DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

ChatGPTの危険性は?メリットとデメリット・注意点を紹介します!

最終更新日:2024/04/18

ChatGPTには作業の効率化や迅速な情報収集といったメリットがありますが、デメリットも存在します。そのため、ChatGPTの安全性に不安を感じる人もいるでしょう。そこで、こちらではChatGPTに懸念される危険性やメリット・デメリットについて解説します。ChatGPTへの理解を深めたい人に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ChatGPTについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
ChatGPTとは?使い方や始め方、日本語対応アプリでできることも紹介!

ChatGPTのサービス一覧を見る

そもそもChatGPT(チャットGPT)とは


ChatGPTには作業の効率化や迅速な情報収集といったメリットがありますが、デメリットも存在します。そのため、ChatGPTの安全性に不安を感じる人もいるでしょう。そこで、こちらではChatGPTに懸念される危険性やメリット・デメリットについて解説します。ChatGPTへの理解を深めたい人に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ChatGPTとは、話し言葉での受け答えが可能なAIチャットサービスのことです。まるで人と会話しているような感覚で雑談や質問ができます。

また、膨大なデータベースを備えており、身近な情報から専門的な情報まで、さまざまな情報を即座に回答してくれるのも大きな特徴です。さらに、文章の作成・要約、リスト・表の作成、翻訳、プログラミング、アイデアの提案など、さまざまな使い方ができるのもChatGPTの魅力といえるでしょう。

従来のチャットボットとの違いは、流暢な話し言葉を生成し、人と会話している感覚を得られるところです。ほかには、回答できる情報の範囲が広いところもチャットボットとの相違点として挙げられます。

ChatGPTの活用事例

ChatGPTを活用ChatGPTの主な活用事例は、以下の通りです。

【ChatGPTの活用事例】

  • 市場の調査
  • カスタマーサポート
  • メール文作成
  • プレゼン資料の雛形作成
  • 企画書作成
  • マニュアル作成
  • コードや文章の添削

このように、ChatGPTは多種多様な使い方ができるため、幅広い業界から注目されています。

CharGPTを活用するメリット

ChatGPTを活用するメリットは、以下の通りです。

【ChatGPTを活用するメリット】

  • 作業効率の向上ができる
  • さまざまな視点で情報を得ることができる

ChatGPTを上手に使えば、長時間かけて行ってきた作業が効率化するだけでなく、多角的な視点から情報を得られるようになります。メリットを最大限に活かすために、どのような効果が期待できるのか、具体的な内容を確認していきましょう。

作業効率の向上ができる

ChatGPTによるサポートは、煩雑な作業の効率化に繋げられます。例えば、文章生成機能を活用すれば、メール文作成やマニュアル作成、企画書作成にかかる時間の削減が可能です。

また、要約機能を使った場合は、幅広いデータからスムーズに情報を集められるのも嬉しいポイントです。専門分野以外の情報も集めやすくなり、情報収集にかける時間が短縮された分だけ多くのタスクに取り組めるようになります。

このように、今まで長い時間をかける必要があった作業をChatCPTで効率化することで、生産性の改善やコスト削減にも役立てられるでしょう。

さまざまな視点で情報を得ることができる

膨大な量のデータを取り込んでいるChatGPTは、多種多様な分野の情報を有しています。そのため、ChatGPTに一度質問をすれば、さまざまな観点からたくさんの情報を提示してくれるのも大きな利点です。

自分でリサーチするだけでは情報に偏りが出る場合がありますが、多角的なデータを収集できるChatGPTなら、今まで触れる機会のなかった情報にアクセスできる可能性があります。足りない情報を補完してもらうことで知見が広がり、より独創的なアイデアが生まれたり、課題解決に繋がったりといったメリットを得られるでしょう。

また、ChatGPTには翻訳機能も搭載されているため、海外の情報も気軽に集められます。日本に限らず、世界中の情報を活かしたい時に重宝するはずです。

ChatGPTの活用に危険性はある?

とても便利なChatGPTですが、世界中にユーザーが増えるにつれ、各メディアのニュースなどで危険性も指摘されるようになりました。考えられるリスクは、以下の通りです。

【ChatGPTを活用する危険性】

  • フィッシング詐欺への悪用リスク
  • 悪意のあるプログラミングコードの生成リスク
  • 不適切や発言や情報拡散のリスク
  • 情報漏洩のリスク

どのようなリスクがあるのか把握し、対策を考えておかないと、ChatGPTの導入で安全性が脅かされる可能性があります。リスクが現実になってからでは遅いため、メリットだけでなく危険性も確認しておくことが大切です。具体的な内容は後述していますので、参考にしてみてください。

フィッシング詐欺への悪用リスク

フィッシング詐欺とは、送信者を偽ったメールを送ったり、偽のメールから不正ホームページにアクセスさせたりして個人情報を盗み出す犯罪のことです。

海外の犯罪者が偽メールを作成する場合、日本語が不自然になるため、詐欺だと気づかれるケースも少なくありません。しかし、ChatGPTの翻訳機能や文章作成機能を利用すれば、自然な日本語メールの作成が可能になり、受信者が騙されるリスクも高まります。

もちろん、ChatGPTにはフィッシング詐欺に関する回答を拒否するシステムが組み込まれていますが、目的を隠し、具体的な指示を入力すれば詐欺メールの作成も可能になるでしょう。フィッシング詐欺に関する知識を備え、疑わしいメールを安易に信用しないように対策を整える必要があります。

悪意のあるプログラミングコードの生成リスク

ChatGPTは、プログラミング言語にも対応しているため、ユーザーによっては悪意あるプログラミングコードが生成される恐れがあるのも注意したいポイントです。サイバーセキュリティ製品を取り扱うチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社などが追跡調査を実施しており、ChatGPTがサイバー犯罪のトレンドになりつつあると警鐘を鳴らしました。

例えば、情報搾取のプログラミングコードコードやランサムウェアへの転用の恐れがある暗号化ツールの作成など、サイバー犯罪への悪用が懸念されています。知識がない初心者でも自動的に悪意のあるコードを作成できてしまいますので、サイバー犯罪のスピードも上がり、対処が不十分だとさまざまな場面で弊害が起きる可能性があるでしょう。

不適切や発言や情報拡散のリスク

膨大なデータやラーニングによって、ChatGPTの受け答えの精度は向上しつつありますが、必ずしも完璧な情報を得られるとは限りません。ChatGPTは、情報が事実であるか否かよりも、単語が出現する頻度や関連性によって文章を作成するため、フェイクニュースや真偽不明な情報が含まれている場合があります。

また、人間と同様の判断力や倫理的な考え方は兼ね備えていないのも気をつけるべき点です。基本的に倫理に背く質問には答えないよう設定されていますが、情報元によっては不適切発言をする可能性はゼロではありません。人種差別発言や不適切情報の拡散を多くの人が目にすることで、社会的な風評被害を起こす危険性が考えられます。

情報漏洩のリスク

ChatGPTの利用規約には、ログインユーザーが入力した情報を学習データとして活用することについて記載されています。そのため、利用規約に同意してChatGPTを使い始めた後は、入力した情報が学習データに取り込まれ、ほかのユーザーに表示される恐れがあるでしょう。

入力した情報を利用されたくない場合は、ChatGPTの設定で「オプトアウト」を選択することもできますが、本当に入力した情報が消えているかは不明です。機密情報や個人情報を入力すると、漏洩するリスクがあるため、情報管理をきちんと行う必要があります。

ChatGPTは今後どうなる?

前述の通り、ChatGPTは便利である一方で、さまざまなリスクもあるため注意が必要です。世界では使用を制限している国もあり、今後の動向が注目されています。そこで、最後にChatGPTの将来について解説します。

さらなる精度の向上・改善

上記で挙げた危険性を回避するために、ChatGPTのさらなる精度向上に加え、セキュリティや倫理的な問題への対応が求められています。例えば、データキュレーションや学習プロセス、モデル評価が改善されることで、不適切発言の排除が進み、公平性が保たれるようになるでしょう。

また、今後の展開によってはライブリサーチやリアルタイム情報へのアクセスが可能になり、より正確な情報を取り込めるようになる可能性もあります。さらに、高度なセキュリティシステムの組み込みを促進すれば、フィッシング詐欺をはじめとした不正行為の予防も可能です。このように、より使いやすく安全性を保てるシステムとしての成長が期待されています。

クローズドな環境でのChatGPTになる可能性もある

現在、ChatGPTは誰もが使用できるサービスであるため、入力した情報の漏洩が問題視されています。そのため、今後はクローズドな環境でのみ使用できるChatGPTが登場することも考えられるでしょう。

個人情報の取り扱いを重要視する企業では、情報漏洩のリスクからChatGPTの本格活用を見送るケースも少なくありません。閉ざされた範囲のみで使える企業専用ChatGPTがリリースされれば、企業での活用も本格化する可能性があります。

まとめ

ChatGPTには、多様な情報へ迅速にアクセスでき、作業の効率化に繋げられるといった利点があります。しかし、なかにはフィッシング詐欺や不正なコード作成に悪用される恐れがあるほか、不適切発言や不正確な情報の拡散、機密情報の漏洩リスクもあるため、扱い方には注意が必要です。

今後さらに精度が上がり、クローズドな環境での使用が可能になった場合は、企業での導入も進むかもしれません。危険性をきちんと確認し、ChatGPTへの理解を深めていきましょう。

ChatGPTのサービス一覧を見る

生成AIについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
生成AI(ジェネレーティブAI)とは?種類・使い方・できることをわかりやすく解説

AIについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。
AI・人工知能とは?定義・歴史・種類・仕組みから事例まで徹底解説

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
ChatGPT
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓・名

お名前を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら