以下の「​​教師データ作成サービス比較表と掲載サービス7選を無料でダウンロードする」ボタンより無料でダウンロードできます。

教師データ作成サービス比較表と掲載サービス7選を無料でダウンロードする

教師データ作成サービス導入後の運用のポイント

教師データ作成サービスを円滑に導入するためには、データ収集とアノテーションの作業が必要です。そのため、画像アノテーションの種類や教師データについて、正しく理解しておく必要があります。

また、企業によって予算も大きく異なるため、導入前の段階でサービス導入の費用感も理解しておくと良いでしょう。

なお、教師データ作成サービスは導入がゴールではありません。運用していく中で「AIの精度がなかなか上がらない」「精度が下がってきた」といったことも起こり得ます。このような時のために、下記の運用のポイントを押さえておくと良いでしょう。

教師データ作成ガイドラインを改善する

教師データ作成の際には、通常ガイドラインを作成しチームで共有します。AIの精度に問題が発生した際は、以下を確認してみましょう。

  • チーム内でガイドラインを順守できているか
  • 現場で扱うデータに変化はないか
  • 既存のガイドラインでは対応しきれない状況はないか

ガイドラインの改善

教師データ作成はAIの精度維持・向上において非常に重要なパートです。定期的に「ガイドラインを順守できているか」や「アップデートの必要がないか」を見直すと良いでしょう。

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

無料
全サービス資料請求

資料請求エリアを閉じる

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

簡単1クリック資料請求
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。
実際のメールマガジン内容はこちらをご覧ください。