AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

【国内最大規模】東京電力が風力発電170基をAIドローンで点検!

最終更新日:2021/05/21

風力発電国内NO.1のユーラスエナジーと昨年米国ドローン点検SkySpecs社と独占契約を締結した東京電力ベンチャーズは、170基の風力ドロ―ン点検を実施。経年化が進む中で両社は保守管理業務のデジタル化を通じ、風車損傷の早期発見を目指します。

このニュースのポイント

  • ユーラスエナジーと東京電力ベンチャーズは、170基の風力ドロ―ン点検を実施
  • 国内陸上風力の耐用年数は約20年で経年化が進んでいる
  • 6万基以上の点検データを学習したAIで風車損傷の早期発見を目指す

株式会社ユーラステクニカルサービスと東京電力ベンチャーズ株式会社は、国内最大規模となる170基の風力発電設備のドローン点検を実施します。

国内での風力・太陽光発電所の安定操業を担うユーラステクニカルサービスは、風力発電設備の大規模化や洋上への進出など、さらなる拡大が期待される風力発電設備の保守管理において、集中監視システムの導入や、ドローンを含めた最新の点検ソリューションの検討など、先進的な取り組みを展開しています。

国内における陸上風力設備の耐用年数は約20年と言われています。経年化が進んでいく状況下、再生可能エネルギーの安定的な利用のためには、風車ブレード損傷の早期発見の重要性が増しています。従来はブレードの点検を人の手によって実施してきましたが、点検の精度が一定でないことや、点検に時間を要すること、また高所作業による安全面も含めた課題を抱えていました。

 

ユーラス北野沢ウインドファームでの点検の様子(青森県)

これらの課題に対処するために、2019年より複数社のドローンによるブレード点検サービスを比較検討した結果、高い優位性を持ったSkySpecs社の採用を決定。2021年度、同社が運転・保守管理を行っている国内の発電所のうち、13の発電所、総計170基で運用します。

東京電力ベンチャーズは、風力発電設備の保守管理ソリューションの世界的リーダーであるSkySpecs社と独占アライアンスを締結しています。

SkySpecs社によるドローン点検サービスは、自律制御により自動運転で安定した精度の画像を取得できます。1基あたり15分で画像取得でき、短期間での点検が可能。1基あたりの点検に伴う風車設備停止時間削減のため、費用対効果に優れています。また、6万基以上の風力発電設備の過去の点検データにより、優れた損傷検知能力を誇ります。

ユーラステクニカルサービスと東京電力ベンチャーズは保守管理業務のデジタル化を通じ、再生可能エネルギーの安定的利用拡大を目指します。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら