DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード
企業名:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 カテゴリ名: チャットボット 製品名:Benefitter

お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
お急ぎの方は、まずお電話で03-6452-4750

チャットボットで社内業務のDXを推進!

Benefitter

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が提供する「Benefitter」は、生成AIを始めとした各種AIやWebサービスと連携可能なチャットボット開発プラットフォームです。 ヘルプデスク等の問合せ用途や社内業務の自動化、マーケティング支援などあらゆるシーンで活躍します。

3つのPOINT

  1. POINT01

    パーソナルアシスタントで定型業務を自動化!

    チャットボットを入口として社内業務のフローを自動化・効率化することが可能なため、定型業務をサポートし、パーソナルアシスタントとして活躍することができます。問合せ対応だけでなく、各種申請や会議室予約、ドキュメント検索など様々な業務をボット上で完結できます。
    point1
    point1
  2. POINT02

    GPTとも連携!圧倒的な汎用性・カスタマイズ性

    GPTはもちろん、複数のAIやRPA、業務システム、WEBサービスなどと連携することが可能なため、自社の業務に合った複数の業務ボットをBenefitterひとつで構築することができます。
    point2
    point2
  3. POINT03

    導入から運用までお任せください!

    導入初期からテスト稼働、精度向上のための運用支援まで、企業のDXに関わる豊富なノウハウを持つ伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)がスピーディな対応と手厚いサポートをご提供します。
    point3
    point3

TOKYO MX情報番組「ええじゃない課Biz」で
紹介されました!

 

どのような業務上の課題を解決してくれますか?

  • 社内問い合わせ対応業務が多く、本来の業務に時間が使えていない
  • 残業申請やスケジュール登録・会議室予約などの定型業務に時間が取られている
  • GPTをセキュアな環境で利用して社内業務の効率化に活用したい

Benefitterの主な機能

  • GPT(社内ChatGPT)連携

    BenefitterはGPT(生成AI)とも連携可能です。企業がGPTを利用する場合は、下の図の右側のようにAzure OpenAI ServiceとBenefitterなどの生成AI利用基盤を使った環境でGPTをセキュアにご利用いただけます。さらにBenefitterでは、企業が安心してGPTを活用するためのGPT補完機構(ログ管理・認証連携・NGワードフィルタ・プロンプト管理など)をご用意しています。
    GPT(社内ChatGPT)連携01

    GPT(社内ChatGPT)連携02

  • 会話シナリオ

    通常ならカスタマイズ開発が必要な複雑な会話の条件設定が、BenefitterではGUI(グラフィカルユーザインターフェイス)を使ってノンプログラミングで設定することができます。 ​
    業務担当者でも自分のアイデアで複雑なチャットボットを追加の開発コストや保守コストを気にせず開発することが可能です。
    会話シナリオ

  • データ分析画面

    チャットボットの稼働状況を管理画面のグラフや表でモニタリングし分析することができます。利用人数の推移やキーワードによる検索回数、FAQ表示件数に関するKPI情報を表示します。よく検索されるキーワードや検索回数の多いユーザ、よく表示されるFAQをランキング付けし、グラフで確認することも可能です。詳細な分析が必要な場合には各種ログ情報をダウンロードすることも可能です。
    データ分析画面

Benefitte活用例

Benefitterひとつで、業務に最適なAIチャットボットを作成し稼働させることができます。
デジタル化やDX推進のためのBenefitterの活用方法を専任のコンサルタントがご提案しますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

Benefitte活用例

導入から運用まで、しっかりサポート

チャットボットは、導入後も利用者の活用状況に応じたチューニングや、業務改善の進捗に合わせて柔軟に変更を加えるなど、継続的な改善が重要です。Benefitterは、企業のDXに関わる豊富なノウハウを持つ伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)が独自に開発した製品です。そのため、スピーディな対応と充実したサポートを提供できる体制を整えています。

導入から運用まで、しっかりサポート

担当者の声

CTCが独自に開発したBenefitterは、各種生成AIやSaaSサービスなど、外部連携に強みを持っているサービスです。そのため、お客様がビジネスで必要とする最先端のAI技術を簡単に統合し、ビジネスの効率性を向上させることができます。
また、Benefitterのプラットフォームはお客様が既に使用しているSaaSサービスともシームレスに連携することが可能ですので、ビジネスを一元的に管理し、データを効率的に活用できるというメリットがあります。
Benefitterは、単なるチャットボット・プラットフォームの枠を超えたDXプラットフォームとして、お客様ビジネスの革新をご支援いたします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
コミュニケーションデザイン部 白畑 陽喜

利用料金

利用料金
基本的に個別見積となりますので、お問い合わせください。
■参考プラン(生成AIを活用した社内ドキュメント検索用途)
・最小構成で月額¥440,000~
初期費用
基本的に個別見積となりますので、お問い合わせください。
無料プラン
なし
無料トライアル
あり
トライアル内容の詳細等については、別途お問い合わせください。

製品概要

Benefitter

製品説明

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が提供する「Benefitter」は、生成AIを始めとした各種AIやWebサービスと連携可能なチャットボット開発プラットフォームです。 ヘルプデスク等の問合せ用途や社内業務の自動化、マーケティング支援などあらゆるシーンで活躍します。

カテゴリ
目的
  • Webマーケ
  • 問い合わせ対応
  • 業務改善(効率化)
  • 接客
  • マーケティング
  • 営業支援
  • コールセンター
対象業界
  • 人材
  • 不動産
  • 金融
  • 物流
  • IT
  • 製造
  • 教育
  • 小売
  • 卸売
  • 保険
  • Webサービス
  • 通信
  • メディア
  • 官公庁
規模
  • 大企業向け

会社概要

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

住所
〒105-6950 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー
資本金
21,764百万円
設立年月
1979年7月11日
従業員数
単体 5,309名、CTCグループ 10,565名(2024年4月1日現在)
事業内容
コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービス、科学・工学系情報サービス、サポート、その他

チャットボットの関連製品はこちら

product-logo

PKSHA Chatbot

「PKSHA Chatbot」

株式会社PKSHA Workplace
product-logo

伴走型AI/ LLMソリューション

伴走型AI/
LLMソリューション

株式会社QuackShift
product-logo

QuickSolution(クイックソリューション)チャットボット

QuickSolution(クイックソリューション)
チャットボット

住友電工情報システム株式会社
product-logo

AIチャットボット「 HiTTO(ヒット) 」

AIチャットボット市場シェアNo.1 社内向けAIチャットボット「HiTTO(ヒット)」

HiTTO株式会社

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら