DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

ルクレ、建設AI技術で特許を取得。配筋リストをAIがデータ化、電子小黒板の作成時間を95%削減

最終更新日:2022/01/13

鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術「電子小黒板生成装置及び電子小黒板生成方法」で株式会社ルクレは特許を取得しました。本技術を『e-Kokuban』として施工管理クラウド『蔵衛門』に搭載することにより配筋検査用の写真を準備する時間が約95%削減されます。2022年春、実用化に向けて現在準備中です。

このAIニュースのポイント

  • ルクレは、鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術の特許を取得
  • この技術を『e-Kokuban』として施工管理クラウドに搭載することで配筋検査用の写真を準備する時間が約95%削減可能
  • 2022年春、実用化に向けて現在準備中

株式会社ルクレは、鉄筋コンクリート工事用の電子小黒板を自動作成するAI技術、「電子小黒板生成装置及び電子小黒板生成方法」で特許を取得しました。【特許番号6989884】

本技術を『e-Kokuban』として施工管理クラウド『蔵衛門』に搭載することにより配筋検査用の写真を準備する時間が約95%削減されます。2022年春、実用化に向けて現在準備中です。

建設現場における工事写真撮影は小規模の現場でも何千枚にも及びます。これまでの工事現場では鉄筋コンクリート工事などの配筋リストから黒板への図の転記や、撮影項目の入力などの煩雑な作業が必要でした。作業は図面を読み取るノウハウが必要であり、また記入漏れなどの人的要因も発生していました。今回のAI技術により入力作業時間の実質0を実現。

人的要因の課題も解決し、経験によることなく工事写真業務が行えるようになりました。本技術を通じて蔵衛門は人手不足・高齢化など建設業界が抱える課題の解消を目指します。今後も『蔵衛門』は「工事写真から始まる」現場のニーズに応えたサービス拡充を続け、建設業者500万人のための『蔵衛門』へと進化を続けていきます。

今回特許を取得したAI技術「電子小黒板生成装置及び電子小黒版生成方法」を搭載した『e-Kokuban』では特別な設定は一切不要、パソコンや蔵衛門Pad DXがあれば導入可能です。本技術は、PDF化された配筋リストから必要な豆図、テキスト項目をAIが自動的に判断し、電子小黒板を作成します。配筋リストの様式は設計会社ごとに微妙に異なりますが、以下の工夫を実施することで解決を図りました。

前処理として、Open CV等の画像解析系のフレームワークを活用して読み込んだ配筋リストのPDFを画像化し、ディープラーニングの入力層に適した処理を行います。その後はニューラルネットワークの入力層に投げ込み、畳み込みニューラルネットワークの畳み込み層や分類層に対しては、蔵衛門オリジナルのチューニングを複雑かつ適正に施します。この部分で電子小黒板として分類を完了させるディープラーニング処理を実行します。これにより人の手を介することなく電子小黒板を作成することに成功しました。今後は多くの配筋リストからの学習を行い、『e-Kokuban』の精度をさらに高めていきます。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
画像認識・画像解析
導入活用事例
建設・インフラ

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら