DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

Web接客ツール
のサービス比較と企業一覧

一括資料請求なら、導入の比較検討が
スムーズに行えます!

利用料金・初期費用・無料プラン・トライアルの有無などを、一覧で比較・確認できるページです。サービスを比較・検討後、希望条件に合うものが見つかりましたら、下記のボタンよりご請求いただけます。

最終更新日: 2023/12/26

Web接客ツールとは?

Web接客とは、ECサイトに訪れたユーザーに対し、実店舗で接客を受けるのと同じように一人ひとりに適切なコミュニケーションを行い購買に繋げることをいいます。

例えば、表示する商品をユーザーによって出し分けたり、レコメンドしたり、購入を迷っているユーザーに対して適切なタイミングでクーポンを表示するなどして、離脱防止、購入率(CVR)アップ、売上高アップといった具体的な成果をあげていきます。このような成果をあげるサイト上の様々な施策を、人に替わって自動で行ってくれるのがWeb接客ツールです。

中でも近年、AI搭載型のWeb接客ツールが増えており、ユーザー対応や属性・行動履歴などのデータをAIが解析する高性能なWeb接客ツールが数多く登場しています。Web接客ツールは、ツールによって機能や実現できる内容に大きな違いがありますので、自社のECサイトの課題は何か、どんな結果を実現したいのかという観点から、それぞれのツールの違いを充分に比較検討することが重要です。
もっと見る

機能・用語解説

Web接客ツールサービス・企業一覧

ソーバル株式会社ロゴ

生成AI活用エンジニアリングサービス ソーバル株式会社

ソーバル株式会社が提供する「生成AI活用エンジニアリングサービス」は、お客様の課題を聞かせて頂き、生成AIを活用したシステム開発によって、課題解決を支援させて頂くサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり
Niuman AIロゴ

Niuman AI 株式会社ニュウジア

海外にて多数の導入実績があることでサービスの安定性が高く、導入企業の経営の合理化や売上の増加などへの寄与を実現しています。株式会社ニュウジアが提供する「Niuman AI」は様々なビジネス分野での活用が可能です。 ・多言語対応 ・ショップアシスタント ・企業の広報、観光案内 ・モデルやイメージキャラクター AIデジタルヒューマンには病気もケガもなく、24時間365日稼働し続けます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
1分500円~ デフォルトアバターか貴社オリジナルアバターか等により応相談 なし なし
FUNNELロゴ

FUNNEL(ファネル) Lighthouse株式会社

Lighthouse株式会社が提供する「FUNNEL」は、問合せ対応を自動化するチャットボットです。ChatGPTが独自データを学習することで問合せ対応や接客を自動化します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり
パーソル プロセス&テクノロジー株式会社ロゴ

AIキャスティ ホープリヴス株式会社

ホープリヴス株式会社が展開する「AIキャスティ」は、仮想人物のインフルエンサーを創り上げ、オリジナルAIインフルエンサーとして商品・商材の集客、購買率UPをサポートいたします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
¥10.000~ ~¥50,000(但し、人物指定しない場合は無料) なし なし
GENIEE CHATロゴ

GENIEE CHAT 株式会社ジーニー

株式会社ジーニーが提供する「GENIEE CHAT」は、エントリーフォームをチャット型にすることでUI/UXを改善しフォームの離脱率減少、CVR向上させるマーケティング支援のチャットEFOツールです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
従量課金型 0円 なし なし
GENIEE_ENGAGEロゴ

GENIEE ENGAGE 株式会社ジーニー

株式会社ジーニーが提供する「GENIEE ENGAGE」は、今まで機会損失してしまっていた検討度の高いユーザーに対して再アプローチを行い、コンバージョン向上へと繋げるリマインドツールです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
従量課金型 0円 なし なし
AI搭載・自動英文校正ツールTrinkaロゴ

AI搭載・自動英文校正ツールTrinka Crimson Interactive Pvt. Ltd(クリムゾンインタラクティブ)

Trinkaの高度な英文校正エンジンが、微妙なニュアンスをくみ取り、技術的にも正確な文章に仕上げます。クラウド、ブラウザ、Word、あるいはワークフロー・アプリ内といった必要な場所でリアルタイムでの強力な英文法チェックを可能にします。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
■Trinka Cloud
1ユーザー|月払い 20ドル/年払い 80ドル
■Trinka API
お問合せください
※日本法人とのご契約、日本円でお支払いいただくことが可能です。
■Trinka Cloud
無料(カスタマイズが必要な場合は別途ご相談)
■Trinka API
お問合せください
あり あり

AI suite(エーアイスイート) 株式会社NTTドコモ

AI suite(エーアイスイート)は、テキスト情報の解析に加えて音声・映像情報やヒトの知性・感性を踏まえた解析を可能にするさまざまなAI技術をプライベートAPIとしてご利用いただけるAIプラットフォームAPIサービスです。AIサービス構築や社内サービス等に迅速にAI技術を組み込むことができます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
要件によって異なりますのでお問い合わせください 要件によって異なりますのでお問い合わせください なし 要件によって異なりますのでお問い合わせください
Zendeskロゴ

Zendesk 株式会社Zendesk

株式会社Zendeskが提供する「Zendesk」は、世界10万社以上が利用するカスタマーサービスプラットフォームです。あらゆるチャネルからの問い合わせを一元管理し、オムニチャネルで一貫性のある優れた顧客体験を実現できます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額約2,800円〜
※ユーザー課金
なし なし あり

チャットボット 株式会社 pluszero

株式会社 pluszeroが提供する「チャットボット」は、サイト・アプリ上の顧客からの質問・申込対応を自動対応するチャットボットの開発・導入や、コールセンターのオペレータの質問回答をサポートするチャットボットの開発・導入を行います。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし

HUE Chatbot 株式会社ワークスアプリケーションズ・システムズ

株式会社ワークスアプリケーションズ・システムズが提供する「HUE Chatbot」は、日本最大規模の辞書(290万語)とNLP(自然言語処理)技術の応用で、高い精度での対話を実現します。FAQや固有辞書はノーコードで登録、さらに利用状況や改善ポイントがダッシュボード化されており、自社で簡単にPDCAを廻せます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし あり
「Benefitter」ロゴ|チャットボットのサービス比較と企業一覧

Benefitter 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が提供する「Benefitter」は、GPTなど様々なAIやWebサービスと連携可能なチャットボット開発プラットフォームです。 問合せや社内業務の自動化、マーケティング支援などあらゆるシーンで活躍します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額¥130,000~
基本的には個別見積となりますので、お問い合わせください。
基本的には個別見積となりますので、お問い合わせください。 なし あり
(1か月の無料トライアルが可能です。お気軽にお問い合わせください。)

デジタルヒューマン デジタルヒューマン株式会社

デジタルヒューマン株式会社が提供するデジタルヒューマン(Digital Humans)は、チャットボットやNLPと連携し、対話と感情表現で新しい顧客体験を提供するサービスです。デジタル従業員として、直感的で、インパクトがあり、競争力があるサービス創造と顧客体験が提供できます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額 135,000円〜 0円 なし あり

Third AI レコメンドアイ JTP株式会社

JTP株式会社が提供する「Third AI レコメンドアイ」は、画像認識 AI技術を活用して、お手元の写真などから類似または同一画像を検索して目的の商品を見つけ出すことが可能です。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額 500,000円〜 1,000,000円〜 お問合せください お問合せください
A-BiSU|Web接客ツール|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

A-BiSU 株式会社ユニソンプラネット

株式会社ユニソンプラネットが提供する「A-BiSU」は、ユーザーの閲覧履歴をもとに関心や嗜好を分析し、好みの記事をリアルタイムで表示します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし

ReproWeb Repro株式会社

Repro株式会社が提供する「ReproWeb」は、webサイトのユーザーの行動・属性データを取得し、マーケティングまで一気通貫で実現します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし

BOTCHAN EFO 株式会社wevnal

脱率は平均68%! 株式会社wevnalが提供する「BOTCHAN EFO」は、CVまでの“あと一歩”をサポートし、CVRの向上に向ける繋げる接客型の入力フォームです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額 50,000円~ 300,000円 なし お問合せください

ZenClerk Emotion Intelligence株式会社

Emotion Intelligence株式会社が提供する「ZenClerk」は、感情の高まりを解析する人工知能「Emotion I/O」が、サイト上で「最適なタイミングでの販促」を実現するWeb接客ツールです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください

Sprocket 株式会社Sprocket

サイトの訪問者の行動を分析し、実店舗のような良質な接客をオンラインで実現するWeb接客プラットフォームと導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供しております。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください なし なし
12
簡単1クリック資料請求 簡単1クリック資料請求

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

Web接客ツール機能比較表

製品名

AI搭載・自動英文校正ツールTrinka

Service Cloud-WEB接客ツール

AI suite(エーアイスイート)

Zendesk

機能

さまざまなAI技術と連携ができる機能を持つAPI群

世界10万社以上が利用するカスタマーサービスプラットフォーム

利用料金 ■Trinka Cloud
1ユーザー|月払い 20ドル/年払い 80ドル
■Trinka API
お問合せください
※日本法人とのご契約、日本円でお支払いいただくことが可能です。
参考料金(一部のみ掲載)
月額料金 税別3,000円~
要件によって異なりますのでお問い合わせください 月額約2,800円〜
※ユーザー課金
初期費用 ■Trinka Cloud
無料(カスタマイズが必要な場合は別途ご相談)
■Trinka API
お問合せください
参考料金(一部のみ掲載)
初期費用 税別0円~
要件によって異なりますのでお問い合わせください なし
無料プラン
無料
トライアル
お問合わせください
製品リンク 「AI搭載・自動英文校正ツールTrinka」の
詳細はこちら
「Service Cloud-WEB接客ツール」の
詳細はこちら
「AI suite(エーアイスイート)」の
詳細はこちら
「Zendesk」の
詳細はこちら

Web接客ツールの機能・用語解説

AI・DX用語集
機能名・用語 解説
意図理解 マルチモーダル自然言語理解技術により、会話音声から顧客の意図を汲み取ることができるとされる機能です。IVRでの入力作業も削減可能になります。
カゴ落ち ECサイトやネットショッピングにおいて、お客様が商品をカートに入れたまま放棄され、購入をしないでサイトから離脱してしまうこと。
クラウド型 サーバー上にシステムが置かれているタイプのことです。iPhoneやAndroidなどのスマホ、PC、タブレットなど、端末からインターネットを介してアクセス可能です。
購買動機 消費者が商品を購買するときの理由を指します。利便性や、必要性、外観やスタイルなどのニーズに分類されます。
コンバージョン ( マーケティング) Webサイトにおける最終的 な 目標・ゴール の こと。 EC であれば、商品の購入がそれに該当する。チャットボットを介してライトユーザを取り込むなど、マーケティング戦略の 一つ として注目されている。
対話型AI NLP(自然言語処理) 技術を駆使することで、人間のような会話を自然に行うことができるため、リアルタイムでの顧客支援が可能です。
データドリブン Webの分析ツールやマーケティング支援ツールなどを活用し得られた様々なデータから、企画立案や経営戦略・戦術などを行うことを指します。
ポップアップ 特定のウェブページやリンクを開いた時に自動的に画面の一番最前面に表示される小さなウィンドウの総称です。
離脱率 Webページから他のWebページに遷移せずにサイトを離脱した数を、該当のページのページビュー数で割った数のことを表します。
CX(カスタマーエクスペリエンス) 顧客体験と呼ばれ、顧客との接点を持っている期間中の一連の顧客視点で得られる認識を指します。顧客視点で企業側が提供する価値について考えるプロセスからなります。
CVR WEBサイトへのアクセスのうちどれくらいがコンバージョン(成約・購入)に至ったかを示す指標です。商品購入だけでなく資料請求なども含める場合もあります。
LTV向上 マーケティング用語で、顧客生涯価値 の向上を指します。ある企業にとって特定の顧客が将来にわたって寄与するキャッシュフローの現在価値を向上することいいます。
Web接客 ECサイトに訪れたユーザーに対し、実店舗で接客を受けるのと同じように一人ひとりに適切なコミュニケーションを行い購買に繋げることをいいます。
簡単1クリック 簡単1クリック

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

 Web接客ツール導入前の注意点

Web接客とは、サイトを訪れたユーザーの行動を分析し、実店舗での接客と同じように1人ひとりに合わせた接客をオンラインで行うことです。Web接客ツールは、最適なWeb接客を実現するために活用されています。Web接客ツールの導入を検討されている方に向けて、まずは導入前の注意点をご紹介します。

Web接客ツールの導入目的を明確にする

Web接客ツールはさまざまな種類があり、目的によって導入すべきツールは異なります。導入の目的には以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • ユーザーの疑問を解決し、購買につなげたい
  • 購入を迷っているユーザーに対して、もうひと押ししたい
  • 1度購入したユーザーに、リピーターになってほしい

Web接客ツールの導入目的を明確にする

WEB接客を成功させるためには、導入目的を明確にすることが重要です。導入の目的が明確になったらまた、以下のように目的に合わせたツールの導入や対策をたてるとよいでしょう。

  • ユーザーの疑問を解消したい場合
    チャットツールの導入を検討すると良いでしょう。
  • 購入に向けてもうひと押ししたい場合
    クーポンの表示などが有効でしょう。

以上のように、Web接客ツールを導入する目的を明確にすることが、必要なツールを絞り込む第一歩になります。

ユーザーの思考や行動を考慮する

Web接客ツールは、使い方を誤るとユーザーに不快感を与えてしまいかねません。その結果、ユーザーの購買意欲を損なってしまう恐れがあります。Web接客ツールを有効に活用するためには、ユーザーの思考や行動を考慮することが大切です。ポイントは、「表示内容」「タイミング」「回数」です。

<表示内容>
ユーザーが興味のある内容を表示するために、まずは性別や年齢・購入履歴などの情報を分析しましょう。分析後は、ユーザー1人ひとりに合わせてカスタマイズした内容を提示しましょう。

<タイミング・回数>
ユーザーの訪問回数やサイト滞在時間を分析しましょう。分析後は、適切なタイミングと適切な回数で提示しましょう。

以上のポイントを踏まえ、ユーザーに合わせてアプローチをすることで、ユーザーの買い物体験の質の向上と購買促進が期待できるでしょう。

 Web接客ツール検討時に知っておきたいこと

Web接客ツールにはさまざまなものがありますが、4つの種類に大別できます。ここでは、それぞれの種類について説明します。

 Web接客ツールの種類

プッシュ型

プッシュ型は、PCやスマートフォンの画面上にサイトからの「お知らせを通知するツール」です。定期的にお知らせを表示させることで追客ができます。また、プッシュ型はユーザーの目に留まる確率が高いため、適切に活用すると自社商品やサービスへの関心度が向上できます。

近年は、アプリを開発しなくてもプッシュ通知ができるツールが開発され、導入へのハードルは以前より下がっていると言えるでしょう。

ポップアップ型

ポップアップ型は、ユーザーの行動に応じて適切なタイミングで「情報を表示するツール」です。購入を迷っているユーザーに対して、もうひと押ししたい時に有効です。ユーザー1人ひとりの行動に合わせて最適な情報が表示できます。

ユーザーの行動の分析精度を高めることが効果を生むポイントです。

チャット型

チャット型は、チャットを通じてユーザーと双方向のコミュニケーションができるツールです。ユーザーからのお問い合わせ対応などに向いています。実店舗での接客に近い感覚の接客ができます。

チャットボットには「有人チャット」と「無人チャット」があります。簡単な質問は無人チャットで対応し、それでも解決できないような質問や相談は有人チャットで対応するのが一般的です。

状況に応じてツールをうまく使い分けることで、オペレーターのコストを削減しつつ質の高い接客を提供することができるでしょう。

ハイブリッド型

ハイブリッド型は、「ポップアップ型」と「チャット型」の両方の機能を兼ね備えるツールです。ユーザーの行動に合わせてそれぞれの機能を使い分けたり、組み合わせることができます。

ハイブリッド型の費用は比較的高くなる傾向にありますが、より高度なWeb接客が可能になるため期待できる効果も大きいでしょう。

以上、Web接客ツールの4つの種類を説明しました。これらを参考に、自社の目的やユーザーニーズに沿ったツールを検討すると良いでしょう。

Web接客ツール導入時のポイント

Web接客ツールを導入する際は、導入後の流れも見据えておく必要があります。以下のポイントを確認しておくことで、導入と導入後の流れがスムーズになるでしょう。

運用体制を整える

Web接客ツールを活用するためには、導入後の運用が重要です。適切な運用ができるよう、導入前に運用体制を整えておくことをおすすめします。また以下のような点をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

  • データ収集や分析のガイドライン
  • シナリオを見直す頻度
  • 各作業の担当者

運用体制を整える

Web接客ツールを有効に活用するためには、導入後に施策を行い定期的に見直したりアップデートすることが大切です。スムーズな導入と円滑な運用を行うために、運用体制を整えておくことが重要です。

 Web接客ツールのセグメント別製品一覧

数ある「Web接客ツール」の中から、自社の課題や導入の目的にあった「Web接客ツール」を選び出すのは容易ではありません。そんな時に役立つのが、「Web接客の手法」と「導入の目的」別にセグメントされたWeb接客ツールAIカオスマップです。

Web接客ツールAIカオスマップ

この便利なカオスマップとWeb接客ツールベンダー一覧(Excel)は、以下の「​​Web接客ツールAIカオスマップを無料でダウンロードする」ボタンより無料でダウンロードできます。お問い合わせ内容に「Web接客ツールAIカオスマップ」と記載の上、送信下さい。

 

Web接客ツールAIカオスマップを無料でダウンロードする

 

Web接客ツールの選び方

数あるWeb接客ツールの中から、最適なツールを選ぶ際の確認事項をご紹介します。

導入目的に合っているか

目的を達成するためには、導入目的に合ったツールであることが重要です。導入目的を明確にした上で、目的に合った機能が備わっているか確認するようにしましょう。

費用対効果が見込めるか

多機能・高機能のWeb接客ツールは魅力的ですが、その分費用も高い傾向にあります。ツールを導入した場合にどの程度の効果が見込めるのかを概算し、費用が効果を上回らないよう慎重に検討しましょう。その際、ツールの初期費用・月額費用・利用期間などの総コストを計算して比較することが大切です。

運用体制に合うか

たとえば、カスタマーサービスの人員が多い場合は、お問い合わせのステータス管理機能が充実していたり担当を自動で割り振る機能があると便利です。

コールセンターのイメージ

ただしカスタマーサービスの人員が1人しかいない場合は、そのような機能は必須ではありません。運用体制によって必要となる機能も異なるため、自社の運用体制に合うかを確認するようにしましょう。

ツールを選定する際に以上3点のポイントを押さえておくことで、導入後に「効果が出ない」「うまく運用できない」といったミスマッチを防ぐことができるでしょう。

Web接客ツール導入後の運用のポイント

Web接客ツールを十分に活用するには、導入後の運用が大切です。ここでは、運用のポイントをご紹介します。

効果検証を行う

Web接客ツールを「導入したら終わり」ではありません。プッシュ通知やポップアップを表示させた後は、運用が必要です。運用では、WEB接客の結果、購入につながったのかどうかを効果検証することが重要です。また効果検証のフローは、できるだけ綿密に組み立てる必要があります。

検証の結果、費用対効果が低いことが判明した場合は、より高い効果を上げられる施策を試していくと良いでしょう。

PDCAサイクル

※PDCAとは…「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」のサイクルを繰り返すことで、業務の改善を行う手法のこと

以上のように、ツール導入後にツールが放置されないよう定期的に効果検証を行い「PDCAサイクル」を回していくことが重要です。

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

無料
全サービス資料請求

資料請求エリアを閉じる

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

簡単1クリック資料請求
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。
実際のメールマガジン内容はこちらをご覧ください。