DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

AIアバター「デジタルヒューマン」に「ReadSpeaker」の音声を搭載

最終更新日:2022/06/03

感情豊かに喋るAIアバター登場!

デジタルヒューマン社は、リアルなCGキャラクターと対話することができるAI アバター「デジタルヒューマン」の声として、圧倒的な肉声感と明瞭感を実現したHOYA社MD部門「ReadSpeaker SBU」の音声合成を利用可能にしました。

このAIニュースのポイント

  • AIアバター「デジタルヒューマン」に「ReadSpeaker」の音声が実装
  • 「ReadSpeaker」の8種類の話者モデルの他オリジナルボイスモデルの生成が可能
  • 「デジタルヒューマン」の喜怒哀楽など細かい感情表現の技術が音声の側面から向上

デジタルヒューマン株式会社は、リアルなCGキャラクターと対話することができるAI アバター「デジタルヒューマン」の声として、圧倒的な肉声感と明瞭感を実現したHOYA株式会社MD部門「ReadSpeaker SBU」の音声合成を利用可能にしました。
 
「ReadSpeaker」は、数十の言語とリアルな音声を提供するグローバルな音声合成スペシャリストで、様々な業界・企業・用途で1,300社以上に導入実績がある音声合成です。
 
「デジタルヒューマン」はAIの顔で、映画やゲームで利用出来る品質のリアルなCGキャラクターと対話することができるAIアバターです。AIやチャットボットと連携して、顔の表情やセリフと唇の同期したアバター映像をリアルタイムに生成して配信できます。
 

 
今回の連携で「デジタルヒューマン」内で「ReadSpeaker」にある8人の話者モデル及び、それを基にした音声合成でオリジナルの音色で話すデジタルヒューマンの展開が可能になります。これにより実在の人物の外見を再現したクローン・デジタルヒューマンにReadSpeakerのオリジナルボイスを利用する事でより本物に近いアバターの作成が可能です。
 

 
人間の声は感情の喜怒哀楽に応じて変化します。ReadSpeakerを利用すればデジタルヒューマンの喜怒哀楽を、顔の表情だけでなく、声でも表現出来るようになります。更に従来の技術では難しかった相槌・語尾・言い回しなどの細かいニュアンスの表現力が向上しました。
 
出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら