DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ 施設管理をAIで効率化するデータ分析プラットフォーム提供開始

最終更新日:2024/03/11

DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズは、施設管理のデータ活用を促進するデータ分析プラットフォームの提供を開始します。

このAIニュースのポイント

  • DATAFLUCT、東芝デジタルソリューションズは、管理のデータ活用を促進するデータ分析プラットフォームの提供開始
  • 構造化データと非構造化データを融合させることによって、業務の効率化に貢献
  • 今後も両社は、高精度な分析・予測・推定・検知を可能にするデータプラットフォームを共同で強化していく方針です。

株式会社DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ株式会社は、施設管理のデータ活用を促進するデータ分析プラットフォームの提供を開始します。

工場や倉庫・配送会社、さらには社会インフラシステムのように、多くの設備資産を使って事業を展開している企業にとって、設備資産の効率的な活用と故障による業務影響の最小化は重要なテーマです。また、使用電力の最適化やCO2排出量の削減など環境に配慮したエネルギーマネジメントも、SDGsの観点で重要視されるようになってきました。

これらを実現するためには、現場や設備機器のセンサーなどから得られる構造化データと、ログやカメラから得られる非構造化データの両方を活用することが求められます。
例えば、設備の故障予兆の検知においては、設備に付けたセンサーデータと、設備から出力されるログデータやカメラによる画像データを合わせて分析することで、精度を高めることができます。

データ分析プラットフォームは、東芝デジタルソリューションズが持つ構造化データのリアルタイム分析が可能なクラウドデータプラットフォーム「GridDB Clou」と、社内外のさまざまなデータの集約や非構造化データの構造化に強みがあるDATAFLUCTのノーコードクラウドデータプラットフォーム「AirLake」を連携させることで実現しました。

従来は別々に用意していた構造化データ用のデータプラットフォームと、非構造化データ用のデータプラットフォームを融合させることで、より複雑なデータ分析が可能になり、電力使用量の可視化やコントロール・削減を通じたエネルギーマネジメントのほか、制御装置の挙動のリアルタイムでの収集・可視化などによる故障予兆検知の精度向上に貢献します。

IoTにおいては、①データ収集、②データ蓄積・加工、③分析のステップを踏みますが、データ分析プラットフォームは②データ蓄積・加工を担うものです。①データ収集はサードパーティーとの連携を推進し、③分析は東芝デジタルソリューションズとDATAFLUCTが持つAI技術を活用します。

今後も両社は、構造化データと非構造化データを組み合わせて高精度な分析・予測・推定・検知を可能にするデータプラットフォームを、共同で強化していく方針です。

出典:TOSHIBA

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
データ活用・分析
導入活用事例
運輸・物流・交通
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら