DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750
MAIL
お急ぎの方は、まずお電話で 03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く

シー・システム 、その場でスキャン可能なAI-OCR・RPA搭載ツール提供開始

最終更新日:2022/08/08

紙のデジタル化ツールを提供開始

シー・システムは、紙のデジタル化に特化した自動化ツール「AI JIMY Paperbot」を提供開始。トライアルライセンスの無料配布を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • シー・システムが紙のデジタル化の自動化ツール「AI JIMY Paperbot」を提供開始
  • データ入力業務や帳票電子化業務を自動化するためのツール
  • 一つのツールに統合したことで、技術面・コスト面の両方から導入へのハードルを下げることが可能となった

シー・システム株式会社は、7月11日より紙のデジタル化業務に特化した自動化ツール「AI JIMY Paperbot」を提供開始しました。

AI JIMY Paperbotはデータ入力業務や帳票電子化業務を自動化するためのツールで、手書き文字を含む紙のデジタル化がこのツールひとつで完結します。本ツールには、スキャン機能や仕分け、AI OCRによる文字認識、認識結果の修正、PDFやCSVによるデータ出力、システムへのデータ入力が可能なRPA機能が搭載されています。

これまでデータ入力業務の完全自動化を行うためには、RPAツールや仕分けツール、AI OCRエンジンを連携させる必要がありました。各ツールのライセンスコストに加え、環境構築や各業務フローに合わせた開発が必要であり、中小企業や事務作業の現場にとって導入時の大きなハードルになっていました。また、受け取った紙を都度データ入力するような業務では、人間の手でデータ入力する方が効率ケースが多々ありました。

AI JIMY Paperbotでは、スタンドスキャナなどのカメラと連携させ、その場でスキャンをし、認識させた文字を業務システムへデータ入力させることが可能。また複数の帳票レイアウトを持つ書類を電子化したい場合でも、AI仕分け機能が一括でレイアウトを識別し、仕分けることができます。

紙のデジタル化に必要な機能を一つのツールに統合したことで、技術面・コスト面の両方から導入へのハードルを下げることができ、環境構築できることから、より多くの企業や組織でAI OCRを用いた業務自動化が実現できるようになりました。

現在同社では、無償で利用できるトライアルライセンスを配布開始しており、AI JIMYのwebページからアカウント登録を行うと、すぐ利用開始できます。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Twitterもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前

メールアドレス
(ビジネス用)

今注目のカテゴリー

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

OCR・文字認識

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら