DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

複数種類のAI学習モデルを同時に処理できる産業用PCがリリース

最終更新日:2022/08/08

AIチップ2基搭載の産業用PC

アナログ・テックは、複数種類のAI学習モデルを同時に処理できる産業用PC『AT-IPCFG004』をリリースしました。

このAIニュースのポイント

  • 複数種類のAI学習モデルを同時に処理できる産業用PC『AT-IPCFG004』がリリース
  • 高性能AIチップを2基搭載することで、AIの推論機能を拡張できる
  • ソースに対して複数のアルゴリズムを同時に適用でき、ユーザーに合わせたカスタムも可能

アナログ・テック株式会社は、複数種類のAI学習モデルを同時に処理可能なAIエッジコンピュータ『AT-IPCFG004』をリリースしました。

Hailoが開発した『Hailo-8™ AIプロセッサ』は、AI処理に特化したアーキテクチャのチップです。データプールとコンピューティングユニットを非常に小さなエリアに配置しており、外部のI/FやI/Oを使用することなく低遅延/低消費電力での処理を実現しています。

AT-IPCFG004は、産業向けの高性能AIチップ『Hailo-8™ AIプロセッサ』を2基搭載。エリア認識と物体認識、物体認識と姿勢推定など、種類の違う学習モデルを入力ソースに対して同時に適用することで、AIの推論機能を拡張できる産業用コンピュータです。

AIのディープラーニングでは、画像、音声、時系列など『扱うデータソースの種類』や、分類、深度推定、物体認識、顔の検出、姿勢の推定などの『分析の用途』に応じて、都度最適なアルゴリズムを選択して適用します。

一般的にエッジ推論では、一つの画像ソースに対して一つの学習モデルが実行されます。一方、AT-IPCFG004は複数のHailo-8™ AIチップを搭載することで、ソースに対して『複数のアルゴリズムを同時に適用する』ことが可能です。

また、産業用途に適した特徴を持っているためHailo-8™を搭載したAT-IPCFG004は、小型で優れた放熱設計のファンレス筐体を採用。耐環境性能に優れ、ラック立架が難しい現場にも導入可能です。

さらに、産業用システムで要求されるRS232/422/485、DIOの汎用インターフェースがオプションで用意されており、ユニバーサルI/OによるPoEや10GbEの拡張、産業用SSDなど産業用グレードへのパーツにも組替えできます。

AT-IPCFG004の仕様がユーザーの利用用途にマッチしなければ、その適合しない個所を状況に合わせてカスタム可能です。これにより、仕様設計の短縮や、ユーザーへの提供リードタイムの短縮が図れます。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前

メールアドレス
(ビジネス用)

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら