AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

エッジAIソフトウェア市場、2027年まで20.3%の成長率を予想

最終更新日:2021/05/08

エッジAI

2021年4月29日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、エッジAIソフトウェア市場は、2020年から2027年の予測期間にわたって、20.3%を超える健全な成長率で成長すると予想されるそうです。

このAIニュースのポイント

  • グローバルエッジAIソフトウェア市場は2019年に約4億8000万米ドルと評価
  • 2020年から2027年の予測期間にわたって20.3%以上の成長率を予想
  • アジア太平洋地域も2020年から2027年の予測期間で最高の成長率

 

エッジAI

 

グローバルエッジAIソフトウェア市場は2019年に約4億8000万米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって20.3%以上の健全な成長率で成長すると予想されるそうです。

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。

さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景とタイプの提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。

 

■エッジAIとは

エッジAIとは、端末に入っているAIのことです。ここでいう端末は、車やIoTデバイス、スマートフォンなどのことを指します。そのような端末自体、もしくは端末の近くのサーバーに搭載されたAIのことを、エッジAIと呼びます。

 

■エッジAIソフトウェアは、機器間でのデータを要求してから、実際に届くまでの待ち時間を削減

クラウドベースのサーバーファームでは、現在、主に人工知能が実行されています。 AIの準備のほとんどは、専門的なコンピュータースキルを含む深層学習モデルのトレーニングを通じて行われます。AIの導出は、準備後に実行され、通常は計算に重点が置かれていませんが、AI処理の観点からはほとんど無視されてきました。

クラウド上でのエンタープライズワークロードの増加やインテリジェントアプリケーションの数の急増などの多くの要因が、エッジAIサービスとソリューションの採用を促進する可能性があります。

エッジ AIソフトウェアは、ICT端末としての機能を有する自動車(コネクテッドカー)や自動運転車の実行に使用される安全なハードウェアでデータ処理を即座に行えるため、コネクテッドカーで使用されます。たとえば、2020年8月、BoschとPony.AIは、AIソフトウェアの支援を受けて、自動車の車両管理で提携しました。

エッジAIソフトウェアはさまざまなデータの管理に使用され、ビジネスを促進して速度、帯域幅、データ分析の改善、個人の体験の向上、機器や装置の間で、データが要求してから、実際に届き始めるまでの待ち時間の削減を実現します。これにより、予測期間に世界市場が拡大すると予想されます。

ただし、基地局、ルーター、スイッチなどのシステムでのセキュリティ違反、攻撃、およびサービス拒否の増加により、エッジAIソリューションの採用が制限されているため、市場の成長が妨げられています。

世界のエッジAIソフトウェア市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域について検討されています。

北米の多くのAIサービスサプライヤーが機械学習と人工知能の機能を現在の機能と統合することで、エッジAIソフトウェア市場をチェックしているため、北米は市場シェアの点で世界をリードする、重要な地域です。

アジア太平洋地域も2020年から2027年の予測期間で最高の成長率を示すと予想されますが、これは、AI技術の進歩に集中する地元企業の拡大や政府のイニシアチブなど、さまざまな理由によるものです。

 

■市場プレイヤー・市場の詳細な区分

このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーは、アルファベット社やマイクロソフト、IBM Corporation、アマゾンウェブサービス社があります。

そのほかは、Synaptics Incorporated、イマジモブAB、TIBCO Software Inc.、オクトニオンSA、FogHornシステム、ゴリラテクノロジーグループ。また、レポートでは日本の詳細な分析を提供します。

市場の詳細な区分(セグメント)とサブセグメントは、コンポーネント別だと、ソリューションやサービスが当てはまります。アプリケーション別では、自動運転車、アクセス管理、ビデオ監視、リモートモニタリングと予知保全、テレメトリー、エネルギー管理等。

データソース別では、ビデオと画像の認識、音声認識、生体認証データ、センサーデータ、モバイルデータ。

垂直方向は、政府と公共、製造、自動車、エネルギーとユーティリティ、テレコム、健康管理。

地域別では、北米や米国、カナダ、ヨーロッパ。そのほかイギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、アジア太平洋地域、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、RoAPAC、ラテンアメリカ、ブラジル、メキシコ等です。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら