AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

関西電力、AI自動チューニング機能搭載した空調制御サービスを開始

最終更新日:2021/07/16

関西電力はAI自動チューニング機能搭載の空調制御サービス 「おまかSave-Air」 を提供を開始しました。省エネルギーと快適性を両立し、初期費用無料で導入できます。

このAIニュースのポイント

  • 関西電力はAI自動チューニング機能搭載の空調制御サービス 「おまかSave-Air」 を提供を開始
  • 利用者の快適な空調設定を学習する自動チューニング機能で細かな設定は不要
  • 料金は月額制で初期費用は無料

関西電力株式会社と株式会社関電エネルギーソリューションは、共同開発による業務用空調機器の新たな省エネ制御サービス 「おまかSave-Air」 の提供を開始します。

脱炭素や光熱費削減の観点で、徹底した省エネルギーが求められています。建物のエネルギーの半分程度を占める空調が「省エネ実現の鍵」とされてきました。

ですが、「夏季や冬季のデマンドカット、ピーク抑制が主で、年間を通じた空調の省エネには繋がらない」、「省エネを優先するための温度設定になりがちで、室内の快適性が維持できない」、「省エネに関するシステムの理解には、専門的な知識(知見)が必要」といった空調の省エネルギー対策の課題が見受けられました。

これらの課題の解決に向けて、快適な環境を維持しながら室外機を自動制御し、快適性と省エネルギーを両立させる新しい空調制御サービス、「おまかSave-Air」 を開発しました。

「おまかSave-Air」 は、空調の室外機に制御コンピューターを接続するだけで、ご使用中の空調機を自動制御して省エネルギーを実現するサービスです。

 

従来のデマンドカット機能に加えて、年間を通じて空調を高効率で運転させる独自の省エネルギー制御機能を搭載しています。 「おまかSave-Air」 の導入により、空調にかかる電気代(基本料金・kW+従量料金・kWh)の約10~20%削減が期待できます。

コンピュータが空調機の運転状態をモニタリングし、室内環境が損なわれる可能性を検知した場合、自動的に通常運転に切り替えます。これにより、省エネルギーと快適性を両立した空調運転が可能。さらに、利用者の快適な設定を学習する自動チューニング機能により、細かな設定が不要になります。

お使いのPC、スマートフォンのWebブラウザ経由で、専門知識がなくても空調制御の起動・停止や制御の効き具合を設定可能。「おまかSave-Air」 は、導入後もメーカー各社の保証・メンテナンスを継続できます。また、サービス料金は月額制で初期費用は無料です。

 

出典:PR TIMES

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら