AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

シオノギ製薬、AIチャットボットによる問合せ対応製品を大幅に拡張

最終更新日:2021/10/07

塩野義製薬は木村情報技術の「DI chat」について、対応製品29製品に拡張したバージョンを導入しました。従来の8製品に加え、次の21製品について、日本語での問合せが可能となりました。

このAIニュースのポイント

  • 塩野義製薬は木村情報技術の「DI chat」について、対応製品29製品に拡張したバージョンを導入
  • 「DI chat」は、一問一答形式での回答を実現したAI顧客問合せ対応システム
  • 自然な文章での問合せが可能なため、人に聞くように使用できる

塩野義製薬株式会社は2019年12月に公開した、木村情報技術株式会社が提供するAIを活用した自動会話プログラム「DI chat (Drug Information Chatbot)」について、対応製品29製品に拡張したバージョンを導入しました。
従来の8製品に加え、次の21製品について、日本語での問合せが可能となりました。

 

 

「DI chat」は、木村情報技術が開発したオリジナルAIエンジンを活用したAIチャットボットに、塩野義製薬が作成したQ&Aを学習させることで、一問一答形式での回答を実現したAI顧客問合せ対応システムです。医療関係者は「DI chat」の質問入力欄に29製品に関する質問を入力し、回答を得ることができます。一般的な検索システムと違い、自然な文章での問合せが可能ですので、人に聞くように使用することができます。

「DI chat」は今後も製品数の拡大を視野に入れ、さらなる利便性の向上により医療現場への貢献を進める予定です。

新規対応製品:
アシテア・アルメタ・サインバルタ・バクタ・フラジール・フルマリン・フルメタ・フロモックス・メサペイン・
リンデロン・ルミラ
※剤型,容量違いで複数の製品名があるものを含みます

 

出典:PR TIMES
chatbot eBook

AIサービス
チャットボット
導入活用事例
医療・ヘルスケア

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら