AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

FRONTEOの「株主支配ネットワーク解析ソリューション」で事業やR&D戦略策定を支援

最終更新日:2021/06/21

株式会社FRONTEOが、ネット上での株主間の影響力を解析し支配力の伝搬を把握できる「株主支配ネットワーク解析ソリューション」の提供を開始。
経済安全保障に関わる国策や、企業の事業/R&D戦略の策定のキーとなる解析を支援します。

 

このAIニュースのポイント

  • FRONTEOが「株主支配ネットワーク解析ソリューション」の提供を開始
  • 提携/買収予定の企業が遠隔から支配されていないか、事実上の支配者は誰かを可視化
  • 潜在的なリスクを把握し、対処したうえでの戦略的な意思決定に役立つソリューション

 

「株主支配ネットワーク解析ソリューション」は、提携/買収しようとしている企業が、特定の国家・企業によって遠隔から支配されていないか、当該企業の事実上の支配者が誰なのかを可視化することができます。潜在的なリスクを把握し、対処したうえでの戦略的な意思決定に役立つソリューションとして、注目を集めています。
 
 

このソリューションを利用することで、ネットワークを介した株主影響力を把握することができます。単純な持ち株比率だけでは捉えられない複雑なネットワークを介した株主間の支配力を可視化します。
また、人手では見つけることが困難な高次階層に存在する支配的な株主についても知ることができ、提携・買収しようとしている企業を実質的に支配しているのは誰かを予測することができます。

それだけでなく、限られた予算内で買収の影響を最大化できる方法まで構築できます。現状を把握するだけでなく、どのような買収戦略を立てれば影響力を最大化できるかといった企業戦略の定量評価にも応用が可能です。
 

 
 

新型コロナウイルス感染拡大の影で、グローバル企業のM&Aが盛んに行われています。M&Aに際しては、買主となる企業がデューデリジェンスを行い、買収対象の会社や事業に関するリスクを把握するというプロセスが必要です。

サプライチェーンの健全性・安全性評価と共に、株主支配ネットワークの把握が重要視されています。この機会に活用してみてはいかがでしょうか。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら