AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

バカンと宮城県仙台市が災害発生時における避難所の混雑情報配信に関する実証実験を7月2日より開始しました。対象となる市内の避難所は計195カ所で、リアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を通じてインターネット上で確認ができます。

 

このAIニュースのポイント

  • バカンと宮城県仙台市が災害発生時における避難所の混雑状況配信に関する実証実験を開始
  • リアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を利用して195カ所の避難所の混雑状況を配信
  • コロナ禍での分散避難を考慮して行動できる環境づくりに貢献

 

今回の実証実験では、仙台市が災害発生時に避難所を開設する際、バカンが避難所の混雑情報配信を行うインターネットサービスを提供します。現在対象となる避難所は計195カ所です。配信は、バカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を利用して行われます。
 

 

VACANには、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を一覧できる「VACAN Maps」という機能があり、利用者がPCやスマートフォン等でアクセスすることで、各避難所の位置や混み具合を確認することができます。​混み具合の情報は、各避難所の職員から報告を受けた災害対策本部の職員がインターネット上の管理画面から操作することで更新します。表示は、「空いています」「やや混雑」「混雑」の3段階です。
 

 

この取り組みは、仙台市が設置する民間企業等との連携窓口であるクロス・センダイ・ラボを通じて行われます。
コロナ禍であってもいつ起こるかわからない災害への備えとして、混雑状況を簡単にスマホで確認しながら分散避難を考慮して行動できる環境づくりへの貢献が期待できますね。

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら