DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

日立、電力事業者向けにAIを活用した設備点検・監視・最適化支援ソリューションを発売

最終更新日:2022/06/03

日立 電力会社の予知保全AI発売

日立製作所は、電力事業者をはじめとした企業向けに、送電網などの重要設備の点検、監視、最適化のためのデジタルソリューション「Lumada Inspection Insights」を発売します。

このAIニュースのポイント

  • 日立製作所が電力事業者向け予知保全ソリューション「Lumada Inspection Insights」を発売
  • ドローン、スマートカメラ、人工衛星、地理情報システムを活用した安全管理、事故対策が可能
  • 設備点検の自動化と、安全性の向上、山火事などの環境影響の低減、サステナビリティ目標の達成に貢献

日立製作所は、電力事業者をはじめとした企業向けに、送電網などの重要設備の点検、監視、最適化のためのデジタルソリューション「Lumada Inspection Insights」を発売します。

「Lumada Inspection Insights」は、日立エナジーと日立ヴァンタラが共同で開発したもので、対象物にレーザー光を照射し、対象物に当たって跳ね返ってくるまでの時間差を計測することで距離、位置や形状を検知するリモートセンシング技術であるLiDARや衛星画像、温度分布などの写真や動画をAIで解析します。

日立はLumadaによるデータ駆動型の価値協創サイクルを通じて利用者の設備点検の自動化と、安全性の向上、天候に関連するリスクや山火事による環境影響の低減、サステナビリティ目標の達成に貢献します。

「Lumada Inspection Insights」には”Hitachi Image Based Inspections” “Hitachi Intelligent Infrastructure Monitoring” “Hitachi Vegetation Manager” “Hitachi Map”の四つのコア・ソリューションで構成されてます。

電力事業者をはじめとした企業向けに作られており、それぞれドローンによる高所での画像解析、スマートカメラでのインシデント防止、人工衛星による災害対策、地理情報システムと結合した複数の作業管理システムによるメンテナンス業務のリソース管理が可能なソリューションです。

四つのコア・ソリューションはAIと機械学習を活用して設備の状態やリスクを分析することで、障害や設備停止のさまざまな原因を特定します。また、予測分析により運用や環境に関するリスクを評価することで、障害発生前の修繕を効率化することが可能です。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら