AIポータルメディア「AIsmiley」| AI製品・サービスの比較・検索・資料請求サイト
TEL
MAIL
03-6452-4750

雑誌「自動会話AI最前線」を無料配布 ~チャットボットに「できる」10のこと~

最終更新日:2021/03/16

雑誌「自動会話AI最前線」を無料配布 ~チャットボットに「できる」10のこと~

AIポータルメディア「AIsmiley」は、実用化の進むAIチャットボットに「できる」10のこと、をまとめた雑誌「自動会話AI最前線」を公開します。最前線で活躍するAI企業が、テーマに沿ったAIチャットボットを「事例」や「今後の展望」を交えながらご紹介します。

■AIチャットボットとは?

チャットボットとは「チャット(会話)」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、ユーザーの問いかけに合わせて返事をしてくれるプログラムのことを指します。なかでも、あらかじめ登録された膨大なデータの中から、AIが繰り返し学習をし、回答の精度を高めていくタイプのチャットボットのことを「AIチャットボット」と呼びます。自ら学習した内容をもとに質問の回答を探し出すため、高度な内容でも自然な会話が可能になるのが特徴です。

反対に「シナリオ」と呼ばれるあらかじめ設定されたスクリプトに沿って会話を進めるタイプを「ルールベース型チャットボット」と呼びます。「人工知能」ではなく「人工無能」と揶揄されますが、AIチャットボットに比べ、比較的導入しやすいというメリットがあります。

チャットボットを導入するメリットとしてまず挙げられる「人的コストを削減できる」という点に加え、近年ではチャットボットを稼働させるプラットフォームの多彩化や、音声でやりとりを行える「AIスピーカー」の普及など、その活躍の幅は広がってきているといえるでしょう。チャットボットを比較する際には、導入の目的、何を改善したいのか、どのように開発するか、などを検討することが重要になります。これらのポイントをチェックすることで、より課題に適したチャットボットの導入か実現できるでしょう。

 

■下がる導入ハードルと進む実用化

ルールベース型チャットボットはAIチャットボットに比べ、導入しやすいメリットがあるとご紹介いたしましたが、最近はAIチャットボットでも導入しやすいサービスが増えてきました。

・無料トライアルができるもの

・専門知識不要で扱えるもの

・使い慣れたソフトウェアと連携できるもの

精度向上も相まって実用化が進んでいるため、ネット通販や企業ウェブサイトにアクセスした際に、画面の端に自動的にチャット画面が開くのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はチャットボットに「できる」10のことをテーマに、サービスを提供する各社に話を聞きました。貴社へのチャットボット導入の一助となれば幸いです。

雑誌「自動会話AI最前線」を無料配布 ~チャットボットに「できる」10のこと~
雑誌「自動会話AI最前線」

 

■雑誌「自動会話AI最前線」の入手方法

1、下記「チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る」ボタンより、一覧ページに飛んでいただき、「チャットボットを全て無料で資料請求」もしくは興味のあるサービスを選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「自動会話AI最前線」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「雑誌「自動会話AI最前線」(PDF)」をメールにて送付させていただきます。

 

チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る

 

※本資料はチャットボットの導入を検討している企業に対して配布しております。同業他社へは提供しておりませんので、あしからずご了承ください。

AI活用のご相談したい企業様はこちら

03-6452-4750

AI製品・ソリューションの掲載を
希望される企業様はこちら