AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

「人流解析が創るスマートシティの未来セミナー」神戸市・渋谷区の行政担当者と考える

最終更新日:2021/08/18

地域ICT推進協議会は「人流解析が創るスマートシティの未来セミナー」を2021年9月8日(水)15:00~16:30に開催します。人流解析によるリアルタイムデータの解析について可能性を探ります。

このAIニュースのポイント

  • 地域ICT推進協議会は「人流解析が創るスマートシティの未来セミナー」を2021年9月8日(水)に開催
  • 神戸市・渋谷区の行政担当者が人流解析によるリアルタイムデータ解析の可能性を探る
  • オンライン開催で参加費は無料、申込締切は 9月6日(月)

地域ICT推進協議会(COPLI:コプリ)は、産学官民によるコンソーシアムであり、そこでの交流を通じた地域経済の活性化、また多彩な活動を通じた地域及びそこに住む人たちへの貢献を「基本理念」として活動している共同事業体です。

今回開催するセミナーは、「人流解析が創るスマートシティの未来セミナー」と題し、ICT等の新技術を活用しつつ、都市や地域の抱える諸課題をどのように解決をするのか、また、その中でも人の流れをデータ化する「人流解析」が、スマートシティにどのように作用するのかを考えます。

神戸市のスマートシティはどうあるべきか。神戸市・渋谷区と考える。
渋谷区では、生活者共創型のまちづくりアプリサービス「shibuya good pass」の実証実験を2020年11月に開始し、先進的にスマートシティの構築に取り組んでいます。

シェアリングエコノミーのハブであり生活者視点のプラットフォームを構築し、若者に選ばれる街「渋谷区」と、地方都市として150万の人口を擁する「神戸市」。神戸市はどのようにスマートシティ構築を目指すのか、神戸市・渋谷区の行政担当者とともに考えます。

 

    
左から【ゲストスピーカー 】神戸市 企画調整局 つなぐラボ 担当部長 藤岡 健 氏、渋谷区 経営企画部副参事 スマートシティ推進 担当課長 加藤 茜 氏、【コーディネーター】地域ICT推進協議会(COPLI) 会長 藤井 信忠 氏

データ基盤の基本は「人流解析」 街のDX化が目指すものとは。コロナ禍における社会生活は、もはやICTなしでは語れません。スマートシティを支えるデータ基盤として「人流解析によるリアルタイムデータの解析」について可能性を探ります。

滞留・密状態の検知、不審者の検知、渋滞・事故検知による公共交通機関のリソース最適化、店舗回遊分析によるマーケティング活用など、人流解析によるリソース最適化やAI化は、街のDX化の重要な技術であり、最も中心的なテーマの一つです。人口減少社会における魅力ある街づくりは、スマートシティによってどのように生み出されるのかを考えます。

 

「人流解析が創るスマートシティの未来セミナー」は2021年9月8日(水)15:00~16:30に開催。申し込みは9月6日(月)まで公式サイトから可能です。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら