AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

パナソニックISの作成簡単でテレワーク中でも活用可能なRPAソリューション、アセンテック社の導入事例を公開

最終更新日:2022/01/13

パナソニック インフォメーションシステムズが、アセンテックへのRPAソリューション導入事例を公開しました。
作成難易度が簡単でありながらテレワーク中でも活用できる柔軟性の高さに高い評価が寄せられています。
 

このAIニュースのポイント

  • パナソニックISがアセンテックへのRPAソリューション導入事例を公開
  • 作成難易度が低いためプログラミング知識は不要、テレワーク中でも活用可能
  • 月900件もの作業を自動化、100時間削減で業務負担を大幅に改善

 
アセンテック株式会社では、全社的な業務改善のためにRPAの導入を検討していましたが、どのシステムも作成難易度が高く、導入に踏み切れていませんでした。
しかし今回、パナソニックISが提案したRPA「ロボオペレータ」を採用し、現場主体での業務改善を実現しました。「リモートPCアレイ」をロボオペレータの稼働基盤として採用することにより、テレワーク中も業務を妨げることなくRPAを活用できます。2021年10月現在、月900件の作業を自動化し、月100時間を削減に成功しています。
 

■主な課題

1. プログラミング知識のない現場担当者でも手軽に業務改善したい

RPAを検討したものの、どのシステムもロボット作成が難しそうといった声は多く挙げられます。プログラミング知識がなくとも使える、分かりやすいツールが求められます。

2. テレワーク中もRPAツールを使いたい

「ロボットがPCを占有してしまうため、テレワーク中はRPAを稼働できない」という事態はよくあります。テレワーク中の業務を妨げることなく活用できるRPAが、最近多くの企業にとっての理想とされています。
 

■導入効果

1. わずか2日でロボット作成

ロボオペレータはUIが分かりやすいので、業務マニュアルを当てはめる感覚で簡単にロボット作成。アセンテックが作成にかかった期間はわずか2日です。

2. テレワーク中もRPAを活用、月の作業負担と時間を削減

自宅からデータセンター上のリモートPCアレイに接続することで、テレワーク中も業務を妨げることなくRPAを活用することができます。アセンテックでは、月900件にもおよぶ請求書作成業務と帳票出力業務を自動化し、月100時間を削減しています。
 

 

AI導入でよくある悩みとして、導入しても運用までの準備に多くの時間や労力を割かなければならないという点が挙げられます。今回のサービスのように、簡単作成かつ精度の高いものが普及すれば、企業にとっても理想的な環境改善が期待できるのではないでしょうか。

 
出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら