DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

TSUTAYA、AIで品揃えと在庫を最適化する需要管理サービスを導入

最終更新日:2024/01/04

フライウィールから、データ・AI での需要予測による発注と個店の品揃え最適化を同時にサポートする「Conata™ Demand Planner」の提供が開始されました 。製品の公開に先立って、TSUTAYAの書店事業で先行導入されています。

このAIニュースのポイント

  • データ・AI で個店の最適な品揃えと在庫適正化を支援する需要管理サービスが提供開始
  • AIが書店ごとに売れ行きを予測し、適正部数と品揃えを算出
  • TSUTAYAで先行導入され、書籍の返品率を13%まで引き下げることに成功

株式会社フライウィールが、データ・AIから個店の最適な品揃えと在庫適正化を支援する需要管理サービス「Conata™ Demand Planner」の提供を開始しました。製品の公開に先立ち、カルチュア・コンビニエンス・クラブ (略称: CCC)が展開するTSUTAYAの書店事業で先行導入されています。

「Conata™ Demand Planner」は、顧客内に点在する多様かつ大量のデータを活用し、それらの課題を解決するサービスです。フライウィールの独自技術(オントロジー技術など)を通じて、データから人・商品・店舗の関係性を導き出し、個店ごとの需要予測と品揃え最適化に応用。その結果、時系列解析の精度を超えた予測精度と、最適な品揃え提案が同時に実現可能となりました。

先行導入したTSUTAYAでは、約7,000万人の会員データや約800店舗、約450万タイトルが組み合わさった桁違いに多量なデータを、「Conata™ Demand Planner」によってデジタル空間に再現し、意味や関係性を抽出しました。

そのデータを活用して AI(人工知能)が書店ごとに売れ行きを予測し、適正部数と品揃えをCCCの自動発注システムと連動されます。この仕組みによって、人手では困難だった「各書店のニーズに基づいて最適な量を最適なタイミングで配本できる仕組み」を新たに作り出すことに成功しました。

結果的に、一般的に30%以上とされる書籍の返品率を13%まで引き下げることに成功し、限りあるスペースを更に有効活用できることが実証されています。

今後は、書店事業の効率化を推進のために、書籍等の販売を行うTSUTAYA約800店舗に順次導入される予定です。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら