DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

KaggleのゲームAIコンペ「Hungry Geese」でDeNAとquantumのチームが優勝

最終更新日:2022/08/08

世界最大のAIコミュニティ「Kaggle」のゲームAIコンペティション「Hungry Geese」でDeNAとquantumのチームが優勝しました。自分のチームのガチョウを操作し、食物を食べて体を長くしながらマスの上を移動し、自分の体や相手チームのガチョウにぶつかることなく、長く生き残ることを競う大会です。

このAIニュースのポイント

  • 「Kaggle」のゲームAIコンペティション「Hungry Geese」でDeNAとquantumのチームが優勝
  • 自分のチームのガチョウを操作し、自分の体や相手にぶつかることなく、長く生き残ることを競う
  • 既存ゲームにおけるAIでは対応不可の事象を上手に扱うことが求められ875チーム、1039人が参加した

株式会社QUANTUMのAI技術顧問としてquantum AIを支える大渡勝己氏と、DeNA社の田中一樹氏によるチーム「HandyRL」は、世界中のデータサイエンティストが登録する世界最大のAIコミュニティ「Kaggle」内にてこの度開催された、ゲームAIコンペティション「Hungry Geese」で、quantumの開発サポートのもと、参加875チーム中1位を獲得、優勝しました。

Hungry Geeseは4チームが同時に対戦するゲームで、自分のチームのガチョウを操作し、食物を食べて体を長くしながらマスの上を移動し、自分の体や相手チームのガチョウにぶつかることなく、長く生き残ることを競います。本コンペティションは、このゲームをプレイするAIを開発し、その強さを競うもので、参加した875チーム(1039人)により熱戦が繰り広げられました。

 

 

今回のAI開発においては、多人数ゲームならではの協力や、想定外の行動をとってくる相手に対してのリスク管理といった、既存の二人ゲームにおけるAI技術では対応できない事象を上手に扱うことが求められました。本コンペティションでの取り組みは多人数ゲームのような、複数要素が絡み合い刻々と変化する状況下におけるAI技術の発展に寄与できると考えられます。

優勝を果たしたチーム「HandyRL」のAIの開発は大渡氏が中心となって行い、また学習の大部分にはquantumAIのマシンを使用。今回の成果を受けて、quantum AIは日本のAI技術をリードし、企業の機械学習プロジェクトにおける開発、実装から運用までサポートできるチームを目指します。

 

出典:PR TIMES

chatbot eBook

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前

メールアドレス
(ビジネス用)

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら