AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」が「表記ゆれチェッカー」をリリース

最終更新日:2021/12/28

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」は、契約書の校正の品質を向上させる機能「簡易表記ゆれチェッカー」をアップデートし「表記ゆれチェッカー」としてリリースしました。校正業務にかかる膨大な工数と、見落としのリスクを軽減できるようになります。

このAIニュースのポイント

  • LegalForceは「表記ゆれチェッカー」をリリース
  • 漢字とひらがなの表記ゆれ、甲乙等の当事者名の表記ゆれを瞬時にピックアップする
  • 多様なパターンの表記ゆれに対する指摘が可能となり、校正業務にかかる膨大な工数と、見落としのリスクを軽減

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供する株式会社LegalForceは、契約書の校正の品質を向上させる機能「簡易表記ゆれチェッカー」をアップデートし「表記ゆれチェッカー」としてリリースしました。
本アップデートにより、多様なパターンの表記ゆれに対する指摘が可能となり、校正業務にかかる膨大な工数と、見落としのリスクを軽減できるようになります。

表記ゆれとは、文章内にある単語が2通り以上の書き方をされることにより表現にばらつきが生じてしまうことを指します。表記ゆれは様々なパターンが存在しますが、例えば契約書作成時においては、「及び」と「および」などと漢字・ひらがな表記の混在や、「甲・乙」と「売主・買主」など当事者名の混在などがあります。

「LegalForce」は、契約書レビュー業務の効率化と品質の向上を実現させるAI契約審査プラットフォームです。契約書の精度を高くするために、様々な工程が発生します。その工程の一つに契約書の校正があります。校正において、契約書内で使われている表記が揃っているか確認が必要ですが、細かい部分のチェックであること、特に文書量が多いと表記ゆれを見落としてしまうことになります。

先日リリースした「定義語チェッカー」と同様、表記ゆれも機械的に訂正箇所を指摘することで、契約書作成業務の負担を軽くし、より人間にしかできない業務に時間を充てられるようにするため、「簡易表記ゆれチェッカー」の対応範囲を拡充させ「表記ゆれチェッカー」としてリリース。

「表記ゆれチェッカー」により、例えば漢字とひらがなの表記ゆれ(「当たり」または「あたり」など)、甲乙等の当事者名の表記ゆれ(「甲・乙」または「売主・買主」など)を瞬時にピックアップし校正作業の効率化を実現します。

出典:PR TIMES

AIサービス
自然言語処理-NLP-

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら