AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

医療AIプラットフォームを通して、医用画像共有システムと連携した脳動脈瘤検出補助AIを医療機関に提供する試行運用を開始。日本医師会AIホスピタル推進センターとも連携し業務プロセス等も検証します。

このAIニュースのポイント

  • 脳動脈こぶ検出補助AIを医療機関に提供する試行運用を開始
  • 脳MRA画像から、囊状(のうじょう)動脈こぶの可能性がある候補を検出し、医師の読影を補助する
  • 日本医師会AIホスピタル推進センターと連携し業務プロセス等を検証

医療AIプラットフォーム技術研究組合(HAIP)、株式会社エムネス、並びにエルピクセル株式会社は共同で、HAIPが研究開発中の医療AIプラットフォームを通して、エムネスの医用画像共有システムと連携したエルピクセルの脳動脈瘤検出を補助する医療AIサービスを、医療機関へ届ける試行運用を開始します。

今回の試行運用では、日本医師会AIホスピタル推進センター(Japan Medical Association Promotion Center for AI Hospital & Clinic:JMAC-AI)と連携することで、社会実装時の業務プロセス等の評価も併せて検証します。

今回、エルピクセルの脳MRA画像から、2mm以上の囊状動脈瘤の可能性がある候補を検出し、医師の読影を補助する医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysmと エムネスが提供する医用画像データをクラウド上で安全に共有することができるLOOKRECを医療AIサービスとして使用し、HAIPの医療AIプラットフォームに連携させる試行運用を行います。

 

 

これにより医療AIプラットフォームを社会実装するためのフィジビリティ評価の一環として、画像データの取得、医療AIサービスによる分析、分析結果の医師への報告等の一連の流れについて医療AIプラットフォームを用いて運用するための技術的検証を約10カ所程度の医療機関の協力のもと行います。併せてJMAC-AIにおいて参加を希望する医師を募集し、登録する仕組みの構築や業務プロセスの検証も行います。

今回試行運用するサービス事業基盤の医療AIプラットフォームは、高度で先進的な医療AIサービスをメニューとして一元的に提供するポータルサイトを提供。医療機関等の利用者がこのポータルサイトを介して医療AIサービスを安心・安全に利用することが可能になる重要な基盤です。これにより医師などの利用者は診断補助AIなど多くのサービスを活用することで、診療現場で患者と向き合う時間を増やしたり、働き方改革などに寄与することが期待されています。

 

出典:PR TIMES
chatbot eBook

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら