DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

G検定、2023年の年間開催スケジュールを発表 年間開催回数が5回に増加!

最終更新日:2024/02/28

⽇本ディープラーニング協会は、2023年におけるG検定の年間開催スケジュールを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • G検定、2023年の年間開催スケジュール発表
  • 年間開催回数が5回に増え、より受験が容易に
  • G検定受験推奨企業は現在249社にのぼり、業種や職種を問わず、企業における導⼊は加速

ディープラーニングを中⼼とする技術による⽇本の産業競争⼒の向上を⽬指す⽇本ディープラーニング協会は、2023年におけるG検定(ジェネラリスト検定)の年間開催スケジュールを発表しました。

G検定とは、JDLAが実施する、AI・ディープラーニングの活⽤リテラシー習得のための検定試験です。AI・ディープラーニングについて体系的に学ぶことで、「AIで何ができて、何ができないのか」「どこにAIを活⽤すればよいか」「AIを活⽤するためには何が必要か」が理解でき、データを活⽤した新たな課題の発⾒やアイデアの創出が可能になる、デジタル施策の推進に⾃信が持てるようになるなど、ビジネスやキャリアの可能性が広がります。

DXへの取り組みが本格化する中、デジタルを活⽤するためのリテラシーやスキルの習得は社会全体に求められ、AI・ディープラーニング領域もその中に含まれています。

AI・ディープラーニングの活⽤はあらゆる産業、ビジネスシーンで急速に進み、「AI・ディープラーニングで何が出来るのか」「AI・ディープラーニングを活⽤するためには何が必要か」を理解することは、今や全てのビジネスパーソンに求められています。

こうした背景の中において、JDLAは、良い学びの機会を提供するために、2023年のG検定開催回数を増やしました。

帝国データバンクが⾏った調査では、「DX取組」企業の8割以上が「リスキリングへ取り組んでいる」と回答しました。また、そうした中でG検定は、2022年9⽉の⽇経クロステック「IT資格実態調査」においても、「取りたい資格」の上位資格として上がるなど注⽬されています。

また、JDLAの2022年のアンケート調査では、G検定受験推奨企業は現在249社にのぼり、業種や職種を問わず、企業における導⼊は加速しています。

出典:⽇本ディープラーニング協会

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら