DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

GMOリサーチ&AIがAIトレンドを調査。認知度・利用率は伸び悩むも、生成AI活用に肯定派多数

最終更新日:2024/06/24

GMOリサーチ&AIは、AIトレンドに関する自主調査を実施しました。AIの理解を深め、多くの人がAIを活用し社会の発展に貢献することを目的とした調査です。

このニュースのポイント

  • GMOリサーチ&AIが、AIトレンドに関する自主調査を実施
  • 調査の結果、前回調査と比較して生成AIの認知率は1.0ポイント、利用経験率は0.3ポイントの上昇に留まる
  • 最も利用されている生成AIツールは「ChatGPT」、勤務先での生成AI活用に対し肯定的な人が否定的な人の2倍以上に

インターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ&AI株式会社は、保有する国内モニターパネル「JAPAN Cloud Panel」のモニター1,105人を対象に、AIトレンドに関する自主調査を実施しました。2023年11月に初めて実施され、今回が3回目です。

生成AIの認知と利用状況について尋ねたところ、「知っている人」は72.1%と、2月の71.1%と比較して1.0ポイント増加しました。利用状況においても、「使ったことがある人」が33.8%と、2月の33.5%と比較して0.3ポイントの増加に留まりました。

生成AIの利用状況については、利用者が最も利用している生成AIツールを調査し、「ChatGPT」が61.8%であることがわかりました。生成AIツールは利用率が減少するものもある中、「ChatGPT」は3か月前より13.4ポイント増加しています。

「ChatGPT」は、2024年5月13日に新モデル「GPT-4o」が発表され、応答速度の向上や、日本語における能力向上、APIの利用料金が従来の約半分になるなど、大幅なアップデートが利用増加の一因と考えられます。

次に、勤務先での生成AIの業務活用についてどのように捉えているか、パート・アルバイトを除く有識者に尋ねたところ、活用に対して肯定的な人は38.1%、否定的な人は15.9%で、肯定的な人は否定的な人の2倍以上でした。

取引先での生成AIの業務活用についての捉え方の調査結果では、好感を抱く人は32.5%、好ましくないと考える人は15.7%と、こちらも好感を抱く人の方が2倍以上という結果でした。

これらの結果では、「わからない」、「特に何も思わない」の回答率が高いことから、知識向上と理解促進が重要と考えられます。また、AI活用を好ましくないと考える人も一定数いることが分かりました。

生成AIの認知度・利用率については、3か月前とほとんど変わらなかったものの、認知度合いは高く知識の伸びしろがあると考えられます。業務活用に至るまでには、更にAIへの理解を深める必要があります。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

メルマガに登録する

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら