DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

動画編集をAIでできるツール7選|メリットについても簡単解説

最終更新日:2023/11/24

動画編集は、映像制作の重要なプロセスの一つです。近年、AI(人工知能)を活用した動画編集ツールが登場し、効率的かつ高品質な動画制作が可能になってきています。

この記事では、以下の内容に沿って解説します。

  • 動画編集できるAIとは
  • 動画編集をAIで行うメリット
  • 動画編集をAIで行うデメリット
  • おすすめのAI動画編集ツール5選
  • アイフォンで動画編集できるアプリ2選

AI・人工知能について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
AI・人工知能とは?定義・歴史・種類・仕組みから事例まで徹底解説

動画編集できるAIとは

動画編集できるAI

AI(人工知能)を活用した動画編集は、映像制作の新しい革命とも言える技術の進化です。従来の動画編集作業は、多くの時間と手間を要していましたが、AIの導入により、これらの作業が大幅に効率化されるようになりました。

具体的には、AIは動画の内容を分析し、最適なカット編集やトリミング、カラーグレーディングなどの繰り返し作業を自動で行うことができます。

また、AIは映像の中の人物や物体を検出し、それに基づいて編集の提案を行うことも可能です。このように、AIを活用した動画編集ツールは、従来の方法とは一線を画す、効率的かつ高品質な動画制作を実現する強力なツールとなっています。

動画編集をAIで行うメリット

動画編集をAIで行うメリット

AIを活用した動画編集は、昨今の技術革新により、従来の編集作業とは一線を画す数多くのメリットが生まれました。そのため、クリエイターや企業は、動画制作のプロセスを根本から変革することが可能となりました。

ここでは、以下の内容に沿って、動画編集をAIで行うメリットについて解説します。

  • 効率的な動画制作の実現
  • クオリティ向上の可能性
  • コストと時間の削減

効率的な動画制作の実現

近年、AI技術の進化により、動画編集が手軽になってきました。AIを活用した動画編集ツールの特徴は、誰でも簡単に高品質な動画を制作できることで、これにより動画編集の専門知識や技術がなくても、短時間で効果的な動画を作成することが可能になりました。

例えば、AIが自動的に動画を編集してくれるため、ユーザーは素材やテキストを入力するだけで、10分以内に動画が完成するツールが存在します。また、簡単な編集作業のみで完成する動画であれば、誰でも気軽に制作できるのが魅力です。

日常的なプロモーションや情報発信など、シンプルな動画を制作する場合は、AIを活用することで大きな効果を期待できるできます。

クオリティ向上の可能性

AIによる動画編集のメリットの一つは、動画の分析が可能になることです。AIは動画や画像の抽出だけでなく、分析も行うことができ、これにより特定のシーンや人物の動画をピックアップすることが可能です。

例えば、スポーツの試合の動画を分析し、プレーの分析を行うことができます。これはスポーツ以外の分野でも活用することが可能で、過去の動画に登場した出演者の顔を登録することで、AIが動画に出てくる出演者の顔を自動で認識・抽出することも可能です。

このように、AIを活用することでより高度な分析が可能となり、分析結果を踏まえたうえで改善することで動画のクオリティーを向上させることができます。

コストと時間の削減

AIによる動画編集を利用することで、コストと時間を大幅に削減することが可能です。

従来の動画編集プロセスでは専門的なスキルや時間が必要でしたが、AIを活用することでこれらのハードルを低減し、より手軽に高品質な動画コンテンツを制作できるようになります。

特に、繰り返し行う単純な作業や、大量の素材から最適なシーンを選び出す作業をAIが自動で行ってくれるため、編集作業の時間を大幅に短縮することが可能です。

そのため、企業や個人はより効率的に動画コンテンツを制作し、その他の創造的な作業に時間を費やすことができるようになりました。

動画編集をAIで行うデメリット

動画編集をAIで行うデメリット

AIを利用した動画編集は、その効率性とスピードで多くのクリエイターたちの作業を劇的に変革していますが、AIを利用した動画編集には、知っておくべきいくつかのデメリットが存在します。

ここでは以下の内容に沿って、動画編集をAIで行うデメリットについて解説します。

  • 動画が単調になる可能性が高い
  • 細かい条件が指定できない

動画が単調になる可能性が高い

AIを利用した動画編集では動画が単調になる可能性が高く、学習したデータに基づいて動画を生成するため、同じようなパターンやスタイルの動画が多くなる傾向があります。

特に、指示を出す人が同じであると、その人の好みやスタイルが強く反映され、多様性に欠ける結果になりかねません。また、動画が単調になると視聴者にとっては飽きやすく、新鮮味に欠けるコンテンツとなる恐れがあります。

動画のクオリティやオリジナリティを重視する場合は、AIの利用を慎重に検討し、必要に応じて人の手を加えることが重要です。

細かい条件が指定できない

AIを活用した動画編集では、細かい条件の指定が難しいというデメリットがあります。

例えば、動画の雰囲気を細かく調整したり、特定のエフェクトを配置することが難しくなります。これは、AIがまだ人間のように細かいニュアンスを理解し、それに基づいて編集を行うことができないためです。

しかし、単調な説明動画や広告動画の制作には適しているため、要件に応じてAIの活用を検討することが重要です。

おすすめのAI動画編集ツール5選

おすすめのAI動画編集ツール5選

AI動画編集ツールは、効率的で高品質な動画制作をサポートしてくれます。また、市場には様々なツールが存在しており、それぞれに特徴や強みがあります。

ここでは以下の内容に沿って、おすすめのAI動画編集ツールを5つ解説します。

  • Filmora
  • PowerDirector
  • Adobe Premiere Pro
  • Runway
  • Video Brain

Filmora

Filmora

引用:Filmora

<料金形態>

対象 プラン 金額
個人 1年間プラン 6,980円(税込)
マルチプラット 1年間プラン 7,980円(税込)
永続ライセンス 8,980円(税込)
法人・商用 Filmora3ヶ月プラン 3,480 円(税込)
Filmora + Filmstockスタンダード3ヶ月プラン 5,980 円(税込)
永続ライセンス 14,900 円(税込)
学生・教職員 1年間プラン/1PC 5,980円(税込)
永続ライセンス/1PC 8,980 円(税込)
バンドル(製品やサービスを、

複数組み合わせてセット)

お買い得年間プラン 11,780 円(税込)
1年間プラン(Filmora、Filmstock) 7,960 円(税込)
1年間プラン(Filmora、DemoCreator) 12,360 円(税込)

「Filmora」は、Wondershareが提供する高機能な動画編集ソフトウェアです。初心者の方でも、簡単に高品質な動画を作成できるように設計されています。

このソフトウェアは、動画素材の中から最良の瞬間を自動的に抽出し、設定された時間に合わせてカットし編集する機能を持っています。そのため、編集作業が格段に効率化されます。

Filmoraは無料プランも提供しており、期間制限なく使用することができます。

また、AI技術を利用して素材内の人物を検出し、背景を消去して別の動画に重ねることが可能です。これにより、グリーンバックやクロマキーなどの専門的なツールやスキルがなくても、簡単に動画を合成することができます。

PowerDirector

PowerDirector

引用:PowerDirector

<料金形態>

プラン 金額 使用できる編集ソフト
通常版 16,980円 動画編集
12か月プラン 6,700円 動画編集
12か月プラン 11,980円 動画・写真・音楽・色編集

PowerDirectorは、CyberLinkが提供する動画編集ソフトで、8年連続でNo.1のシェアを誇っています。さらに、AI技術を活用して簡単に動画編集を行うことができ、WindowsとMacの両方で利用可能です。

起動画面にはAIなどの様々な機能へのショートカットが追加されているため、無駄な作業が減少し、作業効率が大幅に向上させることができます。

また、以下のような機能があり、迫力ある映像を簡単に作成できる様々なエフェクトとツールが提供されています。

  • AIボディエフェクト
  • 映画のようなフィルター
  • AIモーショントラッキング
  • クロマキー合成
  • 多重露光など

これにより、期待以上の映像作品を手軽に実現することが可能です。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro

引用:Adobe Premiere Pro

<料金形態>

対象 プラン 金額
個人 Creative Cloudコンプリートプラン 6,480 円/月 (税込)
Adobe Firefly 680 円/月 (税込)
Photoshop 2,728 円/月 (税込)
Adobe Premiere Pro 2,728 円/月 (税込)
Illustrator 2,728 円/月 (税込)
Acrobat Pro 1,980 円/月 (税込)
法人 Creative Cloudコンプリートプラン 9,280 円/月(税込)
※1ライセンス
Creative Cloud 単体プラン 4,380 円/月(税込)
※1ライセンス
Substance 3D Collection 12,188 円/月(税込)
※1ライセンス
学生・教職員 Creative Cloudコンプリートプラン 1,980 円/月(税込)
教育機関 単体プラン 1,848 円/月 (税込)
Creative Cloud コンプリートプラン 4,048 円/月 (税込)
※1ユーザー指定ライセンスあたり
36,300 円/年 (税込)
※共有デバイスごとの1デバイスあたり

Adobe Premiere Proは、業界をリードする動画編集ツールで、YouTubeやSNS、テレビ、映画用のプロ品質の映像制作が可能です。

AI機能を活用してワークフローをシンプルにし、クリエイティビティを最大限に発揮できます。文字起こしベースの編集機能を利用してラフカットを素早く作成し、SNSに最適化された動画制作が行えます。

また、Premiere Proは常に新しいツールや機能を追加しており、Creative Cloudメンバーシップを通じて最新のビデオ機能を利用できます。

Runway

Runway

引用:Runway

<料金形態>

プラン 金額
Basic 無料
Standard 12ドル(約1800円)/月
Pro 28ドル(約4200円)/月
Unlimited 76ドル(約11324円)/月

RunwayはAIを活用した革新的な動画編集ツールで、AI Magic Toolsを駆使して様々な編集作業を効率的にこなすことができます。

具体的には以下のような機能があります。

  • 背景の削除や置換
  • グリーンバックの作成
  • テキストから画像や3Dテクスチャの生成
  • 物体の書き換えや消去
  • モーショントラッキングなど

Runwayは、細かい部分の選択も自動で行ってくれるため、初心者でもプロ並みの編集が可能です。また、無料プランも用意されているため、気軽に試すことができます。

Video Brain

Video Brain

引用:Video Brain

Video Brainには料金体系が記載されていません。しかし、以下の3つのプランがあるので、興味のある方は、資料をダウンロードしてみてください。

  • エントリープラン
  • スタンダードプラン
  • オプション

「Video Brain」は、動画編集を簡単に行えるクラウドベースのツールで、700社以上の企業で利用されています。

また、3,500以上の動画テンプレートを利用して、テキストや素材を追加するだけで高品質な動画を作成できます。

Video Brainを使用すると社内のナレッジやマニュアルを一元管理し、業務効率を向上させることが可能です。さらに、動画の視聴データを分析し、効果的なクリエイティブへの改善をサポートします。充実のサポート体制もあるので、動画活用が未経験の方でも安心して利用することができます。

アイフォンで動画編集できるアプリ2選

アイフォンで動画編集できるアプリ2選

アイフォンユーザーにとって、手軽に高品質な動画編集ができるアプリの存在は非常に大切です。今回は、AI機能を搭載し、使い勝手の良いアイフォン用動画編集アプリを以下の内容に沿って解説します。

  • Magisto
  • PowerDirector

Magisto

Magisto

引用:Magisto

<料金形態>

プラン名 金額
プロフェッショナル 3400円/月
プレミアム 800円/月

Magistoは、動画編集を初めて行う方でも手軽にプロ並みの編集が楽しめるアプリです。選んだ動画や写真をアップロードするだけで、自動で編集作業をしてくれます。

動画の長さ調整や音楽の挿入も簡単に行えるため、忙しい方でもすぐに動画を作成できます。7日間の無料トライアルが利用でき、その後は有料プランを選択することができますが、トライアル期間終了後は自動で有料プランに切り替わるので注意が必要です。

動画編集を始めてみたい方や、手軽に動画を楽しみたい方にぴったりのアプリです。

PowerDirector

PowerDirector

引用:PowerDirector

<料金形態>

プラン名 金額
プレミアムプラン 400円/月(月契約) 960円/月(年契約)

PC版とスマホ版では機能に違いがありますが、どちらもCyberLinkの品質を反映した優れたビデオ編集ソフトウェアです。ユーザーのニーズに合わせて選択することで、効果的なビデオ制作が可能となります。

また、PowerDirectorのスマホ版は、移動中や外出先でも手軽にビデオ編集を行うことができ、時間を有効に使いたいユーザーに最適です。

基本的な編集機能や操作性を備えているため、いつでもどこでもクリエイティブな作業が楽しめます。

まとめ

動画コンテンツの重要性が高まる現代では、AI動画編集ツールの活用はクリエイターにとって必須の選択肢となっています。

AI動画編集ツールは、編集作業を効率化し、高品質な動画制作をサポートしてくれます。AIの力を借りることで、時間とコストを削減しながら、クオリティの高い動画を制作することができます。また、動画が単調になることを防ぐためにも、AIツールの特性を理解し、上手く活用することが重要です。

AI動画編集ツールを活用し、効率的かつクリエイティブな動画制作を始めましょう。

よくある質問

動画編集できるAIとは何ですか?

動画の内容を分析し、私的なカット編集やトリミング、カラーグレーディングなどの繰り返し作業を自動で行えるAI

動画編集をAIで行うメリットはありますか?

効率的な動画制作の実現できる、クオリティ向上の可能性がある、コストと時間の削減できることが挙げられます

アイフォンで動画編集できるアプリはありますか?

Magisto、PowerDirectorがあります

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら