DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

IoT
のサービス比較と企業一覧

一括資料請求なら、導入の比較検討が
スムーズに行えます!

利用料金・初期費用・無料プラン・トライアルの有無などを、一覧で比較・確認できるページです。サービスを比較・検討後、希望条件に合うものが見つかりましたら、下記のボタンよりご請求いただけます。

最終更新日: 2023/12/26

IoTとは?

IoTは、"Internet of things"の略です。「モノのインターネット」と訳され、日常の様々なものがインターネットにつながることを指します。

IoTによってできることは主に二つあり、一つ目はモノの遠隔操作です。インターネットにつながったモノを、リモコンなどを用いて遠隔から動きを制御することが可能になります。

二つ目は、モノのモニタリングです。モノにセンサーなどをつけ、その情報をネットを通じて送信することで、遠隔からモノの状態を常に監視することができます。

IoTによって、これまでできなかったモノの監視、制御が可能になるため、より便利で快適な生活ができるようになると期待されています。
もっと見る

機能・用語解説

IoTサービス・企業一覧

NEW
株式会社Fixstars Amplifyロゴ

Fixstars Amplify 株式会社Fixstars Amplify

株式会社Fixstars Amplifyが提供する「Fixstars Amplify」は、生産計画・人員シフト・材料探索など、複雑な条件を考慮して目的に合う最適解を自動で瞬時に求めるサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
評価・検証用:無料
商用利用:月額10万円~
無料~ あり あり
株式会社QuackShiftロゴ

伴走型AI/ LLMソリューション 株式会社QuackShift

Quackshiftは、テキスト情報や画像情報などのデータを活用し、AI導入を通じて現場の業務プロセス改善や新規価値創出を実現するスタートアップ企業です。AIサービス構築や社内サービス等に迅速にAI技術を組み込むことができます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
70万円/月〜 なし なし あり
顔パス勤怠ロゴ

顔パス勤怠 株式会社TIGEREYE

株式会社TIGEREYEが提供する「顔パス勤怠」はタイムカードや出勤管理の専用端末が不要で、手元のスマホやパソコン、タブレット端末などですぐに始められます。不正打刻を防止できます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
20名まで月額3,980円(税別) 100名まで月額16,000円(税別) なし なし あり
エーエヌラボロゴ

7セグ画面OCR 株式会社エーエヌラボ

株式会社エーエヌラボが提供する「7セグ画面OCR」は、7セグ等のデジタル数値に特化した独自の画像AIーOCRによって、機器の液晶画面の計測値をカメラで読み取り、デジタルデータとして記録するサービスです

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
5万円~/月(税別)
※ユーザ数、使用量やカスタマイズ要望に応じて変動します。
20万円~(税別)
※利用プラットフォームや必要なチューニングの量によって別途見積となります。
なし あり
MEEQロゴ

MEEQ ミーク株式会社

MEEQ(ミーク)は、直感的なコンソール画面を通じて、 簡単にIoT 向け通信サービスを購入/決済/登録/管理ができる NoCode IoT/DX Platformです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額130円(税抜き)から プランによって異なりますので資料請求にてご確認ください。 なし あり
gravioのロゴ

新Gravio アステリア株式会社

Gravioとは、複数現場の様々な情報をノーコードで収集・統合し、活用までをワンストップで実現できるプラットフォームです。データ収集用デバイス、クラウドでのデータ格納・管理、可視化までをトータルで提供、様々なデータの活用が肝となる現場DX実現において、高い拡張性とシンプルな展開を両立します。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
Gravio Free|無償提供
Gravio Business|月額 88,000円(年額プランあり)
Gravio Business Pro| 月額 132,000 円 (年額プランあり)
Gravio Business Pro ライセンス|お問合せください
お問合せください あり なし
LogmeetsGPTロゴ

ログミーツ powered by GPT-3/4 株式会社時空テクノロジーズ

「ログミーツ powered by GPT-3/4」は、対面&ウェブ両会議に対応した数少ないAI議事録・メモ作成支援機能と、誰でもワンボタンでAI要約・分析・翻訳などを行えるGPT機能を搭載している、最強会議支援ツールです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
月額10,000円~ お問合せください なし あり

ソーバル株式会社ロゴ

AI・データ活用支援サービス(データサイエンス、AIエンジニアリング) ソーバル株式会社

ソーバル株式会社が提供する「AI・データ活用支援サービス(データサイエンス、AIエンジニアリング)」は、お客様の課題を聞かせて頂き、AIエンジニアリングとデータサイエンスによって解決する支援をさせて頂くサービスです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください 必要ありません なし あり
NTech Predictロゴ

NTech Predict ニュートラル株式会社

スキル不要!予測から原因究明までこれ1つで解決AIがデータ活用を加速させる

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
¥320,000~


〇永久ライセンス版
標準価格:¥1,500,000
年間保守:¥75,000
〇サブスクリプションライセンス版(年額)
標準価格:¥320,000
※使用するPC1台あたりにライセンスが必要となります。
※その他、導入支援、PoCサービス(有償)など対応可能ですので、お問い合わせください。
なし なし あり
AIアルゴリズム「Package20™」

AIアルゴリズム「Package20」 株式会社AID

性別・年齢等を識別する「顧客属性推定」、乗り物や人などを検出する「物体検知」、店舗内の混雑状況などを把握するための「滞在人数カウント」、工場現場での安全性チェックに有効な「ヘルメット検知」など、 様々な商用シーンで活用いただけるAIアルゴリズム20種をパッケージ化して提供しています。ご利用は、ソラコム製AIカメラ「S+ Camera」にAIアルゴリズム「Package20」をインストールいただくだけです。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
9,800円(税込み) 初期費用無料 - お問合せください

エッジデバイス 組込AIモデル開発受託 株式会社AID

株式会社AIDが提供する「エッジデバイス 組込AIモデル開発受託」は、特定用途が高く、高度なAI開発が必要な案件を中心に、お客様のご要望に応じたAI技術の導入提案、及びエッジデバイス向けAIアルゴリズムの開発受託を行います。 Nvidia Jetson、Raspberry Pi、Google Coral TPU、ソラコム S+ Camera、Panasonic Vieureka等、多様なエッジデバイスに対応しており、可視光カメラに加え、赤外線、LiDARセンサーの活用経験も豊富にございます。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください
203SpaceCoreロゴ

SpaceCore 株式会社アクセルラボ

株式会社アクセルラボ提供する「SpaceCore」はスマートライフ・プラットフォームです。スマートホーム化を起点に、業務の効率化と顧客との関係強化、収益アップを実現。不動産会社の他、民泊運営会社など様々な企業に導入されています。

利用料金 初期費用 無料プラン 無料トライアル
物件により応相談 - なし なし
簡単1クリック資料請求 簡単1クリック資料請求

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

IoT機能比較表

製品名

Gravio Enterprise AI Edition - IoT

AI・データ活用支援サービス(データサイエンス、AIエンジニアリング)

エッジAIコンピュータ「AIX-01NX」

Count-vox 〜人や物の数をカウント〜

Game AI 〜体の動きでゲームを操作〜

NTech Predict

機能

画像AIを用いた顔認証や人の動きなどの情報や各種センサーによるIoTデータを簡単に統合活用

お客様の課題に対してAI・データを活用して解決する支援サービス

高性能GPUとLTE高速通信機能を搭載、AIがIoTの高度化を加速します

AIが人や物、特定の形状を認識し
リアルタイムに数をカウント

非接触で楽しめるゲームコンテンツ配信システム

ビッグデータから価値ある情報を引き出し、原因の可視化とXAI未来予測

利用料金 Gravio Standard (標準価格:年額 240,000円/月額 20,000円)
Gravio Enterprise Base Edition(標準価格:年額 800,000円)
Gravio Enterprise AI Edition Gold(標準価格:年額 1,200,000円)
Gravio Enterprise AI Edition Platinum(標準価格:年額 1,600,000円)
お問合せください お問合せください お問合せください お問合せください ¥320,000~


〇永久ライセンス版
標準価格:¥1,500,000
年間保守:¥75,000
〇サブスクリプションライセンス版(年額)
標準価格:¥320,000
※使用するPC1台あたりにライセンスが必要となります。
※その他、導入支援、PoCサービス(有償)など対応可能ですので、お問い合わせください。
初期費用 なし 必要ありません なし お問合せください お問合せください なし
無料プラン
無料
トライアル
お問合わせください
製品リンク 「Gravio Enterprise AI Edition - IoT」の
詳細はこちら
「AI・データ活用支援サービス(データサイエンス、AIエンジニアリング)」の
詳細はこちら
「エッジAIコンピュータ「AIX-01NX」」の
詳細はこちら
「Count-vox 〜人や物の数をカウント〜」の
詳細はこちら
「Game AI 〜体の動きでゲームを操作〜」の
詳細はこちら
「NTech Predict」の
詳細はこちら

IoTの機能・用語解説

AI・DX用語集
機能名・用語 解説
エッジAI エッジは「端」を意味するもので、端末機械や無線基地局などを指します。「スマートフォン」や「IoTの電化製品」などがエッジAIに該当します。
介護IoTソリューション 人と人の接触が非常に多い介護現場においても導入が進んでいます。その一例としては、複数のセンサーによって遠隔で入居者の安否確認を行うことができるシステムが挙げられるでしょう。
活用技術 AIの技術をさまざまな領域で活用するサービスのことです。特に近年は、画像認識や音声認識、自然言語処理といった技術が活用されているサービスが多くなってきています。
技能レベル AIは大量のデータを分析し、予測していくことを得意としているため、このような分野で生産性向上を図る上でも大きく貢献できるのです。また、IoTの活用によって情報の取得も容易になったため、今後は農業や医療といった幅広い分野で活用されていくことが期待されています。
検温IoTシステム 検温システムとスマホのビーコンアプリを連動させることによって、高体温の従業員がどこに滞在したか、誰と接触したかを自動的に記録できるというもの。特定の従業員のみが出入りするオフィスや工場などの検温作業を無人化できます。
データ収集 これまではデータとして存在していなかった情報を数値化するという活用方法も存在します。また、取得した情報を活用してロボットが稼働するようになれば、より幅広い分野で人手不足を解消できるようになるでしょう。
動向分析IoTソリューション スマホのWi-Fiシグナルを受信するセンサーを活用することで、街や店舗の人の動きを分析することができるわけです。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新しい生活様式が求められるようになりました。
ビッグデータ ボリューム、種類、速度という3つの要素を満たしたもので、構造化データに限らず、非構造データやIoTデータなどのさまざまなデータをいいます。
3密IoTシステム 店舗内に環境センサーを取り付けることによって、「二酸化炭素(CO2)濃度」「会話音量の変化」を計測することができるというもの。二酸化炭素(CO2)濃度を計測すれば、店舗内の密閉度がどの程度なのかを可視化することができます。また、会話音量の変化を計測すれば、店舗内の密接度を可視化することができるわけです。
IoT 「Internet of Things」の略称であり、日本語では「モノのインターネット」と訳されます。モノがインターネットにつながることによって情報を取得でき、その情報を活用してより最適な機能の選択を行えるようになることを指します。
簡単1クリック 簡単1クリック

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

IoTの仕組み

近年は、エアコンや冷蔵庫といった各種家電だけでなく、自動車・バス、工場設備など、さまざまな分野のモノにおいて、積極的にIoT技術が活用され始めています。そんなIoTの通信は、主に以下の3つの機器・技術によって成り立っているのが特徴です。

  • IoT機器(センサーやカメラなどの小さな機器)
  • ゲートウェイ(通信中継機※直接通信する場合は不要)
  • クラウドサーバ(IoT機器の情報を集める※IoT機器を制御することもある)

つまり、「IoT機器⇔ゲートウェイ⇔クラウドサーバ」という通信によって、IoTを実現しているということです。「IoT機器⇔ゲートウェイ」の通信手段には無線と有線がありますが、IoTでは無線が主流となっています。そして多くのケースで重要になるのが、IoT機器が充電なしに長時間稼働できることです。そのためIoT機器の通信では、以下のような仕組みが採用されています。

  • ナローバンド(狭域帯)
  • 低速通信
  • 低消費電力

これらの特徴を満たした無線通信技術の総称を「LPWA(Low Power Wide Area)」と呼びます。

IoTによって実現できる機能

IoTの技術によって実現できる機能としては、「遠隔操作」「状態把握」「動作検知」「相互通信」の4つが挙げられます。それぞれの機能について、詳しくみていきましょう。

遠隔操作

IoTにおける代表的な機能として挙げられるのが、遠隔操作です。実際にスマホやタブレットから、自宅のエアコン・照明などを遠隔操作したことがある方も多いのではないでしょうか。

最近では、電源のON・OFFといった簡単な動作だけでなく、温度・風量の調節といった細かな操作まで行えるようになってきています。

状態把握

離れた場所にあるモノ・人の状態を知ることができる状態把握も、IoTの機能の一つです。自宅から離れた場所からでも、自宅のエアコンや照明の状態を確認することができます。そのため、消し忘れを防いで電気代の節約に繋げることが可能です。

また、ペットを飼っている人であれば、ペットの首輪をIoT化することによって運動量や食事量のデータを取得することが可能になります。そしてデータを可視化し、ペットの健康状態を遠隔地からでも確認できるようになるわけです。

愛するペットの体調の異変をいち早く察知できれば、獣医への迅速な相談が可能になるため、重大な病気の防止にも繋げられるでしょう。

動作検知

モノ・人の動きから、現在の状況を把握できる動作検知も、IoTの技術によって実現できる機能の一つです。

たとえば農業の分野では、IoTの活用によって温度・湿度・水位といった栽培環境に大きな影響を与える要素を正確に検知することで、自動で最適な環境に調節できます。また公共交通機関においては、IoTの活用によって、バス停で待つ乗客がバス・電車の運行状況、混雑状況をリアルタイムで把握することも可能です。

相互通信

インターネットに接続したモノ同士がデータの送受信を行うことで、複数の電子機器を自動で動作させる相互通信も、IoTの活用によって実現できる機能の一つです。

代表的なものとしては、スマートホームやスマートビルディングが挙げられるでしょう。AIスピーカーと連携すれば、スピーカーに話しかけるだけでお風呂にお湯を入れたり、照明を点けたり、カーテンを開閉したりできます。

オフィスであれば、制御を自動化してエネルギー消費を抑えたり、入退場の管理を自動化したりすることが可能です。

IoTサービス導入のメリット・デメリット

では、IoTサービスを導入した場合、どのようなメリット・デメリットが生じるのでしょうか。それぞれ詳しくみていきましょう。

IoTサービス導入のメリット

居住空間の快適性が向上する

IoT機器が連携するスマートホームやスマートビルディングによって快適な居住空間を実現できます。

予防医療の発展によるメリットを享受できる

ウエアラブルデバイスによって負担をかけることなく体の状態変化をモニターできます。場所を選ばず連続的にデータを取得できることから、予防医療が大幅に進むと期待されています。

生産・物流技術の向上

生産設備などに設置したIoTで、あらゆる稼働情報を見える化することで、工程管理を改善できます。

公共安全性の向上

IoT機器を活用することで洪水や地震などの災害検知から避難誘導までのスピードが高まっています。また、IoT技術を応用して交通状況をモニタリングして事故を減らすなどの試みも行われています。

IoTサービス導入のデメリット

IoTが普及するほど、必然的に企業もIoTを導入せざるを得なくなります。実際、IoTやAIなどの先進技術を活用して、既存の業界やビジネスモデルを破壊的に革新する「デジタル・ディスラプター」も増えてきました。しかし、自社にIoTを導入するとなると、多くの企業は次のような課題を抱えます。

IoT機器を使いこなす人材の不足

2018年の総務省の調査によると、AI・IoTの導入にあたっての課題として「IoTの導入を先導する組織・人材の不足」と回答する割合が多くを占めました。この割合は諸外国に比べて2倍近いため、日本企業の大きな課題と言えるでしょう。

この背景にあるのは、IoTを活用するにはハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、セキュリティ(サイバー攻撃対策)などの広範囲をカバーできる人材が必要になるためです。また、AIとの連携が必要なケースも多く、AIに関する知識、技術を持つ人材も求められています。

管理運用コストの増加

同じく総務省の調査によると、企業が抱える課題として多かったのが、「インフラ整備や維持管理に関わるコスト」です。これはほかに挙げられた次のような主要課題と重なる部分があることを考えますと、かなり負担が大きいことがわかります。

  • ネットワークに接続されたモノが第三者に乗っ取られるリスク
  • リアルタイムデータやプライバシー情報の保管
  • 既存情報のシステムとの接続性の確保・統合

IoTは企業の日々の業務やビジネスモデルを大転換する可能性を持った先進技術です。それだけに、長期的なビジョンのもとに大規模な投資が必要なケースが多くなります。

データ通信環境の整備

IoT活用のボトルネックになっているのが、電力供給とネットワーク負荷の2つです。

大量のIoT機器を使えば、個々の消費電力が小さくてもトータルの電力は大きくなってしまいます。だからこそ、後述するような低消費電力で長距離の通信が可能な通信技術(LPWA)が求められているわけです。

また、膨大な数のIoT機器がインターネットに接続されれば、現在のネットワークシステムでは通信混雑による問題が起きると予想されています。

このため、次の2つの技術が導入されています。

  • IoT機器単体の処理を増やして通信を減らす(エッジAI)
  • 高速通信の採用(5G)

IoTサービスの活用事例

現在は、さまざまな分野において積極的にIoTサービスが活用され始めています。具体的にどのような形で活用されているのか、詳しくみていきましょう。

スポーツ業界

スポーツ業界では、センサー内蔵のボールで選手の特徴を可視化するIoTサービスや、自宅でフィットネスバイクのプログラムに参加できるIoTサービスなど、さまざまな形でIoTが活用されています。詳しくは、以下の記事でご覧ください。

スポーツ分野のIoT活用事例を紹介!野球・テニス・フィットネスも

畜産業

NTT東日本が提供しているIoTソリューションでは、事務所や自宅のパソコン、タブレット、スマホなどからインターネットに接続して、手軽に畜舎の状況を把握することができます。詳しい活用事例については、以下の記事をご覧ください。

畜産業におけるIoTの活用事例は?メリットと将来への可能性

食品業界

ZWILLING社(ツヴィリング)の「Fresh&Save」という容器には、アプリと連携することができるという特徴があり、目安となる期限を通知したり、真空保存によって食品を5倍長持ちさせたりすることができます。詳しい活用事例は以下の記事をご覧ください。

食品業界で業務効率化を実現するIoTの活用事例は?多くの課題解決

スマホ業界

スマホをプラットフォームにしたIoT活用は、ビジネスシーンにおいても積極的に導入されています。一般的なGPS搭載型のスマホを利用して、位置情報管理やドライブレコーダーの管理、アルコールチェッカー、点呼システムなどをスマホで完結できるようにすることで、これまで以上に業務効率化を実現できるというものです。

詳しい活用事例は以下の記事をご覧ください。

スマホをプラットフォームにしたIoT活用のメリットは?事例も紹介

医療業界

「MOVEBAND(ムーヴバンド)」は、睡眠や歩数、消費カロリーなどを常時計測することができるウェアラブル端末です。腕に装着するだけで簡単に計測でき、データはスマートフォンで確認することができます。

運動やダイエットのモチベーション維持につなげることもできるため、高齢者の健康維持といった目的だけでなく、さまざまな世代の健康管理にも役立てることができるアイテムです。

医療業界の詳しいIoT活用事例は、以下の記事をご覧ください。

医療業界におけるIoTの活用事例

鉄道業界

日立とJR東日本は、AI技術を活用して、鉄道設備の復旧対応支援システムを開発・実用化しています。2020年3月から実証実験が行われていましたが、有効性が確認できたことから、2023年4月からは山手線をはじめとした首都圏の一部の在来線で本番運用が開始されました。詳しい活用事例は、以下の記事をご覧ください。

鉄道業界でAI・IoT活用が進む理由と7つの活用事例を紹介

その他

スマートストア

AI導入スマートストアは全国で広がっており、東北ではトライアルカンパニーが、”セルフレジ機能”と”スキャン漏れ防止機能”付き買い物カートを導入したスマートストア、「メガセンタートライアル郡山八山田店」をオープンしました。

スマートストアとは、「リテールAIカメラ」や、セルフレジ機能付きの買い物カート(スマートショッピング、カート)など、トライアルが独自に開発したIoT技術やAI技術を導入した店舗のことです。データをもとに新しい購買体験を提供でき、効率的な運営も可能になります。

詳しい活用事例は以下の記事をご覧ください。

AIとIoTの違いって何?それぞれの定義や関係性を詳しく解説!

インフラ保守

現在、日本の橋やトンネルの多くが老朽化しており、事故を防ぐための点検や補修工事が必要な状態となってきています。そこで、橋桁や橋脚に複数のIoT機器を設置して、その機器で計測した振動データを5G回線で収集・監視し、遠隔から橋の異常を検知する実証実験が開始されました。

これまで、橋梁の点検・補修には多額のコストがかかっていましたが、複数のセンサーによる監視で点検の省力化ができれば大幅にコストダウンできるため、大きな期待が集まっています。

詳しい活用事例は以下の記事をご覧ください。

5G・AI・IoTで広がる可能性とは?特徴・課題・懸念も紹介

IoTサービスの選び方

IoTサービスを導入する際、どのような点に着目して選んでいけば良いのでしょうか。ここからは、IoTさービスの選び方について詳しくみていきましょう。

拡張性の有無

生産設備の増設や稼働拡大などによって、IoTデバイスも増加するというケースは珍しくありません。そのため、デバイスの増加に合わせてIoTプラットフォームも拡張できるかどうかという点は、極めて重要になります。

データをクラウドで一括処理するIoTクラウドプラットフォームであれば、IoTデバイスの増加にも柔軟に対応可能です。1,000を超えるデバイス拡張が行われる場合、エッジでの対応は大きなコストがかかってしまうため、大幅な拡張が見込まれる場合にはクラウドプラットフォームがおすすめといえるでしょう。

接続の安定性と速度

IoTサービスにおいて、データの送受信がスムーズに行えることは非常に大切なポイントです。そのため、ネットワーク接続の安定性は、しっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

設備の精度を高めるためには、データ送受信のスピード、タイムラグの少なさも重要になるため、この点に関してはクラウドプラットフォームよりもエッジコンピューティングを導入したIoTエッジプラットフォームのほうがおすすめといえるでしょう。

セキュリティ面

IoTサービスは、インターネットへの接続が前提となります。インターネットへの接続が行われる以上、セキュリティ面での安全性から目を背けてはなりません。IoTプラットフォームに脆弱性があり、サイバー攻撃を受けてしまった場合、情報漏えいが起きるリスクがあります。

そのような事態を避けるためにも、セキュリティ面が万全なIoTプラットフォームを選択することが大切です。

コンサルタントに相談

IoTサービスは、さまざまな分野で積極的に活用され始めています。さまざまな目的活用されていることからも、その将来性の大きさをお分かりいただけたのではないでしょうか。

ただし、IoTにはさまざまな種類のサービスが存在しており、それぞれ特徴が異なるのも事実です。そのため、どのようなサービスが自社にとって最適なのか分からないという人もいらっしゃるかもしれません。

AIsmileyでは、IoTに関するご相談にも専門コンサルタントが無料でお答えしておりますので、IoTサービスの導入に関してお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

無料でコンサルタントに相談する

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

無料
全サービス資料請求

資料請求エリアを閉じる

プロダクト資料をまとめて
比較・確認したい方はこちら

簡単1クリック資料請求
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。
実際のメールマガジン内容はこちらをご覧ください。