AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

JDLA「G検定」「E資格」の合格者に『オープンバッジ』を発行開始

最終更新日:2021/10/14

日本ディープラーニング協会は、2021年10月25日(月)より 「G検定」「E資格」の各合格者に対し、デジタル合格認定証『オープンバッジ』の発行を開始します。オープンバッジはブロックチェーン技術を取り入れた信頼性の高い証明書でSNSや署名等に埋め込みやすい仕様です。

このAIニュースのポイント

  • 「G検定」「E資格」の各合格者に対し、デジタル合格認定証『オープンバッジ』の発行を開始
  • ブロックチェーン技術を取り入れた信頼性の高い証明書でSNSや署名等に埋め込みやすいに仕様
  • 合格者には、10月25日(月)以降、順次メールにて案内予定

日本ディープラーニング協会(JDLA)は、2021年10月25日(月)より 「G検定」「E資格」の各合格者に対し、デジタル合格認定証『オープンバッジ』の発行を開始します。

JDLAが提供する「G検定」は、全てのビジネスパーソンが持っておくべきデジタルリテラシー「Di-Lite」習得に向けて、デジタルリテラシー協議会により取得が推奨されています。また「E資格」は、ディープラーニングを実装する能力と知識の保有を示す、エンジニア向け資格として提供しています。

オープンバッジの発行により、デジタルリテラシーやスキルの学習・習得に励む皆様、そしてDX推進に取り組まれる企業・団体の皆様に、取得資格の証明をしていただきやすくなります。

オープンバッジは、国際技術標準規格「IMS Global Learning Consortium」に準拠したデジタル証明・認証です。オープンバッジを受領すると、受領者は自分専用のウォレットに貯めることができ、画像に埋め込まれた「メタデータ」によって、取得した資格や習得した内容をオンライン上で公開・送信したり、SNSやメール等で共有したりすることができます。

オープンバッジはブロックチェーン技術を取り入れた信頼性の高い証明書であるとともに、その内容が有効なものであるかどうかを、オンライン上で誰でも簡単に、かつ瞬時に検証することができます。

出典:一般社団法人オープンバッジ・ネットワーク

オープンバッジの発行は、「G検定」「E資格」とも、各試験・開催回毎に、過去合格された方も含め全員に発行します。合格者の皆様には、10月25日(月)以降、順次JDLAよりメールにて案内予定です。
※JDLAに登録されている合格者情報(メールアドレス)に基づいて発行。

出典:PR TIMES
chatbot eBook

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら