DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

EMM(エンタープライズモビリティ管理)とは?MDMやMAMとの違い

最終更新日:2024/01/24

EMM(エンタープライズモビリティ管理)とは、従業員の利用するデバイス・アプリ・コンテンツを管理者が一元管理する機能です。テレワークやワーケーションなどの働き方が多様化した現在、情報漏洩リスク対策としてEMMは注目を集めています。

今回の記事では、EMMの特徴・メリットとデメリット・導入時の注意点・MDM、MAM、MCMとの違いについて詳しく解説します。

EMMとは?

EMMとは「Enterprise Mobility Management」の略で、日本語にすると「エンタープライズモビリティ管理」となります。

EMMは、従業員の利用するスマートフォンやPCといったデバイスと、アプリやデータなどのコンテンツを、管理者が一元管理するサービスです。このサービスは、モバイルワーク(自宅でのリモートワークや客先への常駐など)の増加に伴い、利用する企業が増加しています。

EMMは、以下のニーズに応えます。

  • 情報漏洩リスク対策
  • 従業員の作業時間の監督
  • 従業員がアクセスできるサイトの管理

EMMとMDMの違いは?

EMMは以下の機能を一元管理しています。

  • MDM(Mobile Device Management=モバイルデバイス管理)
  • MAM(Mobile Application Management=モバイルアプリケーション管理)
  • MCM(Mobile Contents Management=モバイルコンテンツ管理)

MDMはデバイスのみ管理するのに対し、EMMは管理できる領域が広いのが特徴です。MDM・MAM・MCMについては次の章で詳しく解説します。

EMM製品の機能

ここでは、MDM・MAM・MCMについて紹介します。

MDM(モバイルデイバス管理)機能

MDMは「モバイルデバイス管理」のことで、従業員が使用しているモバイル端末自体を一元管理する機能です。

MDMの特徴は以下の通りです。

  • デバイス利用者の情報収集が可能
  • 紛失時に端末をリモートロックする・データ削除するなどセキュリティ対策が可能
  • パスワード設定やOSアップデートなど、管理者による端末の一元管理が可能

MAM(モバイルアプリケーション管理)機能

MAMは「モバイルアプリケーション管理」のことで、従業員が使用している端末内のアプリケーションとそのデータを管理する機能です。

MAMの特徴は以下の通りです。

  • 業務用と私用のアプリ・データを別に管理が可能
  • BYOD対策として有効

※BYOD (Bring Your Own Device):個人が所有しているPCやスマートフォンを業務に使う利用形態

MCM(モバイルコンテンツ管理)機能

MCMは「モバイルコンテンツ管理」のことで、従業員が使用している端末内のコンテンツを管理する機能です。

MCMの特徴は以下の通りです。

  • クラウドやサーバー上のコンテンツに安全にアクセスが可能
  • データに対して「閲覧のみ」「端末外へ保存不可」など細かな設定が可能

EMM製品導入のメリット

EMM製品を導入するメリットは以下の通りです。

  • モバイルワークの増加に伴うセキュリティの不安を低減する
  • BYOD(Bring Your Own Device)のセキュリティ対策が可能となる

EMM製品導入のデメリット

EMM製品を導入するデメリットは以下の通りです。

  • 導入までに時間がかかる
  • 導入コストがかかる
  • 維持コストがかかる

自社のニーズと照らしあわせて最適なサービスを選択することが大切です。

また、EMMは高価なため、状況に合わせてMDM・MAM・MCMを単体で導入することも検討してみましょう。

EMM製品導入の注意点

注意点の画像

ここでは、EMM製品導入時に注意すべき点を紹介します。

管理しやすいものを選ぶ

EMMを導入する際には、従業員が業務を円滑に行えるかどうか確認することが必要です。

適切なEMM製品を導入できなかった場合、作業効率が悪くなったり、BYOD(個人のデバイスを業務に使用する)との相性が悪く不満が出たりする可能性があります。

導入時には、従業員の理解が得られ、情報管理部門が円滑に対応できるものを選択することが重要です。また、あらかじめ管理の意図を従業員に周知し、徹底させることも大切です。

サポートが充実しているものを選ぶ

EMM製品の導入後に問題が発生した場合、迅速なサポートが重要です。製品を選ぶ際には、ベンダーのサポート体制や対応実績を確認し、信頼できるものを選択するようにしましょう。

また、マニュアルが充実しているか、24時間対応のヘルプデスクが存在するか、日本語に対応しているかなども確認することが望ましいです。

マルチデバイスに対応しているものを選ぶ

EMM製品を選ぶ際には、パソコン・スマートフォン・タブレットなど、マルチデバイスに対応しているかどうかを確認しましょう。また、マルチOS対応の製品を選択することも大切です。

まとめ

EMMは、今後の情報化社会には必須の機能となります。

モバイルワークの増加に伴うセキュリティの不安を低減し、BYOD対策を可能にする一方で、導入コストや維持コストがかかるため、慎重な選択が必要です。

管理のしやすさ、サポートの充実度、マルチデバイス対応など、様々な観点から適切なEMM製品を選ぶようにしましょう。

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

導入活用事例
防犯・セキュリティー
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら