AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

認識率9割以上?!手書き文字認識AIで各種事務作業を効率化

最終更新日:2021/10/27

認識率9割以上?!手書き文字認識AIで各種事務作業を効率化|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

最近、OCR(光学文字認識)技術の中でも「手書き文字」の認識が可能なAI-OCRに注目が集まっています。文字認識率9割以上をうたうソフトウェアも登場しており、手書き文書を扱う各種事務作業の効率化が図られています。

■リクルート、黒板の手書き文字も文字認識技術のディープラーニングでデータ化

リクルートマーケティングパートナーズは2017年より、同社が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』の講義動画内の音声や文字データを検索し、動画の「見たい」「聞きたい」部分をすぐに再生できる機能を提供しています。

テキストマイニングや深層学習(ディープラーニング)を用いた解析技術によって、先生の声(音声データ)や黒板の手書き文字をテキスト化して認識。ユーザーが見たい部分の検索を容易にしました。

 

動画内テキスト検索機能は、講義動画内の「黒板の文字」のキーワード検索が可能です。文字認識技術のディープラーニングによって、講義中の黒板の手書き文字をAIが自動で認識します。そしてそれをテキストデータ化することにより、自由で簡単なキーワード検索の実現を目指すというものです。

(参照:リクルートテクノロジーズ 動画の「見たい」「聞きたい」シーンを一発でキーワード検索できる!? リクルートテクノロジーズ、動画内の”音声”と”手書き文字”検索機能を新開発。ユーザー100名を対象に8月7日より第一弾実証実験スタート!)
リクルート、黒板の手書き文字も手書き文字認識でデータ化|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

 

■手書き文字を書くロボットも登場

手書き文字を認識するだけでなく、手書き文字を自ら書くロボットも登場しています。

研究しているのは、米国ブラウン大学の小谷篤信さんのチームです。このロボットは、日本語の学習を通じて得た知識を応用し、ヒンディー語、ギリシャ語、英語といったロボットにとって初見の言語も手書きできる能力を身に付けました。

手書きの文字は、書き方や書き順など細かいアルゴリズムで成り立っています。私たち人間が子どもの頃に文字を書く訓練をしたときも、正しい書き順に沿って書かないと、どこかバランスの悪い文字になったものです。

小谷さんらの開発したロボットは黒板の手書き文字を見て、書き始めはどこか、書き順はどうなっているかなどをマシンビジョンで判断し、つぎつぎと正しい方向にペンを走らせていきます。研究チームが試しに、ヒンディー語、タミル語、イディッシュ語の異なる筆跡でそれぞれ「こんにちは」と書き、ロボットを混乱させてみました。すると、ロボットは混乱するどころか、日本語を書く訓練しか受けていないのにも関わらず、アルゴリズムを理解して自力で書き写してみせたのです。英語に関しては、楷書だけでなく筆記体も書くことができます。

いまや、ロボットの手書き文字は人間とそん色ないほどに上達したそうです。ロボットの「手書き」は、人間との新たなコミュニケーション手段になるかもしれませんね。

 

OCRのサービス比較と企業一覧を見る

 

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら