DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

AIでごみ分布調査!「タカノメ」の自動車版が実証実験を開始

最終更新日:2022/05/27

AI技術でごみの分布調査が可能

株式会社浜田が、株式会社ピリカと共同で、ごみ分布調査サービス「タカノメ 自動車版」の実証実験を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • ごみ分布調査サービス「タカノメ」の自動車版の実証実験が開始
  • 撮影機材を車両に取り付けることで、業務走行中に道路のごみの分布状況の調査が可能
  • ポイ捨ての対策や予算配分の最適化、美化施策の効果測定など効率的な清掃活動に活用

今回、ピリカが開発・提供するごみ分布調査サービス「タカノメ 自動車版」の実証実験が、浜田によって開始されました。

「タカノメ」は、スマートフォンで撮影した道路や歩道の動画データを独自開発のAIによって分析し、街中にあるごみの種類や数量を計測するシステムです。

現在は「タカノメ 徒歩版」が主に自治体や企業に導入され、清掃活動ルートの改善や、美化施策の効果測定等に活用されていますが、更に広範囲の調査を実施するために「タカノメ 自動車版」が2021年に開発されました。

自動車版では、専用アプリが搭載された撮影機材を車両に取り付けることで、業務走行中に道路のごみの分布状況を調査することが可能です。

今回の実証実験では、浜田が所有する産業廃棄物の運搬車両に「タカノメ 自動車版」を搭載し、企業の工場や解体現場から発生する廃棄物の回収を行いながら、路上ごみの分布状況の調査が行われます。

調査データは地域の自治体へ提供され、ポイ捨ての対策や予算配分の最適化、美化施策の効果測定、ごみ拾いSNSピリカと連携した効率的な清掃活動など、地域美化の取り組みに活用可能です。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら