AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

三菱UFJモルガン・スタンレー証券、AI活用で通話を自動解析・モニタリング

最終更新日:2021/10/07

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、お客さま応対の通話を解析・モニタリングするシステムを導入。日立のLumada「音声デジタルソリューション」とFRONTEOのAIエンジン「KIBIT」を組み合わせ、通話音声の記録から、リスク箇所の抽出、モニタリング担当者への提供までを自動で行います。

このAIニュースのポイント

  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、お客さま応対の通話を解析・モニタリングするシステムを導入
  • 日立のLumada「音声デジタルソリューション」とFRONTEOのAIエンジン「KIBIT」を活用
  • モニタリング担当者の経験によらず客観的な解析と厳密で徹底したリスク管理が可能に

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社は、株式会社日立製作所、株式会社FRONTEOの協力のもと、お客さま応対の通話を解析・モニタリングするシステムを導入しました。2021年10月1日より、本システムの運用を開始します。

音声認識技術とAIを用いた本システムにより、お客さまとの全通話内容をテキスト化して自動解析することが可能となり、コンプライアンスチェックを目的としたモニタリング業務の網羅性と検証精度を向上し、お客さま本位の業務運営の徹底をさらに強化します。将来的にはこの仕組みを活かし、通話内容のリアルタイムモニタリングや、会話に含まれるお客さまニーズの分析など、サービス品質のさらなる向上への取り組みも視野に入れています。

金融庁が「顧客本位の業務運営に関する原則」を公表して以降、安定的な資産形成には金融機関が顧客本位の業務運営につとめることが不可欠として、金融機関における営業活動の適切性を検証するモニタリング業務の重要性が高まっています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、お客さまへ適切なサービスを提供するため、通話記録のモニタリングを行っています。しかしながら、全国の本支店、コールセンター、担当者が持つ携帯電話などのお客さまとの会話は一日の総通話時間が数千時間分にも及ぶことから、実際に録音を聞いて分析する作業には多くの時間を要するほか、全ての応対履歴を検証することは困難となっていました。

本システムでは、日立のLumadaソリューションの一つである「音声デジタルソリューション」とFRONTEOのAIエンジン「KIBIT」を組み合わせ、通話音声の文字起こしから、チェック対象となるコンプライアンス・リスク箇所の抽出、モニタリング担当者への提供までを自動で行います。

従来、通話内容の分析・記録作業に要していた時間を大幅に削減でき、全ての応対履歴を検査することが可能になるほか、モニタリング担当者の経験によらず客観的な解析と厳密で徹底したリスク管理が可能となります。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら