AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

株式会社ASTINAが、食品業界に向けたAI外観検査装置の提供を6月30日より開始しました。
食品加工における全ての工程をサポートし、生産性の向上に貢献します。

 

このAIニュースのポイント

  • ASTINAが食品業界向けのAI外観検査装置を提供開始
  • 原料処理から製造、加工、包装、保管まですべての工程に対応が可能
  • 人的な目視検査依存の状況やコスト効率などの改善に貢献

 

株式会社ASTINAは、製造・作業現場の自動化を支援する「OKIKAE」パッケージを提供し、「バラ積みの自動化」や「ケーブル挿入の自動化」というIoT技術をベースとしたスマートファクトリー化を推進しています。今回その第三弾として、「OKIKAE for AI外観検査」にて、食品業界向けのAIを新たに開発、提供が開始されました。食品加工におけるすべての工程で、外観検査の自動化を図ることが可能になります。
 

 
 

「OKIKAE for AI外観検査」は、原料処理から製造、加工、包装、保管まで、すべての工程に対応しています。
原料処理の工程では、X線とAIを活用して、鶏むね肉やラムチョップなどの肉に対して、骨や異物の混入を検知することが可能です。また、外観検査については、従来検査が難しいとされていたランダム模様に対しても、食品本来の形状・性質と異物を判定することができます。
 

 

加工だけではなく、包装以降の工程においても異常を検知できます。加工食品は袋や容器に密封されていますが、ピンホールや密封不良があれば、腐敗や酸化の原因にもなります。特に小さなピンホールについては、検査員でも見落としやすく問題視されているため、AIによる精密な異常検知の自動化が期待されています。
 

 

このシステムは、加工装置や組立て装置と共に組み込むことができます。つまり、現状の設備にAI外観検査、NG機構を設ける事が可能です。
また、AIで種別判定をし種類別の排出はもちろん、食品に限らず繊維をはじめとした柔軟物・不定形の製品にも対応するため、多種多様な業界への導入に対応することができます。金属部品や化粧品といった工業製品の外観検査にも利用可能です。
 

 
 

食品工場の外観検査では、異物混入・腐り・変色などの有無を確認し、品質の基準を満たしているかどうかを判定するなど、衛生管理が徹底されています。その検査は複雑化しており、人の経験に頼った目視検査が必要なケースが多く、人員不足やコストにおける課題が挙げられています。

AI外観検査装置を利用することで、人的な目視検査依存の状況やコスト効率の改善など、製造・作業現場の効率化を図ることが可能になります。
是非この機会に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら