DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

図研エルミック、映像連携プラットフォームにAI映像解析機能が追加

最終更新日:2022/05/27

AI映像解析で製造現場を効率化

図研エルミックが工場の監視カメラや高速カメラとFA機器、センサー、BIツールなどとのデータ連携、相互制御を実現する、映像連携プラットフォーム「FA Finder」のAI映像解析オプションを追加したと発表しました。

このAIニュースのポイント

  • 映像連携プラットフォーム「FA Finder」のAI映像解析オプションが追加
  • 製造現場の異常やその兆しに応じて、ロボットアームなどの自動生産機器を自動制御することも可能
  • 製造ライン異常の原因探索・設備の予知保全・製造工程の自動制御をすべて一本化できる

図研エルミックが追加したAI映像解析オプションを実装すると、工場の監視カメラや高速カメラと、FA機器・センサー・BIツールなどとのデータ連携や、相互制御が可能になります。

このオプションを活用すれば、製造ライン異常の効率的な原因探索、設備の予知保全、製造工程の自動制御などがすべて「FA Finder」で一本化することが可能です。生産効率の向上、省人化に大いに貢献することでしょう。

FA Finder AI映像解析オプションは、図研エルミックがユーザーの製造現場で撮られたカメラ映像を学習用データとして活用します。つまり、AI映像解析オプションを導入したい場合、まずはユーザーがカメラ映像を収集・提供し、それを図研エルミックがAIに学習させたうえで連携システムを開発するという仕組みです。

これにより、実装されたときにはAIがすでに「ユーザーの製造現場における異常や異常が起きる前兆の判断基準」などが学習済みとなっており、専門知識がなくても導入できます。さらに、解析結果とPLC等の制御装置を連携すれば、異常や異常の兆しに応じて、ロボットアームをはじめとする自動生産機器を自動制御することも可能となりました。

つまり、AI映像解析オプションを導入することにより、「FA Finder」を異常の原因究明から解決まで取組める統合プラットフォームにすることができるのです。

映像解析・予知保全・自動制御の各システムを個別に構築する場合と比べると、コストが抑えられるだけでなく、管理も格段に楽になります。なお、図研エルミックは、AI映像解析の実用性に不安を感じているユーザー向けには、無償の事前確認サポートも提供中です。

提供:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら