DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

ソフトフロント、二幸産業にAI電話自動応答サービスを導入

最終更新日:2024/01/30

二幸産業は、ソフトフロントジャパン提供のボイスボット「commubo」が活用されている「AI電話自動応答サービス」を導入しました。

このAIニュースのポイント

  • 二幸産業、問い合わせ業務で活用するAI電話自動応答サービス導入
  • 「commubo」の音声テキスト化機能や、通話録音機能を業務に活用
  • 作業工数を40%削減へ。お客様満足の向上にも貢献

不動産管理を行う二幸産業株式会社は、24時間365日問い合わせ対応において、株式会社ソフトフロントジャパン提供のボイスボット「commubo」が活用されている、ディー・キュービック株式会社の「AI電話自動応答サービス」を採用しました。

「commubo」は、「継続的で」「複雑な」「音声の会話」に対応する自然会話AIボイスボットです。自動化や効率化のための機能性だけでなく、導入企業ごとに異なる組織体制や業務フローに最適にフィットすることができ、これまでコールセンター業務を中心に、あふれ呼対策や注文受付、予約受付、督促業務など、電話業務の効率化や生産性向上を支援しています。

二幸産業は、建物施設の運営管理などの事業を展開しています。従来は営業担当が一次受付を行い、夜間・休日は電話代行会社に委託していましたが、そこでの聞き間違い・情報共有の遅延等が発生していました。また、電話代行会社での対応ができないことによる、緊急電話がつながらない問題の発生や、二次対応者への引き継ぎの際に発生する情報の行き違い、それに伴う折り返し対応の遅延も発生することで、業務効率だけでなく、顧客応対の質の低下が課題に挙がっていました。

二幸産業はBPO事業者であるディー・キュービックを通じて「commubo」の会話内容のテキスト化や通話録音機能に注目し、今回採用に至りました。ボイスボットが問い合わせを一次受付し、二次対応者に自動通知することで、二次対応者は問合せ内容と緊急性を確認し、すぐに対応に移ることが可能です。さらに、社外への対応完了の連絡をする工数も削減出来ました。これにより、作業工数を40%削減するだけでなく、迅速に対応することでお客様満足の向上にもつながっています。

ソフトフロントジャパンは、今後も電話対応の効率化とお客様満足度・顧客体験(CX)向上を両立させるソリューションを提供するとコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら