DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

バカン、ホテル向け混雑可視化・抑制用DXプランの提供を開始

最終更新日:2022/05/26

「コロナ禍のホテル運営実態」に関する調査 ホテルの混雑状況を見える化

バカンが「コロナ禍のホテル運営実態」に関する調査の結果を踏まえ、新たにホテルDXプランの提供を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • バカンが「コロナ禍のホテル運営実態」の調査結果を踏まえて、DXプランの提供を開始
  • 待ち列の管理や各施設の混雑状況を宿泊者自身が確認できる
  • 問い合わせが減ることで、従業員の稼働削減と宿泊者の満足度の向上を実現

AI×IoTを活用し、あらゆる混雑を可視化・抑制するサービスを提供するバカンが、「新型コロナウイルス流行後におけるホテル運営実態調査」を実施しました。

調査結果によると、利用者からの意見で多いのは「チェックイン/アウト時のフロントの混雑」が約66%、次いで「朝食会場やレストランの待ち列」「朝食会場やレストランの料理の残量」などが挙げられます。

「新型コロナウイルス流行後におけるホテル運営実態調査」

さらに多くの事業者において、今後改善が必要と考えている箇所としては、「フロント(71%)」「朝食会場・レストラン(61%)」といった回答がありました。

「新型コロナウイルス流行後におけるホテル運営実態調査」

解決策としては、60%の事業者が「人材の採用」と回答しており、次いで「ITシステムの導入」などを挙げています。

「新型コロナウイルス流行後におけるホテル運営実態調査」

この調査結果を踏まえて、 バカンはホテル向けに混雑可視化、抑制用DXプランを新たに提供開始。待ち列の管理や各施設の混雑状況をサイネージで見える化することで「宿泊者の満足度向上」と「人件費削減」を実現できます。

各施設の混雑状況をサイネージで見える化

実際にバカンのサービスを導入したホテルでは、各施設の混雑状況確認の問い合わせが70%削減されました。

バカン導入効果の一例

サービス導入前は、大浴場の混雑状況に関して月250時間程度フロントへの問い合わせが発生していました。サービスの導入ししたことで、宿泊者が手元で大浴場の混雑状況を確認できるようになり、フロントへの問い合わせが月75時間程度まで減少しています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
DX推進
IoT
省人化
導入活用事例
旅行・観光・訪日

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら