DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

ウェザーニューズ、電力市場向けに風力発電量AI予測サービスを提供開始

最終更新日:2022/06/24

風力発電量予測AIサービス登場

ウェザーニューズは、気象データと最新技術で企業のDXを推進する気象データ提供・分析サービス「WxTech」において、日本の電気事業者向けに新たな風力発電量予測サービスを2022年6月8日に提供開始しました。

このAIニュースのポイント

  • ウェザーニューズが電力市場向けに風力発電量AI予測サービスを提供開始
  • 過去の発電量と気象データを学習させたAIモデルと1kmメッシュ分の風のデータを基に予測
  • 7日先の発電量まで予測することで電気の売買に関する法整備の厳格化に対応

株式会社ウェザーニューズは、気象データと最新技術で企業のDXを推進する気象データ提供・分析サービス「WxTech」において、日本の電気事業者向けに新たな風力発電量予測サービスを2022年6月8日に提供開始しました。

「2050年カーボンニュートラル」の実現に向けた再生可能エネルギーの導入を加速する方策として、2022年4月から日本政府によりFIPフィードインプレミアム制度(売電価格に一定のプレミアム補助額を上乗せする制度)やインバランス制度の改正、アグリゲーターのライセンス制度が開始されました。

固定価格買取制度からFIP制度に移行が進んでいくなか、計画値と実績値に差が生じた場合にはペナルティが発生する場合があり、インバランス料金制度もより厳格になるため、計画誤差が売電収支に影響することがあります。

発電量予測サービスは発電所の過去の発電量実績データと当時の気象データを学習させた風力発電量予測AIモデルに1kmメッシュの風の予測データを入力することで5〜30分単位の風力発電量予測データを7日先まで提供します。また、発電機の高さに対応した地上60mから200mの風向・風速の予測データで更に精度を高められます。

日本の電力取引時間は30分間隔ですが、企業のニーズにあわせた時間で提供することも可能です。データはクラウドを経由してAPIで提供することも可能で、企業システムと容易に連携が可能です。

ウェザーニューズは風力・太陽光発電など再生可能エネルギーの主電源化、系統運用のための需給バランスの最適化、再エネバックアップ電源確保の3つの取り組みについて、「WxTech」で揃えている気象データセットや発電量予測、需要予測などのサービスで支援していきます。

出典:weathernews

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
予測
導入活用事例
建設・インフラ

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら