DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

バクラク請求書、インボイス制度対応の新機能を追加

最終更新日:2023/01/26

LayerXは、クラウド請求書受領ソフト「バクラク請求書」において、インボイス制度への対応を強化しました。

このAIニュースのポイント

  • 2023年10月1日に開始するインボイス制度へ対応したもの
  • 請求書管理業務の負担軽減を実現する2つの機能を追加
  • バクラク請求書以外の各プロダクトにおいても、順次インボイス制度対応機能を拡充していく予定

株式会社LayerXは、クラウド請求書受領ソフト「バクラク請求書」において、2023年10月1日に開始する適格請求書等保存方式(インボイス制度)への対応を強化しました。

インボイス制度とは、2023年10月1日に開始される、消費税の仕入税額控除に対して導入される新しい方式のことです。仕入税額控除を受けたい買手の企業では、原則として、取引相手の登録事業者の発行する「適格請求書(インボイス)」の保存が必要になります。

受領請求書処理について、インボイス制度に余裕を持って対応するためにも、可能な限り早期から自社業務への影響を確認し、準備を進める必要があります。

インボイス制度開始に向けた準備のひとつに、取引先の適格請求書発行事業者登録番号を、制度の開始前に確認する業務があります。バクラク請求書では、この登録番号を効率的に確認できるようにするため、2つの機能を搭載しました。

1つ目は、取引先マスタで、法人番号・適格請求書発行事業者登録番号を一括インポートし、国税庁の登録番号確認APIへ自動で確認する機能です。

今回新たに、国税庁の適格請求書発行事業者公表システムWeb-API機能を利用することで、CSVで一括でインポートした登録番号の登録状況について、一括で自動確認する機能を追加しました。
これにより、確認業務の負担軽減を実現します。

2つ目は、適格請求書発行事業者登録番号を自動読み取り、国税庁の登録番号確認APIへ自動で確認する機能です。

バクラク請求書へ請求書をアップロードすると、受領した請求書に記載されている適格請求書発行事業者登録番号をAI-OCRで読み取り、国税庁の適格請求書発行事業者公表システムWeb-API機能へ、自動で確認します。この機能によって、適格請求書の受領開始後も、スムーズに請求書を処理することが可能です。

バクラクは「インボイス制度開始後も、最小限の負担で業務を運用できるよう、各種新機能の開発を進めています。バクラク請求書以外の各プロダクトにおいても、2023年の前半にかけて、順次インボイス制度対応機能を拡充していく予定です」とコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら