DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

医療AIとは?現場での活用事例・メリットとデメリットを簡単解説!

最終更新日:2023/11/24

近年ではAI技術が発展し、医療AIが医療現場を支援することも増えてきました。医療AIの導入は、現代医療の進歩における重要な一歩であり、診断・治療・予防までのプロセスに革命をもたらすと期待されています。

この記事では、医療AIのメリットとデメリット、医療現場でのAI導入事例、今後の医療AIの可能性について解説します。

医療AIとは?

医療AI(医療人工知能)とは、人工知能(AI)技術を医療分野に応用したものです。機械学習、深層学習、自然言語処理、画像認識といった技術が利用されています。

医療AIは以下のような場面で活躍しています。

  • データ分析
  • 病気の診断
  • 治療計画の提案
  • 患者のケア
  • 患者のモニタリング

AIが人間の知能や学習能力を模倣したり、医療データを分類・分析することで、医療現場のサポートを担うことができます。

医療現場でAIを活用するメリット

医療AI

ここでは、医療現場でAIを活用するメリットを6つ紹介します。

  • 業務効率化・コスト削減
  • 医師・看護師の負担軽減
  • 人的エラーの軽減
  • 24時間対応可能な医療体制の維持
  • 病気の早期発見に貢献
  • 地域ごとの医療格差を解決

(1)業務効率化・コスト削減

医療AIは、X線・MRI・CTなどの医療画像の解析や、患者の電子カルテの情報抽出などを得意としています。

AIを導入することで業務効率化が進み、診療の待ち時間を減少させます。そして、医療機関の運用コストの削減につながります。

(2)医師・看護師の負担軽減

医療AIが医療スタッフのルーチンタスクを自動化することで、医師や看護師の負担が軽減されます。

AIにより多くの時間を患者に費やすことができるようになり、患者ケアの質が向上します。

(3)人的エラーの軽減

医療AIは豊富な医学データと最新の研究結果をもとに、医師の診断と治療の意思決定をサポートします。例えば、薬物の適切な投与量や薬物間の相互作用に関する情報を提供します。

これにより、医師は最適な治療法や診断手法に即座にアクセスでき、誤った判断や選択する人的エラーを軽減します。

(4)24時間対応可能な医療体制の維持

医療AIは人間と違い、24時間365日いつでも稼働可能です。そのため、非常事態や緊急のケースに対応できるようになります。

(5)病気の早期発見に貢献

医療AIは膨大な情報からデータを分類・分析することが得意です。これにより、医者が見つけられないような微かな異常なパターンやリスク因子を検出し、病気の早期発見につながります。早期発見・治療が可能となると、患者の生存率が大きく向上します。

(6)地域ごとの医療格差を解決

現在、田舎など医療設備が整っていない場所で、適切な治療が受けられないことが問題となっています。

医療AIを使い、遠隔地域や資源が限られた地域とアクセスを取ることで、専門的な診断や治療の提供が可能となり、医療格差の解消に寄与します。

医療現場でAIを活用するデメリット・注意すべきこと

医療AI

ここでは、医療現場でAIを活用するデメリット・注意すべきことを5つ紹介します。

  • 患者のプライバシーの保護が必要
  • AI技術の信頼性を担保することが難しい
  • 導入コスト・維持コストがかかる
  • 故障や障害のリスクがある
  • 医師による確認・判断も必要

(1)患者のプライバシーの保護が必要

医療AIを導入すると、患者の名前・住所・診療履歴・健康データなど個人情報がオンラインで取り扱われることが増加します。そのため、データのプライバシーの保護とセキュリティ対策が非常に重要です。

患者のプライバシーを守るために、データへのアクセスを許可する医療スタッフを制限したり、データの保管期間を明確にしたりすることも重要です。

(2)AI技術の信頼性を担保することが難しい

AIの診断結果はアルゴリズムとトレーニングデータに依存しています。トレーニングデータが不十分だった場合、診断結果にエラーが含まれる可能性があります。

また、AIにはブラックボックス問題があり、内部の動作や意思決定プロセスが不透明です。これにより、診断結果の信頼性の評価や説明が難しくなります。医療分野では、診断や治療の根拠が不明確であることは許容されない場合があります。

適切なトレーニングデータの準備と、AIの信頼性を担保するための監視が必要です。

(3)導入コスト・維持コストがかかる

医療AIの開発、カスタマイズ、導入、維持には高度な技術と専門知識が必要なため、コストがかかります。そしてAI技術・医療技術は常に発展しているため、維持だけではなくバージョンアップが必要です。

特に、小規模な医療機関にとっては大きな負担となる可能性があります。

(4)故障や障害のリスクがある

AIシステムは、故障や障害が発生する可能性がゼロではありません。悪意のあるハッカーによるシステム侵害や、アップデート後に互換性がなくなるという場合もあります。

その際、システムを修復する方法を想定しておくことや、AIシステムがなくても緊急対応ができるようにしておくことが重要です。

(5)医師による確認・判断も必要

医療AIは大量のデータからパターンを抽出し、一般的なアドバイスを提供します。そのため、医療AIが下した診断を鵜呑みにするのは危険です。

最終的な診断や治療計画は、専門的知識を持った医師や看護師などが確認・判断すべきです。「AIは補助ツールとして活用する」という認識を忘れずに持っておきましょう。

医療現場でのAI導入事例

医療AI

ここでは、医療現場でのAIの導入事例を4つ紹介します。

  • AIによる画像診断
  • 自然言語処理技術によるカルテの解析
  • 診療器具へのAI搭載
  • AIによるオンライン診断

(1)AIによる画像診断

医療AIは、レントゲンやMRIなどの画像解析において高い精度を発揮し、がん、骨折、肺疾患などの発見ができます。

多くの患者データを学習しているAIだからこそ、小さな異常にも気付くことができます。

(2)自然言語処理技術によるカルテの解析

自然言語処理技術を活用することで、AIは患者のカルテを自動的に解析し、病歴や病状の情報を抽出することができます。

これにより、医師や看護師はより効率的に患者の情報を把握できます。

(3)診療器具へのAI搭載

医療器具にAIを組み込むことで、患者のモニタリングや診断の精度が向上します。

例えば、心電図モニターにAIを統合することで、心房細動の早期発見が可能になります。

(4)AIによるオンライン診断

近年では、AIを活用したオンライン診断プラットフォームが登場しています。AIが搭載されたカメラなどの機器で患者の状態を自動的に分析し、AIの診断結果をもとに医師が治療をします。

感染症等で病院に行きにくい患者や、遠隔地にいて移動が難しい患者も、オンライン上で治療を受けることができます。

今後の医療AIの可能性は?

将来、医療AIの可能性はさらに拡大すると予想されています。AIの精度向上や新たなアプリケーションの開発により、治療の質の向上・病気の早期発見・遠隔での治療に貢献するでしょう。

しかし、医療AIがどれだけ便利になったとしても、治療の最終的な決定権はAIにはありません。医療スタッフが効率を上げられるようにするために、医療AIが存在するということを覚えておきましょう。

まとめ

医療分野におけるIoTの活用事例|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア
医療AIは多くのメリットがあり、医療現場での業務効率化や患者ケアの向上に貢献します。データプライバシーの保護やAIの信頼性の確保など、現状の課題を見つめつつ、今後の医療AIの活躍に期待しましょう。

画像認識・画像解析サービス比較と企業一覧

自然言語処理サービス比較と企業一覧

AIについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
AI・人工知能とは?定義・歴史・種類・仕組みから事例まで徹底解説

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
画像認識・画像解析
導入活用事例
医療・ヘルスケア
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら