DXを推進するAIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索サイト
03-6452-4750 10:00〜18:00 年末年始除く
よく検索されているキーワード

生成AI活用のための新団体「一般社団法人Generative AI Japan」設立

最終更新日:2024/01/19

ベネッセとウルシステムズが、生成AIの活用促進と社会提言を目的とした「一般社団法人Generative AI Japan」を設立しました。産学連携で日本の産業競争力向上を目指します。

このAIニュースのポイント

  • ベネッセとウルシステムズが共同で「一般社団法人Generative AI Japan」設立
  • 生成AIの社会実装における公正性と安全性の確保を重視し、政策提言を行う
  • 産学連携を通じて生成AIの利用促進、実装支援、ルール作りを推進

株式会社ベネッセコーポレーションとウルシステムズ株式会社は、共同で「一般社団法人Generative AI Japan」(略称「GenAI」)を2024年1月に設立しました。この新しい団体は、生成AIの活用に関する教育、キャリア開発、協業、共創、ルール作り、提言などを行い、日本の産業競争力の向上を目指します。協会は、慶應義塾大学医学部の宮田裕章教授を代表理事に迎え、先端企業や有識者17名が理事として参加しています。

2023年、生成AI元年と称される中、日本でも多くの企業が生成AIの活用を推進してきました。しかし、生成AIの社会実装には公正性や安全性の構築が必要であり、国の規制やガイドライン整備が進められているものの、実態にそぐわない規制導入やAIサービス利用時のリスクが問題となっています。今回発足された団体は、これらの課題を解決するために、民間企業や利用者の視点からの議論の場を提供し、政策提言やルールメイキングにつなげる仕組みを構築していきます。

団体の活動には、研究会やイベントを通じた事例収集と知見化、産学連携による先端技術の共有と連携、ビジネスユースケースの共有と実装支援、Labを起点にした共創・協業、教育・学びの推進、生成AI活用のルール作り・提言などが含まれます。これらの活動を通じて、安全で公正、生産性を高める生成AIの社会実装を目標としています。

出典:株式会社ベネッセホールディングス

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています
@AIsmiley.inc
・Xもフォローください
@AIsmiley_inc

AIサービス
生成AI
DX推進
DXトレンドマガジン メールマガジン登録

業務の課題解決に繋がる最新DX・AI関連情報をお届けいたします。
メールマガジンの配信をご希望の方は、下記フォームよりご登録ください。登録無料です。

お名前 - 姓

姓を入力してください

お名前 - 名

名を入力してください

メールアドレス

メールアドレスを入力してください

AI・人工知能記事カテゴリ一覧

今注目のカテゴリー

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

ChatGPT連携サービス

チャットボット

画像認識・画像解析

需要予測

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら