DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

慶應大学とFRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIプログラム」を開発

最終更新日:2022/08/23

慶應義塾大学医学部とFRONTEOは、自然言語処理(NLP)を用いた「会話型 認知症診断支援AIプログラム」を開発しました。

このAIニュースのポイント

  • 慶應大学とFRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIプログラム」を開発
  • 認知機能検査なしで認知症の識別が可能となり、医療従事者と患者の負担を軽減
  • 検査精度が低下する「学習効果」を避けられ、スクリーニング検査等への実用化にも期待

慶應義塾大学医学部とFRONTEOは、自然言語処理(NLP)を用いた「会話型 認知症診断支援AIプログラム」を開発しました。このプログラムは、高齢者と医療者の間で行う自由会話文を基に認知症の可能性をAIが検知するものです。

認知症の診断は、通常、病歴の問診に加え、画像検査、記憶や計算力などを測る複数の認知機能検査によって行われます。しかし、これらの検査は専門性が高く、検査を行う医療従事者が訓練を受ける必要がある、時間がかかる、などの問題がありました。

そこで自由会話を録音し、自然言語処理(NLP)の技術を使って認知症の可能性を判定する研究を実施。その結果、高い精度での認知症罹患判定に成功しました。記憶や計算等の検査を行わなくても認知症の識別が可能なため、医療従事者・患者双方の負担を軽減できます。

また、検査を繰り返し行うことで被験者が検査内容を覚えてしまい、検査の精度が低下する「学習効果」も避けられる技術となっており、スクリーニング検査などへの実用化も期待されています。この研究成果に基づき、FRONTEOはAI医療機器としての実用化に向けた臨床試験を行い、薬事承認へのプロセスを進めています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

メルマガに登録する

AIサービス
自然言語処理-NLP-
導入活用事例
医療・ヘルスケア
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら