DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

アステリア、2号ファンドの組成に向けた出資の募集を開始

最終更新日:2022/09/28

アステリアは、アステリアグループの企業投資事業の2号ファンドとしてAsteria Vision Fund II L.P.の組成に向けた出資の募集を開始することを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • アステリアグループの企業投資事業の2号ファンドとしてAsteria Vision Fund II L.P.の組成に向けた出資の募集を開始することを発表
  • アステリアグループのさらなる成長の加速に向けAVF-IIの組成を決定
  • 総額3,000万〜4,000万米ドル規模のファンドを組成し2023年初から投資活動を開始する予定

アステリア株式会社(以下 アステリア)は、アステリアグループの企業投資事業の2号ファンドとしてAsteria Vision Fund II L.P.(以下AVF-II)の組成に向けた出資の募集を開始することを発表しました。

アステリアグループは、2019年2月に投資子会社Asteria Vision Fund(略称:AVF)を設立。アステリアグループの出資に加え、Limited Partner(出資額を上限とする責任を負う有限責任の出資者、以下LP)として肥後銀行の出資を得て投資ファンドAsteria Vision FundⅠL.P. (以下AVF-I)を同年4月に2,200万米ドルで組成しました。AVF-Iでは重点投資領域をアステリアの研究開発戦略と同じ「4D」(Data, Device, Decentralized, Design)とし、6社の企業へ出資を完了しています。出資企業の中から、2022年7月にはGorilla Technology社がNASDAQに上場し、同社への約13億円の出資が9月20日時点で約108億円(通期業績予想の想定レートである1米ドル130円で算出)の価値となるなど、AVF-Iは既に大きな成果をあげています。

そこで、アステリアではアステリアグループのさらなる成長の加速に向け、AVF-IIの組成を決定。新たな重点投資領域を「D4G」(Data, Device, Decentralized, Design for Green)とし、2022年10月から出資企業の募集を開始します。アステリアの出資を中心とし複数のLP企業により、総額3,000万〜4,000万米ドル規模のファンドを組成し2023年初から投資活動を開始する予定です。

アステリアは今後、投資活動を開始し、中長期的な連結業績に貢献することを企図しているが、具体的な影響額等については、必要に応じて開示を行うとしています。

出典:アステリア株式会社

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら