AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

シナモンAI、ふくおかフィナンシャルグループの振込業務の改善へAI-OCRエンジンの提供を開始

最終更新日:2021/10/21

株式会社シナモンがAI-OCRを活用した銀行振込業務効率化に向けて、株式会社ふくおかフィナンシャルグループにAI-OCRエンジン「Flax Scanner」の提供を開始しました。
このプロジェクトを通して、銀行業務の効率化を推進するAIソリューションを推進していきます。

 

このAIニュースのポイント

  • シナモンのAI-OCRエンジンをふくおかフィナンシャルグループに提供開始
  • 2つ以上のAI-OCRソフトウェアで記入内容を判定・データ化、RPAでDB連携・自動入力
  • PDF、Word、印字、手書きなど幅広い対応で銀行業務の効率化に貢献

 

AI-OCRエンジン「Flax Scanner」は、人工知能文書読み取りエンジンを活用しホワイトカラーの業務を抜本的に改革します。対象となる文書は、PDF、Wordファイル、印字・手書きなどの紙文書など様々な文書に対応が可能です。

これまでFFGでは利用者から銀行窓口で受付する振込依頼書について、これまでもOCRシステムを活用し事務効率化を図ってきました。しかしそのどれもが、人が必ず介在するシステムであり、自動処理はできませんでした。今回のプロジェクトでは「Flax Scanner」を活用しFFGの事務業務効率化に貢献します。FFGは、既存の為替システムから連携された振込依頼書を、「2つ以上のAI-OCRソフトウェアで記入内容を判定・データ化」し、「RPAでデータベース連携・自動入力」することにより、帳票の自動認識処理・ヒトの補正時間の極小化が可能となる技術を実用化しました。


日常で使われているビジネス文書はほとんどが非構造的であるため、業務システムに取り込むために人の力が必要となっており、ホワイトカラーの業務に多くの無駄が発生しています。金融・保険といった複雑な文書を取り扱う業界に特化したサービス、その精度の高さはかなり期待ができますね。

出典:PR TIMES

chatbot eBook

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら