DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

AI搭載補聴器に新シリーズ登場。ハンズフリー通話機能も追加

最終更新日:2022/06/06

AI搭載補聴器のシリーズ拡充

デマント・ジャパンは、フィリップスのAI搭載補聴器「フィリップス ヒアリンク9030、7030、5030」シリーズを拡充し、新たに「3030、2030」シリーズを2022年5月19日より全国のフィリップス補聴器取扱店舗にて発売しています。同時に、新機能となる「ハンズフリー通話機能」が追加されました。

このAIニュースのポイント

  • AI搭載補聴器のシリーズを拡充し、新たに「3030、2030」シリーズを5月19日より全国の取扱店舗で発売
  • 補聴器を使用したスマートフォンでの通話が可能になる「ハンズフリー通話機能」が追加
  • いかなる環境でも会話をクリアに聞き取れるAI音声処理技術「AIサウンドテクノロジー」が搭載

世界的な聴覚ヘルスケア企業、デマントの日本法人であるデマント・ジャパン株式会社は、フィリップスのAI搭載補聴器「フィリップス ヒアリンク9030、7030、5030」シリーズを拡充し、新たに「3030、2030」シリーズを2022年5日19日から全国のフィリップス補聴器取扱店舗にて発売。同時に、新機能となる「ハンズフリー通話機能」が追加され、補聴器を使用したスマートフォンでの通話がさらに便利になりました。

フィリップス補聴器を代表する「フィリップス ヒアリンク」は、最新シリーズにAI音声処理技術「AIサウンドテクノロジー」を搭載し、従来の補聴器の音声処理技術における固定ルールに縛られずトライ&エラーを重ねた学習済みのAIが、自らの知識をもとに音声処理を行う技術です。これにより、さまざまな音や会話などが同時に存在するような賑やかな環境でも、会話をよりクリアに聞き取ることが可能です。

今回、ヒアリンクの最新シリーズに低価格帯の3030、2030シリーズが新たに拡充されました。これにより、高性能なAI搭載補聴器をより多くのユーザーに提供することが可能になりました。最新モデルは、AI音声処理技術により優れた音質の実現に加え、ハウリングのリスクを軽減するため、ユーザーはより快適な聞こえで会話を楽しむことができます。

さらに、堅牢な2つの耳かけ型スタイル「ミニBTE T R(充電タイプ)」、「ミニBTE T(空気電池タイプ)」が各シリーズに登場。これにより、従来のスタイリッシュなミ二RITEスタイル(外耳道内レシーバー型)に加え、特に扱いやすさを重視するユーザーに向けて、より広い耳かけ型スタイルの選択肢の提供が可能です。

ヒアリンク補聴器は、iOSおよびAndroid(TM)デバイスの音楽や映画、通話等の音声を直接補聴器へストリーミングして聴くことが可能ですが、新たにiOS向けの「ハンズフリー通話機能」が追加。当機能はヒアリンクに搭載されたBluetooth(R) 低エネルギー(BLE)無線通信技術によって実現されるもので、通話時に「補聴器のマイク」がユーザーの声を拾うため、従来のようにiPhoneのマイクに話しかける必要がなくなりました。これにより、ユーザーは両手が自由になることで仕事や家事をしながら、快適にハンズフリー通話を楽しむことができます。ハンズフリー通話機能は、ヒアリンクの最新シリーズに対応しています。

出典:@Press

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら