DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

栃木県とForex Robotics、AIを活用した「ほ場状態把握の簡易化システム」を開発

最終更新日:2023/01/31

栃木県の未来技術企業・実証事業誘致事業において、Forex Roboticsが「AIを活用したほ場状態把握の簡易化システム」を開発したと発表しました。

このAIニュースのポイント

  • 栃木県は未来技術企業・実証事業誘致事業を行い、来技術を活用した製品・サービス等を提供する企業を支援している
  • Forex Roboticsが、ほ場の状態把握の簡易化システムを開発
  • ほ場の状態把握の簡易化システムにより、植物の育成管理の効率化を目指す

栃木県は未来技術企業・実証事業誘致事業により、未来技術を活用した製品・サービス等を提供する企業の実証実験の支援をしており、事業活用として Forex Robotics 株式会社が「AIを活用したほ場状態把握の簡易化システム」を開発しました。

今回栃木県は「未来技術企業・実証事業誘致事業」において、Forex Robotics社に対し、栃木県畜産酪農研究センターをフィールドとして提供し、ほ場の状態把握の簡易化システム開発の支援を行いました。

ほ場の状態把握の簡易化システムは、飼料用トウモロコシのほ場をドローンで撮影し、AIで苗の数および状態を分析した上で、ほ場全体の成育状態を色分けにより可視化するシステムです。ほ場の状態把握を簡易に行うことができ、追肥や農薬使用の判断にも活用できることから、植物の育成管理の効率化につながります。

栃木県は、ほ場において飼料作物の生育のばらつきを解消する栽培管理技術の開発を目指しており、「粗密具合と収量との関係」「飼料用トウモロコシ以外のほ場における活用」「ほ場内における雑草の状況判定の可能性」に関する検証をForex Robotics社と連携して行うことで、自給飼料の増産による持続的な畜産経営を図り、飼料高騰対策を行っていきます。

またForex Robotics社は、今回の検証により得られた結果を踏まえてさらなるシステム改良を行い、従来よりも安価で安全性の高い映像データ解析ソフトウェアの開発を目指しています。加えて栃木県は「実証フィールドの提供等について引き続き支援・連携していきます」とコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

メルマガに登録する

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら