AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

AIがもたらす産業的可能性と危険性とは?NABLASのAI資料「ディープフェイクと生成ディープラーニング」無償公開

最終更新日:2021/06/17

NABLAS株式会社が、ディープフェイクと⽣成ディープラーニングに関する資料をホワイトペーパーとして無償公開しました。
最新技術がもたらす、産業的可能性と危険性についてを解説しています。

 

このAIニュースのポイント

  • NABLASが、ディープフェイクと生成ディープラーニングに関する資料を無償公開
  • 世界中で問題視されるディープフェイクの技術を中心に基盤の技術となる生成ディープラーニングについて解説
  • 最新技術がもたらす産業的可能性と危険性を知ることで、今後の社会基盤や対応の仕組みづくりに活用

 

ディープフェイクとは、ディープラーニング技術を活用して作成された合成メディアのことです。その人が実際に行っていない動作をしたり、実際口に出していないことを発言したりしているかのように描くことができます。
ディープフェイクの技術は年々⾼度化しており、もはや⼈間が眼で⾒て判別することは困難なレベルの⾼い画質の画像が⽣成できるようになりつつあります。
 
また、画像や動画だけでなく、⾳声をクローンする技術も進化しています。
この高度な技術が世界的に広まりつつある今、ネット上でのいじめや名誉棄損、脅迫、詐欺などの犯罪行為や、有名人の顔を貼りつけたディープフェイクポルノなど、既に大きな問題が多発しているのが現状です。
 

 

⼀⽅で、基盤となっている⽣成ディープラーニングの技術は、利⽤⽅法次第では⼤きな可能性を秘めた技術であり、様々な産業に⼤きな変⾰をもたらす可能性があります。データ圧縮・復元、デザイン・芸術への応⽤、⼯業への応⽤、異常検知への応⽤など、すでに様々な基盤技術やプロダクトが開発されています。
 

今回無償公開される資料では、近年AI犯罪の中でも最も深刻な脅威の⼀つとなりつつある「ディープフェイク」の技術を中⼼に、その基盤となっている技術として、「⽣成ディープラーニング」について解説しています。
 

 
 

現在、世界中でフェイクを検知する技術や、フェイク画像や⾳声による被害を防ぐためのサービス・プロダクトも開発されています。今後は法整備やモラル教育など、社会としての基盤や対応のための仕組みづくりなどが重要となります。
 
最新AI技術をテーマに、産業的可能性から問題提起を含む無料のAI技術資料集、是非活用してみてはいかがでしょうか。
 

NABLAS社のホワイトペーパーはこちら

 

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら